ゴーストライポンさんのサイトより
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12266021038.html
<転載開始>
NEW !
テーマ:


Human Trafficker Admits To Killing Over 400 Children In Video Confession
https://worldtruth.tv/human-trafficker-admits-to-killing-over-400-children-in-video-confession/

人身売買業者は記録しており、撮影されたインタビューの中で、何千人もの子供を児童虐待(child sex slavery)として売却し、「販売することができなかった」数百人の子供を殺害したと認めた。

英国の調査ジャーナリストであるロス・ケンプ(Ross Kemp)は、子供の人身売買業者を追跡調査した。彼は、殺された若い女の子のカウントを失ったことを認めているが、しかし、その数は「400と500の間」です。

SCROLL DOWN FOR VIDEO

ケンプ氏は、怖いもの知らずのドキュメンタリー制作で、最もよく知られている受賞歴のあるジャーナリストである。見たところ彼は、何百人もの子供を殺したことを認めた男とのインタビューの中で、感情に苦しんでいるようだ。

その事について後に聞くと、ケンプ氏は、子供の連続殺人者が、彼に言ったことについて 「ショックを受けた」「恐ろしい」、涙と戦わなければならなかったと振り返った;

「400〜500人の子供を殺すことを認めている男にインタビューした。どれくらいの数か正確にわからない – そのことが、私を泣かせました」

インタビューでは、ロス・ケンプは人身売買業者からちょっと離れて座っている。 カーン氏(Mr. Kahn)は、「人身売買された3〜4千人の若い女の子、多分もっと多かった」と明らかにする。



ケンプはその後、男がセックスのために9歳の少女を売ったことが、本当かどうかを尋ねる。その男が答える「私は、12歳の女の子を売った」

彼は次に尋ねる。何らかの理由で、子供を返したことがあるか?男は、答える 「いいえ」

彼が、販売することができなかった子供を殺したことが、本当かどうか尋ねる。カーンは、答えます。 「もし彼らが逃げようとするならば、もし売ることに何か問題があるならば、彼らは、殺され埋葬される」



ハードな男、ジャーナリストのロス・ケンプは、人身売買業者の子供殺害告白に涙した。

今年の初めに、トランプ大統領は、連邦法執行官に人身売買の捜査権限を与える執行命令に署名した。

人身売買で子どもたちが、エリートの小児性愛者に売られているのは、米国では伝染のレベルに達しており、ワシントンD.C.に住む人々は、警察によって子供を「屋内」から出さないように言われています。

ドナルド・トランプは、米国における児童売買と小児性愛を撲滅するために「連邦政府の全力(full force of federal government)」を使用することを誓った。


https://www.youtube.com/watch?v=2x91H3eFKVI

via:
www.neonnettle.com


この件に関して、トランプは良い仕事してましたね↓
(ガス抜きなんて話も聞きますが・・・)
最近は、どうも挙動が怪しいトランプであった。


イヴァンカ・トランプ:父は、D.C.のペドネットワークを破壊しています
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12252738307.html



日本でも、本質的には同じ吸血業種ありますね。
派遣業。
派遣業を裏から後援したのは、大企業&政府で、それを裏からユダ金が操作。
バブル崩壊のシナリオから、まんまと刈り取られたと言ったところか。



http://my.shadowcity.jp/2017/04/post-10970.html


映像のキャプチャ↓












8500英ポンド =115.6 万円

ハードな男の左腕には、オフィチーネ・パネライ‎。

バングラデシュ
バングラデシュ人民共和国、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。

IMFによると、2013年のバングラデシュのGDPは1,413億ドルであり、一人当たりのGDPは904ドルであり世界水準の1割にも届いていない[1]。国際連合による基準に基づき、後発開発途上国と位置づけられている[20]。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は国民の75%を超える約1億1800万人と推定されている[21]。



400人殺したら、400人救うのが罪滅ぼし。
プラマイゼロ(笑)

このケースは、異常だけど、本当に性質の悪いのは、一個人より政治犯でしょうね↓



共産主義体制により殺害された犠牲者数
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10274395398.html
いままでよい人ばかり紹介してきましたが、今日は、世界最悪の方に
登場していただこうと思う。

この機会を通して、

1、独裁者はどのような過程で誕生するか?
  (民衆は騙され、洗脳されるか?)

2、独裁者は我々国民にどのような害を及ぼすか?

3、独裁者、殺戮王、破壊王の誕生を防ぐためのは何をすればよいか?

、、、、等に思いをはせ、考えて欲しい。


世界最悪の人物と言えば、多くの人はヒットラーと
答えるでしょう。
Ghost Riponの屋形(やかた)


そのヒットラー以上に、残虐で悪の限りを尽くした人物が
2人います。毛沢東とスターリンです。
Ghost Riponの屋形(やかた)Ghost Riponの屋形(やかた)


恐らく近代・現代の世界3大悪人は、毛沢東、スターリン、ヒットラーの3人とみて、間違いないだろう。
その中でも、最悪の人物である毛沢東を検証してみたい。


最近、ヨーロッパでは、共産主義の見直しが盛んで、
近年ベストセラーになった「共産主義黒書」の中に次のような記述があった

『平成9年(1997)にフランスで刊行された「共産主義黒書」は、
共産主義の犯罪を厳しく検証しています。
編者ステファン・クルトワによると、共産主義による犠牲者は、
8,000万人から1億人にのぼるとされます

この数字は、ヒトラー・ナチズムによる犠牲者数とされる2,500万人を軽く上回ります


クルトワは同書において、共産主義体制により殺害された犠牲者数の国・地域別の一覧を提示しています。

それによると、

 ソ連       2,000万人
 中国      6,500万人
 ベトナム      100万人
 北朝鮮       200万人
 カンボジア     200万人
 東欧         100万人
 ラテンアメリカ    15万人
 アフリカ       170万人
 アフガニスタン  150万人
 コミンテルンと権力を握っていない共産党 約1万人
----------------------------------
 総計         約1億人

となっています。

ソ連と中国における犠牲者が圧倒的に多いわけですが、ソ連に関してはかなり
控えめの数字です。


毛沢東率いる中国共産党の殺戮(メジャーな殺戮事件簿のみ)を見てみましょう。

1、「大躍進」と称する無謀な産業政策の失敗によりうみだされた飢餓
  (餓死者総数、3,000~4,500万人)

2、「文化大革命」という名の大量虐殺・内部粛清
  (死者総数、一説に2,000万人)

3、チベットへの侵略戦争による少数民族迫害・殺戮
  (死者総数、推定120万人)



中国で毛沢東主席が実権を掌握していた1950年から76年の間に、こうした一連の
殺戮による死者数は8,000万人にも及ぶことが明らかになった。
これはワシントン・ポスト紙が報じた数字で、毛主席にその責任があると論評している。
一説によると、犠牲者は1億人超えるとも言われている


この記事を通じて、日本の危うさもお解り頂けたと思う。



<転載終了>