生きるためさんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/1826c0d1597f57ae8d6d3c680457695a
<転載開始>

日本会議は統一教会とズブズブの関係らしい

政教ノート 様より
http://poligion.wpblog.jp/archives/1944

日本会議と統一教会は蜜月 偽装団体を介し交流する実態など

昨今の「日本会議ブーム」で右翼団体の日本会議を生長の家出身者が取り仕切っていることが広く知られることとなった。ところが、その一方でおかしなことも起きている。日本会議と統一教会は無関係だと言い張る人が増えたのだ。

端的にいえば、日本会議は生長系なので統一とは別物というのがその主な根拠。別物なのは事実だとしても、中には接点すらないと言い切る人もいる。ちょっと前まで日本会議の実態は統一教会だと彼方此方で言われていたのに、随分極端に振れるものだと思う。

日本会議と統一教会はズブズブだとか書いた人がソースを要求される場面に出くわしても、大抵迫られた側が何も出せず関係ナシとされることが多い。というわけで、ここでは日本会議と統一教会/統一協会(現:世界平和統一家庭連合)がズブズブの関係であることを立証してみたい。

さて、そのためにはまず「世界戦略総合研究所」というシンクタンクについて説明しておく必要がある。

世界戦略総合研究所(以下、戦略研)は、自主憲法制定や集団的自衛権の容認、徴兵制導入から核兵器保有まで提言する右翼的なシンクタンクで、統一教会の古参信者が代表を務める教団の偽装団体だ。しかし、その代表が著書のプロフィールに「文鮮明先生御夫妻による祝福を受ける」などと正直に書いていたことから正体はバレてしまっている。

公式サイトは既に閉鎖されたものの活動は現在も続けており、先々月も参議院議員会館で定例会を開き小川榮太郎が講演。かつては安倍晋三や下村博文や平沼赳夫などの国会議員から、ペマ・ギャルポや黄文雄といった統一教会関連ではお馴染みの顔ぶれが定例会で登壇している。

個人ブログなんか信じない権威主義的な人でも、この研究所については週刊誌の統一教会関連記事で何度か取り上げられているので、教団との関係は納得できるはず。詳しく知りたい方はコチラ

統一教会はカルトだと認知されているので「統一教会」としては政治活動しにくい。なので、この手の団体をつくってやると都合がいい。もし正体がバレても最悪、教団とは無関係だと強弁できるし、議員も知らなかったと弁明すればダメージを減らせるからだ。

では、この戦略研と日本会議関係者のズブズブの関係を見ていこう。

田久保忠衛

2011年7月に戦略研が開催した第64回定例会で講師を務めたのは、杏林大学名誉教授で国際政治学者の田久保忠衛。田久保は日本会議の現会長だ。下は以前存在した戦略研HPのスクリーンショット。ただ、これだけでは2011年当時、田久保はまだ会長ではなかったと突っ込まれるかもしれない。

高橋史朗

こちらは第84回定例会を告知する戦略研Facebookの引用。日本会議で運動方針を決める政策委員を務める高橋史朗は、魚住昭のいう「一群の人々」のひとり。過去には生長の家学生会全国総連合(生学連)や日本会議の事務局として機能する日本青年協議会(日青協または青協)でも活動。「生長の家の教えを理論化するのが教育学だ」などと説いているのだとか。

4月度の定例会は明星大学教授 高橋史朗先生をお招きし、専門のGHQの占領政策の思想的背景に何があったかを最新の資料を基に講演頂きます。

お忙しいとは存じますが万障お繰り合わせの上ご出席頂きます様お願い申し上げます。

講 師:高橋史朗 先生
明星大学教授、一般財団法人親学推進協会 会長

テーマ:「対日占領計画の思想的源流を探る」
-日本文明に対する無知が紛争を招く-

日 時:平成27年4月25日(土)
開場18:00  開演18:30

会 場:日本橋公会堂 第3・4洋室
(中央区日本橋蛎殻町1-31-1)

世界戦略総合研究所 第84回定例会

伊藤哲夫

政治アナリストで日本政策研究センター代表の伊藤哲夫も日本会議で政策委員/常任理事を務める。伊藤も生長の家出身で日本会議の中核メンバーとされ、安倍晋三のブレーン「五人組」の一人でもある。写真は戦略研の第68回定例会の様子。

衛藤晟一

自民党の衛藤晟一も戦略研で講演している。 衛藤は日本会議国会議員懇談会の幹事長で、日本青年協議会では副代表を務めた同じく日本会議の中核メンバー。衛藤が生長の家神の国寮の竣工記念式典や「谷口雅春先生を学ぶ会」の集会に出席した様子はウェブ上でも確認でき、第4回伊勢一泊見真会では「今回の参院選挙に於て非常に不利な状況下で当選出来たのは全く皆様のお蔭です」と挨拶している。

世界戦略総合研究所_第78回定例会_衛藤晟一

次に、戦略研以外と日本会議関係者の繋がりについて。

小堀桂一郎

統一教会が発行する日刊紙の世界日報でよく目にするのが日本会議副会長の小堀桂一郎だ。左(上)は2015年に世界日報社から出た『戦後70年 日本再興への道筋-世界日報40年の視点』という、世界日報紙で特集していた座談会形式の記事を一冊にまとめた本で、編著者の木下義昭は世界日報の主筆。右(下)は小堀の著書『再検証 東京裁判 日本を駄目にした出発点』から。(クリックで拡大)

上のやつは、どちらかというと下村や石破のほうが気になるだろうか。因みに下村と石破は大臣室に木下義昭を招いている。水を差すようで恐縮だが、これに比べれば安倍の写真が『世界思想』の表紙に使われたくらい小さなことだとわかる。下の写真で向かって左は世界日報論説主幹の黒木正博、右が小堀桂一郎。

小田村四郎

「未来構想戦略フォーラム」というNPO法人がある。代表は「世界平和教授アカデミー」の事務局長だったこともある大脇(尾脇)準一郎という統一教会信者で、大脇は戦略研の所長・阿部正寿と行動を共にすることも多い。このNPOについては教団との関係を新聞でも指摘されているので、個人ブログなど信じない権威主義者でも安心だろう。

そして、この未来構想戦略フォーラムでは日本会議副会長の小田村四郎が講師をしており、同フォーラムの公式サイトにはご丁寧にも「小田村言語録」なるページまで用意されている。

下のキャプチャはビデオニュース・ドットコムに鈴木邦男がゲスト出演し、『日本会議の正体』著者の青木理が司会を務めた放送回のもの。日本会議を解説する際に用いられたフリップには田久保忠衛、伊藤哲夫、高橋史朗の名がある。また、「(日本会議研究)憲法編:上 改憲へ、安倍政権と蜜月」と題した朝日新聞デジタルの記事には、日本会議関係者として小堀桂一郎と小田村四郎が挙げられている。このことからも上記した面々が日本会議を語る上で重要なのだとわかる。

加瀬俊一と加瀬英明

日本会議の前身のひとつ「日本を守る国民会議」で議長を務めた加瀬俊一は、久保木修己と対談するなど統一教会とは親密だった。同じく息子の加瀬英明も、国際勝共連合が主導して立ち上げた「スパイ防止法制定促進国民会議」の発起人で、教団系列の光言社から出版した著書があるなど統一教会とは親しく、日本会議では東京都本部の会長を任されている。

八木秀次、堀江正夫

世界日報の読者が集う「世日クラブ」の常連中の常連で、戦略研でも講師を務めた経験があり、もはや統一教会関係者と言ってもいいほど教団とは入魂の八木秀次も、日本会議では講師として活躍する。尚、八木も安倍のブレーン「五人組」のひとり。他にも元参議院議員の堀江正夫が、統一教会の関連組織「アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム」の会長と日本会議代表委員を兼任している例がある。

まだある。以前別の記事でも使ったのだけど、統一教会の関連組織であることが公然の秘密になっている「平和大使協議会」が主催して2014年に開かれた講演会に、日本会議の会長が参加しているのだ。当時の会長は田久保ではなく三好達。他にも生長の家と統一教会の接点はあるが冗長になるので、ここでは割愛。

さあ、これでも日本会議と統一教会は関係ない、接点すらないと言い切れるだろうか。むしろ接点がないどころか活発に交流しているように見える。日本会議と統一教会は対立しているなんて噂も誤りと見做して問題ないだろう。

※この記事には続きがあります。

続き↓
日本会議の前身「日本を守る国民会議」にいた統一教会関係者


引用おわり

(自分のコメント)
本当にズブズブだった


<転載終了>