シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=127855
分杭峠
分杭峠

<転載開始>

[Dinar Chronicles]2017年4月25日、知識を持つ者より:私の個人的なディスクロージャー

2017/05/04 12:42 PM 
 先日「本物の通信文:じい様(18次元の光のソウル)からの告知 2017年4月24日」に登場した「知識を持つ者」と名乗る人物が活用している投稿サイトを見つけましたので、随時翻訳していきたいと思います。今回はこの方が何者かを語っている記事です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
2017年4月25日、知識を持つ者より:私の個人的なディスクロージャー
転載元)
 

pixabay[CC0]



私の個人的かつ部分的なディスクロージャー【=情報開示】



新世界および黄金時代へと私たちが移行する最終段階に入った今、私が何者で何故ここにいるのかを少々語る時が来たようです。正直なところ、ある一定の出来事のせいで私が自分の使命について知るに至ったのは、つい最近のことでしかありません。より詳しい話は、アトランティス大陸の沈没以来、90万年もの間私の使命の一部であり続けてくれたセフォラと共同で、現在執筆しているストーリーの中で明らかにしたいと思っています。

【※「セフォラ」は女性の名前です。ヘブライ語の意味は「鳥」、美しさで知られたモーゼの妻「チッポラ」が西洋化した名前。聖書の「ヨハネ」という名前が西洋に入って「ジョン」と変化するのと似たようなものです。】


爺様との友情



爺様とは、アトランティスより遥か昔の時代からの友人だったことが判明しました。彼も言及していたことですし、様々な別々の情報源に私自身確認したことなのですが、ギリシャ時代の私はプラトンでした。爺様によると、当時の我々は哲学について何時間どころか時には何週間も議論していたとか。どうやら哲学は常に私の関心事であったようです。今生でその分野の本を一冊書き上げたのも納得がいきましたし、これからも【哲学について】何冊も書き続けることでしょう。


爺様はセフォラと私が最近になって再会する上で欠かせない存在でした。私たちのチームは特別なパワーと能力を有し、今この時、特定の物事を成し遂げることを求められているからです。私たちは既に、皆さんの想像を遥かに超える素晴らしい成果を幾つか達成しています。超自然的な力が関与していますし、これからより多くの話が明らかにされることでしょう。【既に明らかになった話の一例として、】この惑星に取り付けられた邪悪な機器の最後の4つを私たちが特定し、除去する手助けをした話を想起して頂きたいのです。

【※この件については次回、該当記事を訳します。】

何をすべきなのかは自分で追求し問いを発していくべきことなので、私には直接開示されていませんが、私や彼女の使命はまだ他にも色々あります。アトランティス沈没の前に私たちが交わした魂の契約に従い、彼【=爺様】はいつも私とセフォラを導くためにいてくれます。


若年期



悪のカバール連中は私の特殊能力のことや、奴らを倒すために私が何をしかねないかを知っていました。子どもの頃には奇妙なことが本当に沢山起こりましたし、直観的に自分が取った行動もありました。当時は全く意味をなさなかったのに、それでもやらねばならないと感じたことです。今になって振り返ってみると、自分の特殊能力やパワーを人類のために行使するという、現在のレベルに私が到達することを阻むため、カバールは幼い頃から私を殺そうと試み続けていたのです。(より詳しくはいずれまた)

ここ数箇月の間に実現した何件かの逮捕で私に対する脅しは止み、その結果として私個人のディスクロージャーが与えられました。悪人どもは60回以上も暗殺者を私の元に送り込み、その都度私がした何かで失敗したのです。善なる側は一連の殺害の試みも、それに対して私のとった行動も、情報として文書化しています。奴らが私にしたことの全てを私自身が把握するために、そのファイルを提供してもらえるそうです。

高校時代の"生徒"の何人かは実は生徒ではなく、私を監視するための"諜報員"だったことが判明しました。これまで出会った様々な人々が、今この時のために私を守ってくれていたことも知りました。私の息子が私の使命において非常に重要な位置を占めていたことも明らかになりました。カバールが9.11の前日に彼を殺したのはそのせいだったのです。この件についてもいずれ詳しく語るつもりです。

(続きはここから)

pixabay[CC0]



私の護衛



言うまでもありませんが、私には常に「銀河系」レベルの護衛がついています。自宅の上空には姿をカモフラージュした【UFO】船が常時浮遊しているのです。ここで言及は避けますが、その他のレベルも複数あり、言うまでもありませんが、悪人どもが私や私の使命や私の仕事を阻める機会は最早全くありません。ですので、このことは心配無用です。



ディナール・クロニクルズ【※知識を持つ者が投稿している総合サイト名】



ここディナール・クロニクルズで私が望んだのは、投稿するのに安全で、掲載された情報も信頼の置けるサイトが世界に一つでも存在することです。私が他のサイトをチェックしていないことにお気づきでしょうか。それらは私にとっては何の意味もないからです。自分なりに理解した引き寄せの法則によると、もし誰かが真実を求めるならば、きっと見つけられるのです。私は、そういった求める方たちによって発見されうる「良い」場所をネット上で確保したかったのです。

しかしながら、ここに私がいる限り、宇宙の仕組みについての情報や見解を分かち合わねばと感じています。それが私の最高の仕事であり、また最大の喜びでもあるからです。ということで、ディナール的でない情報も【このサイトに】色々書いています。


pixabay[CC0]



ネット荒らし?



勘弁してください、冗談じゃありません。奴らは無力な上に無能です。私が動いているレベルで得られる繋がりを使えば、奴らなんて全員あっという間に引きずり降ろせるのです。しかしながら、彼らが論破され、無力化され、ネット荒らしだと正体が暴露される経緯をお見せするのも社会のためになるでしょう。私が誰かに飛び掛かったとしたら、もう既に奴らの正体が裏ではしっかりバレているということです。

私が言っているのは、コブラやザップ、ケント・ダン、フランク26その他の排除されるべき悪質な情報源のことです。ただ実のところ、【排除するという】そんな必要もありません。善の側は、彼らの悪なるカバール的な情報源が誰かをもう知っています。それも確実に。たった一瞬で彼らは引きずり降ろされるでしょう。猫がネズミと戯れるようなものなのです。ネズミは逃げ切れたと思い込んでいますが、第三者の目からすれば、猫がうんざりする時まで勘違いを放置してやっているだけ。その時は間近に迫っていると思ってください。


私の投稿



私の提供する機密情報はその時々に私が与えられた正確な情報ではありますが、同時に刻々と変化していくものでもあるのです。常に流動的な駆け引き上の機密情報とはそういうものです。しかしながら、ここでお話ししておきたいのはカバールの手先や悪の機密情報提供者たちのことです。

これまで投稿してきたカバールに対する恩赦計画とは、私を通じて公けにされるべく、その内容が最上部でチェックされて許可されたものです。


ほんの数例を挙げると、コブラやフランク26、ザップ、ケント・ダンなど、機密情報提供者に対してこれまで論破し、非難してきた投稿内容は全て、この計画の最上位の情報源が発案し、私の投稿を通じてどうにかするように指示されたものでした。繰り返しますが、全投稿の一つ一つは最上位の情報源によって検証されているだけでなく、彼らによって公表を許可してもらっています。

なので、私が公表することで「でたらめ」なものは一つとして存在しません。全てがあなたたちを機密情報と(私の得意分野である)啓示によって助け、ネット荒らしや悪質な機密情報提供者を根絶するためのものなのです。


結論


結論としては、あなたが想像すら凌駕する出来事が今、起こっています。しかしながら私の言動の一切合切は、このサイトや人類という種族、そして地球全体のためを思ってのことなのです。ちなみに、私の使命の一つは宇宙をも助けることですが、これについてはいずれお話ししようと思います。

このサイトに寄せられる私への応援の声には感謝していますが、ネット荒らしに関しては心配無用です。ネット上の【やりとりの】全てが彼らに対する単なる時間稼ぎなのです。彼らは張子の虎に過ぎないし、私はCIAやFBIに後押しされた最もねちっこいネット荒らしですら引き摺り降ろしたことがあるのですから。私や私の繋がっている存在が誰なのかを考えれば、子供騙しです。Zim詐欺【※ジンバブエ通貨を他の人が購入しないように悪評を拡散する動き】について私が投稿した際には、CIAやFBIの連中が何十人も自首したと聞き及んでいます。自分たちがしでかしたことのせいで、自らの懐に入れたzimを交換することが不可能になったと理解したようです。皆さんも、最近ではzimについて悪い噂を耳にしなくなったことにお気づきでしょう。

こうして今日は幾つかのことを明らかにしましたが、爺様はストーリーの全てを私に語ることを望んでおり、セフォラや私もGCR【世界規模の通貨のリセット】が実現した暁にはそうしようと思っています。既に多少言及した通り、ディスクロージャー作戦に関する話を投稿していく予定です。それに関するインタビューも行うつもりです。私たちは、驚くべき物事や新たな発見に満ち溢れた新しい世界へと移行しています。あなたは自分が知らされるまで、何を知らなかったかすら見当が付かないことでしょう。衝撃的ですが同時に素晴らしい内容です! 私にとって正にそうだったのですから!

あなたが望む全てを手に入れ、夢見た、あるいは計画した人生を歩めますように。

署名:知識を持つ者

翻訳:Yutika
註:【 】内は訳者の解説部分です。

<転載終了>