田中龍作ジャーナルさんのサイトより
http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015476
検察もサラリーマンですから!
<転載開始>
            
「瑞穂の國」の下のスペースには「安倍晋三」と書かれることになっていた、との説もある。=豊中市 撮影:筆者=

「瑞穂の國」の下のスペースには「安倍晋三」と書かれることになっていた、との説もある。=豊中市 撮影:筆者=

 国民の多くは半ばあきらめながらも、検察の動きに注目する。
 
 瑞穂の國小學院の認可をめぐって便宜を計ってもらうよう鴻池祥肇参院議員に依頼し、商品券を渡そうとした籠池理事長夫妻が、贈賄の疑いで大阪地検に告発されたのである。

 霞が関の動向に詳しい孫崎享・外務省元国際情報局長は「検察は動かないと聞いている」と明かす。(太字部分が孫崎氏の発言)

 孫崎氏は「安倍首相が絡まずにこんなことが起こるはずがない」と指摘した。

 氏が特に注目するのが2015年9月3日、首相官邸で、安倍首相と迫田英典・理財局長(当時)が会っている件だ。森友学園側が近畿財務局で値引き交渉を持った前日のことである。氏は「これがすべてだ」と言い切る。

 自らもキャリア官僚だった孫崎氏は迫田英典氏について「理財局長になる扱われ方をしていない。理財局長になれたのは安倍首相と同郷だからだ」。

 迫田氏は理財局長になるべきコースを歩んでいないという意味だ。山口県出身の迫田氏は首相の祖父の岸信介、大叔父の佐藤栄作、父の安倍晋太郎氏と同じ山口県立山口高校卒である。

 「今、森友事件で(安倍首相を)追いつめなかったら、(今後)安倍首相の好き放題にされてしまう」と危機感を露わにした。

 ~終わり~
 ◇
皆様。安倍首相本人の関与が色濃い疑獄事件を追及するために、地方出張が続いています。出費がかさんでおります。ご支援よろしくお願いいたします…http://tanakaryusaku.jp/donation
 ◇
郵便局まで行くのが難しい方々。海外在住の皆様。『田中龍作ジャーナル』はクレジットカードによるご支援も可能になりました…https://note.mu/tanakaryusaku を御利用下さい。 
         ↓
タイトル【●●写真集】をクリック → 下にスクロール → [クリエーターをサポート]をクリック

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作




<転載終了>