大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

[Sputnik ほか]イラン ドローン無力化システム展開へ / アメリカのシリア攻撃の多層的分析 〜米露が軍事対決をすると宇宙空間における制空権の争いに〜

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=126265
<転載開始>

[Sputnik ほか]イラン ドローン無力化システム展開へ / アメリカのシリア攻撃の多層的分析 〜米露が軍事対決をすると宇宙空間における制空権の争いに〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 確かオバマ政権の時にイランが無人偵察機を捕獲し、オバマが返すように言ったところ、イランは無人偵察機のプラモデルをオバマに返却することにした、ついてはオバマは何色が好きか、というような話があったと記憶しています。この事件でわかったのは、イランは電波的に兵器を乗っ取る技術を持っているということです。今回イランは、その技術をさらに洗練させたようで、ライフルに似た形状の電波妨害装置を作り出したようです。これは、“操縦者を襲うよう再プログラミングができる”ということです。
 イランがこうした技術を持っているとすれば、ロシアなら、敵が発射したミサイルを電波的に乗っ取って再プログラミングし、ミサイルの発射地点に送り返すことが可能だと思われます。
 実は、ドクター中松が東京都知事選の公約で、敵のミサイルを発射地点に戻す防衛システムを提案していました。氏の公約を聞いて、すでにこのような技術があるのだと思いました。
 息子が帰省していた時に、この手の話をして、電波による再プログラミングが人工衛星によって行われるのではないかと聞いたところ、息子は、それは十分に可能だという返事でした。彼は、軍事関係はかなり詳しいので、おそらくアメリカとロシアが戦うと宇宙空間における制空権の争いになるのではないかという話になりました。
 あくまで素人の想像の話なのですが、根拠がないというわけではなく、下の記事では、間違いなくロシアがそうした技術を持っている事を示しています。米露が軍事対決をすると、通常兵器ではアメリカはロシアに勝ち目がないという事でした。したがって、アメリカがロシアに勝とうとすると、先制核攻撃で一気に片をつけることになりますが、もしもロシアがこのような電波妨害システムを持っているとすると、アメリカには全く勝ち目がないということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イラン ドローン無力化システム展開へ
転載元)

© 写真: Official website of the President of the Islamic Republic of Iran


最新鋭システムは操作者とドローン間の信号を妨害するだけでなく、ドローンの操作を乗っ取ることすらできる。

スプートニク日本

イランは対ドローン新型兵器展開を始めた。これは普通のライフルに似た形状の電波妨害装置だ。イランが主張するには、発信機からの信号を妨害してドローンを操作不能にするだけでなく、操作者を襲うよう再プログラミングすることすら可能。米ワシントン・ポストが報じた

イランは、兵器がすべての実験をクリアし、効果性を証明したと主張。同兵器はモスルで大量に使用されている米国のドローンに対して効果的に用いることができる。

————————————————————————
アメリカのシリア攻撃の多層的分析
転載元)
(前略) 

The Saker
April 11, 2017, Information Clearing House

最新の、アメリカのクルーズ・ミサイル によるシリア空軍基地攻撃は、いろんな 意味で極めて重要な意味をもつので、(中略)…最初に何が現実に起こったのかを調べてみよう。

口実:

私は、アサドや、シリア政府の他の誰かが、化学兵器攻撃を他の誰にでも行うことを本当に 命令したと、真面目に信じている者はいないと思う。

(中略) 

第一に、アサドはダーイシュ(IS) に対する戦争にかなり勝利し、相手は全面敗走している。次に、アメリカは、アサドを倒す ことが優先課題では、もはやなくなったと宣言(ここまではすべて事実で間違いない)。そ の次に、アサドが、自分の持っていない兵器を使う決定をする。彼は、どんな軍事的価値も ないが、沢山の子供とカメラの多い場所を攻撃する決心をする。次に、ロシア政府が十分な 調査を要求すると、アメリカ政府は、その考えがまだどんな支持も得ないうちに、大急ぎで 攻撃をする。そして現在、米政府は、このいわゆる攻撃にロシアがかかわった可能性を調査 している。正直言って、もしあなたがこれを少しでも信ずると言うなら、直ちに読むのをや めてテレビに戻った方がよい。

(中略) 

明らかなことは、シリア軍が航空機から化学兵器を落としたのでないこと、そして、どんな 毒ガスも al-Shayrat 空軍基地に貯蔵されたためしはないことである。

(中略) 

これはニセ旗攻撃の可能性が最も大きい。

(中略) 

攻撃:

アメリカとロシアのニュースは、共に次の事実については一致している:――2隻の米海軍 艦船が、シリアのアルシャイラト空軍基地に向け、59 発のトマホーク・クルーズ・ミサイ ルを発射した。アメリカは、政治的レベルでロシアに相談をしなかったが、軍事チャンネル を通じて、アメリカはロシアに 2 時間前の事前通告を与えた。この時点から、説明は食い違 い始める。

アメリカ側は、すべてのミサイルが標的に命中したと言っている。ロシア側は、23 発のク ルーズ・ミサイルだけが空軍基地に当たったと言っている。その他は説明されていない。こ こは、私の考えでは、アメリカがウソをつき、ロシアが真実を言っていることは、反論の余 地がない。主要滑走路は無事残っており(ロシアの記者たちは、これを証明するフィルムを 提供した)、1 本の移動滑走路が破壊されただけである。のみならず、シリア空軍は 24 時間 以内にその活動を再開した。

(中略) 

同様に反論の余地のないのは、この基地にはいかなる毒ガス弾もないことである。それはシ リア兵もロシアの記者も、ガス防護服を着けていないことからわかる。

(続きはここから)

ロシアはアメリと の間に覚書を交わし、アメリカが、有人・無人を問わず、シリア上空を飛ぶことに、ロシア が干渉しないことを約束させた(逆もしかり)ことがあった。

(中略) 

ミサイルの半数以上が、単に自然に誤って機能した のだろうと考えるべき根拠は全くない。私はしたがって、36 の行方不明のクルーズ・ミサ イルに何が起こったのかについて、可能な説明は 2 つしかないと考える:――

(中略) 

説明 A: トランプは、決してシリアを本当に激しく攻撃する意図はなかった。そしてこの 攻撃全体が単に「見せ物」であり、米海軍は、地中海上で、これらのミサイルを故意に破壊 した。

(中略) 

説明 B: ロシア軍は、アメリカのミサイルを撃ち落とすことは法的にできなかった。(中略)…しかしロシアはこの攻撃を警告されていたから、彼ら は、電子戦争ステーションが“焦げつく”のに備える十分な時間があり、そうならずに、ク ルーズ・ミサイルの少なくとも一部を不能にすることができた。私はこれが正しい説明だと 信じている。

(中略) 

ロシアに、本当にこれができるのだろうか?

 

この絵をよく見ていただきたい。これはあるロシアのウェブサイトからのもので、重要なロ シアの電子戦争システムのいくつかを生産している会社、Kret の作ったもののようである。 お気づきだろうか? 左側のAWACs機の真下に、Tomahawkタイプのミサイルが向きを 変え、最後に海上で爆発しているのが、はっきり見える。

http://liveras.mirtesen.ru/blog/43184737459/Buduschee-voyn:-kompleksyi-radioelektronnoy-borbyi-REB-Krasuha-4

(中略) 

重要なのは、ロシアが、自分たちはクルーズ・ミサイルの向きを 変えさせることができるという情報を、基本的にリークしたことである。エネルギー・ビー ムを照射して、基本的に“焦げつか”せたか、あるいは少なくとも、地形フォローや慣性航 法装置を混乱させた可能性もある。中には、それはミサイル全体をシャットダウンする“キ ル・スウィッチ”なのだと言う人たちもいる。(中略)…重要なことは、ロシアが、アメリカのクルーズ・ミサイル を翻弄し、向きを変えさせ、または破壊する手段をもっているということである。

(以下略) 


<転載終了>

コメント一覧

    • 1. まあちゃん
    • 2017年04月15日 20:47
    • アランドロンを無力化

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
記事検索
タグ絞り込み検索
RevolverMaps
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場