https://www.facebook.com/yoshishige.kagoike.7?hc_ref=SEARCH&fref=nf
<転載開始>

地検が親父を立件すると信じがたい暴挙に出てきたので本筋を書きたいと思います。

安倍政権はCIA の傀儡政権です。具体的に言いますとCIA を実質的に影響下においている国際金融資本の傀儡政権です。

政権発足時に財務大臣がユダヤ商人の格好をして会議に望みましたね。あそこで密約を銀行家達と交わしているのです。

日銀総裁もはじめから決めていたでしょ。アベノミクスは国民の為ではなく、彼ら国際銀行家達の為の政策であり、国内的には株屋や大企業、投資家等の為の政策でありました。

はなから庶民を見据えた政策などではありません。東京證券市場の株価を動かしているのはその殆んどが外国人投資家なのです。殆んどがです。

つまり日本の株価そのものが既に日本人のものではないのです。日本人は長らく実体経済に重きを置いてきましたね。それで良いのです。

株価が良いから経済は好調であるとのロジックは完全な洗脳なのです。多くの庶民はリアルな人間関係の中において商いを行い生活の実感を得ていました。それで良いのです。

この感覚で生活の実感を感じる事が最もリアルな経済学なのです。賃上げもそうです。労使が膝を付き合わせて交渉を行い、その交渉を経過を役員会や職場集会で各々が報告協議し、また労使で付き合わせて妥結するのです。

この熱き交渉経過の中で互いが互いを知り、相互認識を深めていくのです。そこゆわざわざ政治が介入する必要はないのです。

しかるに現在の政府はわざわざに経団連に対して要請をする。これは現場を無視した暴挙なのです。本来はこの政府の動きに対して現場は反発するのがあるべき姿なのです。

今、多くの国民は正しい目を持つことが出来ずにいます。社会と個人が長い年月をかけて分断された観すらあります。社会と個人が分断されて誰が喜ぶか。

それは為政者であります。為政者はこの分断が最も喜ばしい事態として歓迎します。何故ならばひとつひとつのピースを時間をかけて懐柔すればよいと考えるからです。

基本的に良識を持つことと大人しくなる事とは違う筈です。良識を持つとは事物を大局的に掴み本質を見抜く人の事を指します。このような人々は自己に揺るぎない自分を持っているので安易に付和雷同する事はありませんね。

大人しくなる人は往々にして目先の利害損得に左右されます。そして必要以上に周りの目を気にします。しかしその周りの目を見るとは往々にして一般的な情報のみから判断してしまうのです。

メディアコントロールという言葉があります。今現在、本当にオーガニックな情報を世間に流せる機関は殆んど皆無なのではないのでしょうか?多くは他の機会に譲りますが、これも煎じ詰めれば国民のひとりひとりの目が真実を見通す目になればかなり事態は変わってくるでしょう。

前後しますがともかくも、現政権は非常にクリーンな政権運営を目指して誕生した。
そう思い、多少の事には目を瞑るという政権支持者がかなりまだおられる。

しかしながら私は体験者のひとりとして思うのは、この政権は正直では決してない、潔くもない、また、理想を託せる政権では決してないということです。

ご議論はあろうかと思いますが、私の父は真面目一筋で仕事をしてきた人間です。私はどちらかといえば適当な所もある人間であります。

父のような立派な社会人を刑事事件に時の政府の都合でするなど決してあってはならない事なのです。今の総理は社会人として失格者であるとさえ私は思います。

父のような教育者は或いは社会人はそう世の中にはいません。私はその事を自信を持って言えるのです。

まだ間に合います。安倍総理はご自身の名誉にかけても父を守る責任かあります。あなたがそれをしないというのであれば、あなたは所詮は岸信介元総理の孫です。

ただそれだけです。人や組織を介して自身の人間としての欠落を補おうとするなと私は言いたいのです。

あなた自身の政治的責任、道義的責任を国家組織を使用して無かった事にするなと言いたいのです。恥ずかしい事をあなたはしているのです。本当ですよ。

あなたの政治的責任なのです。
父はあなたより余程立派な人間です。現場からの叩き上げなのです。叩き上げの人間の心情などあなたには解る筈がない。

そしてこの国の多くの国民は叩き上げなのであります。あなたを心から支持する人間など本当には存在しないのであります。

あなたが検察を使い父を立件した事は未来永劫のあなた自身の政治的罪として永久に残る事をここに予言します。

みなさまの真の繁栄と幸福を願います。ありがとうございます。
                籠池佳茂




<転載終了>