弁財天さんのサイトより
 http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/okada-kazuo-universal-777
<転載開始>
【ラザラス】岡田和生(ユニバE、旧アルゼ)研究。ちんたろうとカメと石原3男。サブ基盤不正というサイバーテロ。誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買、マネロンを共謀罪で口封じしたい土人政府w。update5

バングラディシュの米ニューヨーク連邦準備銀行口座がハックされSWIFT送金。南米でも同様の手口で複数の銀行から強奪。 #HackingTeam
の続き。
マニラで愛知県稲沢市のパチンコ部品会社社長がヒットマンに殺害される。同じ日に夕食を頼んで電気コード自殺した日本人には情報統制。2人の日本人を同じ日に殺すフィリピンのメッセージ。
から岡田和生を切り出し。

ラザラスのフィリピンのカジノ担当は岡田和生(ユニバE)だわ。
ユニバEとサミーがフィリピンのマニラのカジノ利権で抗争ちう?

 なんと、マニラのASEAN2017に ユニバEの岡田和生 が登場。


岡田和生とともにTiger Resort COO Usuiのいる。もろこれですな。
岡田氏率いるタイガー・リゾート、マニラのカジノに最大の投資←Bloombergの記事
岡田氏率いるタイガー・リゾート、マニラのカジノに最大の投資
Ian Sayson
2016年7月20日 09:39 JST
カジノ建設費は最終的に40億ドルに達する可能性
投資額はユニバーサルエンターテインメント時価総額の2倍強に相当

ユニバーサルエンターテインメントの岡田和生会長は11月にフィリピンの首都マニラにオープンするカジノリゾートに中国人を呼び込み、マカオに挑む姿勢だ。同リゾートの建設費は40億ドル(約4200億円)に達する可能性がある。 
  同社傘下タイガー・リゾート・レジャー・アンド・エンターテインメントの臼井孝裕最高執行責任者(COO)によると、岡田氏は噴水や屋内ビーチなどを呼び物とするマニラの自社カジノをマカオやアジアの他の地域のカジノに対抗させたい考え。臼井氏は今回のプロジェクトについて、マニラをアジアや世界で行ってみたい場所にさせるものだと述べた。同氏は19日にマニラでインタビューに応じた。 
  マニラの同リゾートは第1段階で30億ドルの経費がかかり、さらに3段階の建設でコストは最終的に40億ドルに達する可能性があり、岡田氏にとって最大の投資になると臼井氏は語った。40億ドルという投資額は、ユニバーサルエンターテインメントの時価総額約1900億円の2倍余りに相当する。 
原題:Tycoon Okada’s Tiger Resort Wages Biggest Bet in Manila Casino(抜粋)
「ユニバE傘下のタイガー・リゾート・レジャー・アンド・エンターテインメントの臼井孝裕最高執行責任者(COO)」

【今は敵対する関係にある。】w

マニラに日本人が手掛けた初のカジノホテル「オカダ・マニラ」オープン、世界遺産都市「ビガン」も注目 2017年2月17日 2:05 pm Traicy編集部

フィリピン政府観光省は、「女子旅」をキーワードに、日本各地でPR活動を展開している。バナナやマンゴスチンなどの新鮮なフルーツのほか、スパ、雑貨、マリンスポーツなど、女子旅に人気のアクティビティが多数楽しめるのも魅力的だ。その中でも2017年にホットな目的地である、ユネスコ世界遺産都市であるビガン(Vigan)と、ミス・ユニバース世界大会が開催された日本人経営のホテル「オカダ・マニラ・ホテル」をご紹介したい。 


フィリピンの中でも、スペイン植民地時代の町の面影を強く残していることで有名なユネスコ世界遺産都市のビガン。イロコス・スル州の州都で、マニラの北400キロに位置している。 
他の東南アジア諸国では見られない中国やヨーロッパのデザイン要素を建築に反映しており、石畳の通りにはダークウッドの邸宅、お土産屋やミュージアム・ホテル等が連なっている。世界中からの観光客が「カレッサ」という馬車に乗り街中を散策しているのが日常的に見られる。第二次世界大戦時に戦火を逃れたことから、古く貴重な建築物も多い。 

第65回ミス・ユニバース世界大会がフィリピンで開催されるよう1,200万米ドルを支払った、LCSホールディングスの会長で、下院議員やイロコス・スル州知事も務めたルイス・クリソロゴ・シンソン(Luis Crisologo Singson、別名:チャヴィット/Chavit)氏は、ビガンのスペイン植民地時代の街並みの保存に対して最も力を注いだと言われている。 
チャヴィットの名にちなんで名付けられた通り「Crisologo Calle」は素朴な大邸宅に囲まれ、その地区の中心地となっている。市内には豪華なミュージアム・ホテルである、「ホテルルナ」と「ビガンプラザホテル」などがある。 



フィリピンは現在、マニラでカジノ・ライフを満喫したい若い女性や文化遺産体験を楽しんでいる成熟した観光客の格好の遊び場となっている。 


日本人実業家の岡田和生氏が手掛けた「オカダ・マニラ・ホテル」は2016年12月21日にオープンした。933室は全客室がスイートルームで、全客室から世界三大夕日に挙げられるマニラ湾を望むことができる。1月に開催された第65回ミス・ユニバース世界大会公式ホテルでもあった。 

カジノにはマシーンを3,000台以上、テーブルも約500台備える。日本人としてフィリピンにカジノをオープンしたのは初めてだという。 
フィリピンへは、全日空(ANA)、日本航空(JAL)、フィリピン航空の両国の大手航空会社のほか、セブパシフィック航空やバニラエア、ジェットスター・ジャパンの格安航空会社(LCC)3社が相次いで就航や機材の大型化を行い、供給席数が増加している。マニラやセブと日本各地が結ばれており、直行便でアクセスすることができる。 
フィリピン政府観光省によると、2016年の日本からフィリピンへの渡航者数は53.9万人だった。2017年には56万人を目標としている。
「オカダ・マニラ・ホテル」w

20位 岡田和生(ユニバーサルエンターテインメント・1,560億円)
18位 笠原健治(ミクシィ・1,680億円)w

ASKAのブログ(2016.01.09公開分/キャッシュ) から飯島愛も精神薬テロだったことが判明する
笠原健治w。ここまで情報つか手駒がそろってしまうとラザラスの体制図を書けるんじゃね?

フィリピン、カジノに大きく賭ける
By KATE O'KEEFFE
2013 年 3 月 18 日 21:30 JST

 【マニラ】フィリピンでは週末にアジア3つ目のカジノ地域となるべく取り組みが開始された。12億ドルのカジノのオープニングは、アジアと米国とがグローバル賭博市場の主権をめぐって競争する中での最新の展開となった。 
 中国では、マカオの380億ドルのカジノ業界はすでにラスベガスの6倍の収入をあげるようになった。東南アジアではシンガポールの賭博収入が同島初のリゾートがオープンした2010年から1年以内に米国のラスベガスに匹敵する水準にまで増加した。現在、マニラもベガスに狙いを絞っている。 
マニラにオープンした「ソレイユ」カジノ 
 「ソレイユ」カジノは、国際的港湾富豪エンリケ(リッキー)・ラゾン・ジュニア(53)にとってギャンブル業界へのデビューを意味するもので、マニラ湾へとつながるやしの並木近くに設けられる大型リゾート4軒の先陣を切って営業を開始した。来年にはマカオのカジノ大手、新濠博亜娯楽(メルコクラウン・エンターテインメント)(Nasdaq:MPEL)(6883.HK)とフィリピン一の富豪である不動産開発者、ヘンリー・サイ氏が道沿いにリゾートをオープンする。またマレーシアのカジノ大手、ゲンティン(3182.KU)と地元富豪アンドルー・タン氏とが合弁を手がけるほか、4軒目のリゾートは岡田和夫氏が計画している。 
 米カジノ企業は、マカオ、シンガポールともに有力な存在として競争に加わっているが、マニラにはビッグブランドはいない。メルコクラウンのローレンス・ホー共同会長兼最高経営責任者(CEO)は、マニラの全アジア陣容は業界の「パラダイムシフト」を象徴するもので、好調な地域経済や地域カジノ業者の強い成長によって可能になったと述べた。 
 一方、米カジノ幹部らは、マニラを回避したのは汚職の可能性や成長予測の達成をめぐる懸念のためだと非公式に述べている。 
 ソレイユのオープニングにはフィリピンのアキノ大統領も参列したほか、当初12時間の営業でカジノの1200台のスロットマシン、300近いギャンブルテーブルに2万5000人以上が集まった。カジノは国内の他の施設よりも豪華さを前面に押し出しており、こうした取り組みには誇張の部分もあるようだ。ルームサービスで注文したスティッキーバン (Sticky Bun)には金の葉が乗せられていた。 
 フィリピンでは賭博は長らく合法だが、そのカジノの大半は政府当局が運営しており、海外のギャンブラーを引きつけるような派手さに欠けていた。
 新カジノはマカオを圧倒する中国人ハイローラー(高額を投じる客)と、国内の堅調な経済成長を享受する地元住民の両方を引きつけることを目指している。 
 しかし、こうしたカジノはマニラの貧困、自然災害、誘拐、テロリズムの歴史を嫌気して中国人ギャンブラーを招き入れることに苦戦する可能性もある、と警戒する業界幹部らもいる。10年には、マニラの元警官がバスをハイジャックし、香港からの観光客8人を殺害した。フィリピンはまた、南シナ海の領有権をめぐる中国との政治的紛争では長らくこう着状態にある。 
 こうした懸念をもってしても、シティグループのゲーミングアナリスト、マイケル・ビアー氏は、フィリピンの年間賭博収入は15年末には2倍増の30億ドル強となる可能性があるほか、マニラの4プロジェクトがすべて本格操業すれば年60億ドル規模のラスベガス、シンガポール市場を凌駕する潜在性を有すると語った。 
 「国内総生産(GDP)の6%超の成長や驚異的な国内消費ストーリーを手がかりに大量の海外直接投資が予想される」とビアー氏は述べた。 
 ソレイユ・カジノのデザインは、ターゲットとする2つの客層を念頭に置くものだ。1階はフィリピン市民へのアピールを意識しており、中国人よりもむしろ米国人向けに近いテイストになっている、とマイケル・フレンチ最高執行責任者(COO)は語った。「魅力的な女性がカクテルを用意することや、きらびやかなもの、大音量の音楽を好む」。とフレンチ氏はソレイユの地元顧客について述べた。 
 2階は中国や韓国などアジア市場のVIP客に対応するよう建設された。中国人ギャンブラーの多くは娯楽を控えてカクテルの代わりにお茶を飲むなど、ゲームに集中する傾向がある。営業開始にあたりハイローラーで満席のプライベートジェット機3機が到着した、とソレイユの事業開発VIPサービス副社長、ロレイン・クー氏は語った。 
 ハイローラーのためにカジノ旅行を企画する仲介役のジャンケット業者の反応は良好だった、とクー氏は語った。ソレイユのジャンケット室5部屋の稼働に物語るものがある、とクー氏は続けた。ジャンケット運営業者はマカオの賭博収入の70%を占める。 
 同リゾートのイタリア料理店で深夜に行われたインタビューで、ラゾン氏はリゾートに満足しており、南米や日本、マカオの潜在的なカジノ機会の追求に関心があると述べた。それでも「昼の仕事」は続けると述べた同氏は、部屋の反対側にいたナイジェリア港湾業務のパートナーに合図した。
へー。2013年の時点で岡田和生氏はフィリピンのカジノに進出してた。 「部屋の反対側にいたナイジェリア港湾業務のパートナーに合図した。」w

警視庁HP 4時間余にわたって閲覧障害 サイバー攻撃か 4月28日 17時54分 
28日午後、警視庁のホームページのサーバーに大量のデータが送りつけられ、ホームページが閲覧できなくなる障害が4時間余りにわたって起きました。警視庁はサイバー攻撃を受けたとみて調べています。 
警視庁によりますと、28日午後1時すぎ、警視庁のホームページのサーバーに大量のデータが送りつけられ、ホームページが閲覧できなくなる障害が起きました。 
午後5時45分に復旧し、これまでにホームページの改ざんや情報流出などの被害は確認されていないということです。 
警視庁は、複数のパソコンからサーバーの容量を超える大量のデータを送りつけて閲覧できなくする「DDos」と呼ばれるサイバー攻撃を受けたとみて詳しい経緯を調べています。 
警視庁によりますと、ホームページが閲覧できなくなるほどのサイバー攻撃を受けたのは、初めてだということです。
w



At Solaire, Manila's flashiest casino, the minimum bet in the VIP rooms is $5,000, or as much as a Filipino teacher earns in a year. 

The rest of the $81 million went to Solaire casino and another junket operator, according to the AMLC complaint. In the Philippines, casinos are outside the purview of the anti-money laundering laws.
このおっさんハメられたな。要するに商売敵だったのだ。 バングラディシュサイバー銀行強盗が振り込んだおっさんの口座も岡田和生も「ソレイユ(Solaire)」の話だ。

パチンコは警察の天下り先だ。それ以外の何者でもないw。

警察の天下り先に留まらず、電通と関東連合につながっていくw。

電通と関東連合かぁ。
ジェル状のVXで金正男を殺害したインドネシア女シティ・アイシャには日本のテレビ番組に出演した過去があったw。

サブ基板不正をいまではサイバーテロと呼ぶのさw。

サブ基盤不正がサン電子のiPhoneシリーズのクラック技術にまで発展w。

ちんたろうと石原3男とカメw。ここでもディアスポラ軍団とつながっている。

ユニバEの前身はアルゼで警察と検察の天下り先。元警視総監とその息子が電通で関東連合。亀とちんたろうと石原3男。すげーわ。久しぶりの大漁だわ。

バングラディシュの米ニューヨーク連邦準備銀行口座がハックされSWIFT送金。南米でも同様の手口で複数の銀行から強奪。 #HackingTeam

バングラディシュサイバー銀行強盗をバングラディシュ政府が公式発表した翌日にN県警からD社にフィリピンのベイヤド社を使った自動車税のシステムが発注される。 なぜ岐阜県のD社なのかが不明だったのだけど、ユニバE(フィリピンのカジノ)とちんたろう(真光)を考えればふつうのルートだ。 当時のN県警のN県庁の知事である泉田裕彦は、裏金事件のときに岐阜県庁の幹部職員だったw。

今井尚哉(いまいたかや)研究。泉田裕彦と北村滋と阿波拓洋とイスラム国™計画とブリュッセルのEU議会選挙とデリゾール。まるで今までの総集編みたいな新日鉄。

警察と検察の犯罪を揉み消す為に共謀罪を発案するのは今回がはじめてではない

なぜいま共謀罪なのか?それはラザラス一味が暴かれようとしてるからw。

フィリピンのカジノ進出時のユニバEの贈賄発覚時にも「法的措置」で対抗w。これが共謀罪が2017年にも再来してる理由w。

ゲラゲラ
ひょっとして共謀罪というのはアルゼの頃の言論弾圧の再来なんだ。 動機は警察のカジノ利権(マネロン利権)w。筋金入りのアホだわ。

カジノ維新の会

おぉぉ。ここから森友につながっていくのかぁ。すばらしいね。

カメとちんたろうと徳洲会とボコハラムの臓器略奪と臓器売買

うはは。
カメ、徳洲会、カバン芸の猪瀬、ちんたろうの先にあったのはナイジェリアのボコハラムだ。
誘拐、殺人、臓器略奪。ビットコインとダークネットで、臓器売買、カジノと自動車税、バイナリ・オプション取引でマネロン。
極道だけあって、とことんやってますなー。

いまでこそボコハラムはナイジェリアの女子供の誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買をやっているが、その前はフィリピンで商売していたとナイジェリアのフィリップ・C・ジェマンジ博士が言っている。
「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」

警察のカジノ利権は自動車税を絡ませたマネロン利権だ。
臓器市場は「世界経済の3分の1にもなる30兆ドルの売上を約束されている。」
マニラはそんな臓器売買闇市場の日本の出島なのだ。

<転載終了>