ザウルスでござるさんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/aa6dd96533069d08aadc8f03f0c7f6ed
<転載開始>
2017-06-12 08:56:00 | 電磁波

「スマートメーターへの取り替え」 拒否 は簡単!

 

昨日(2017.06.11.)、わたしの家に、以下のチラシが入った。

なんと、翌日にスマートメーターに交換すると言っているではないか!

すぐに、工事会社に電話をして、取り替え工事を拒否した。簡単であった。

 

スマートメーター とは何か?

 

 

スマートメーターは今までのメーターと大きな相違点がある。それは電気使用量を検針員の目視によってではなく、無線電波によってデータ送信される という点である。この電波の電磁波の強さははスマホの比ではない。しかも24時間四六時中送信しているのだ。

つまり、スマートメーターに交換すると、非常に大きな電磁波源 を一生抱え込むことになるのだ。あなたとあなたの家族が、その電磁波源にさらされながら今後ずっと暮らしていくことを選択することを意味する。

 

従来のメーターはアナログ式で無線ではないが、何の不便もない。わざわざ交換するメリットは、電力使用者の側にはほとんどない。デメリットのほうが圧倒的に大きいのだ。メリットは電力会社の方にたくさんあるのだ。

 

電力利用者にとってのデメリットの中でも最大のものは、 電磁波による健康被害の危険性 である。

電磁波は目に見えないので、気がつかない人が多いが、さまざまなかたちで長年にわたってわたしたちの身体をむしばみ続ける。海外ではスマートメーター取替に反対する運動が広がっている。日本でも広がっているが、スマートメーターの危険性について何も知らない人がまだまだ多い。

 

 

「スマートメーターへの取替工事です」 と言われると、スマホ(スマートフォン)をふだん日常的に使っているひとたちは、電気のメーターも “スマート化” して便利になるんだ、と無邪気に思っているひとがほとんどなのである。

 

 

電力会社は、スマートメーターの危険性、デメリットについて一般大衆がまだ気づかないうちにさっさと交換してしまおうという狙いで、現在、全国的に取替工事を急速に進めている。

 

 

 「工事会社に電話をして、取り替え工事を拒否した。簡単であった。」 と最初に書いた。そうである。拍子抜けするくらい簡単であった。以下がその電話のやりとりである。

 

====================

「あの、 “スマートメーターへの取替工事のお知らせ” というチラシがはいっていた、△△市 ◇◇町 の ### ですが、うちはスマートメーターへの取替を拒否します」

     「は?」

「家族に電磁波過敏症の者がいますので、取替はせず、今までのメーターでお願いします。」

     「はい」

「今電話に出られているあなたのお名前をお聞かせ下さいませんか?」

     「はい、 %%% です。」

「はい、それでは、取替工事はしないようにお願いしますね」

     「はい、わかりました」

====================

 

実にものわかりのいい担当者であった。実は、いろいろと “押し問答” になることを予想していたのだ。そうならなかったのは、どうやらわたしのような スマートメーター反対派に対する対応があらかじめ決められていて、“無理強いしない” という原則になっていると思われる。

 

<注 意>

チラシが入ったら、すぐに電話して上記のように拒否するのがいちばんである。放っておけば、不在でも取り替えられてしまう。

いったんスマートメーターに取り替えられてしまったら、元のアナログメーターに戻すのは困難である。一生 強力な電磁波源 を抱え込むことになる。24時間休むことなく強力な電磁波を放射し続けるのだ。当然家の壁も楽に透過する。

あなたとあなたの家族の健康水準がガクンと下がることになる。さまざまな健康障害が家族にじわじわと出てくることになろう。

従来のアナログメーターのままで損をすることは何もない。むしろスマートメーターになると、電気使用量が増えて電気代が上がったという報告もある。

即座に先手を打って阻止しないと、後悔することになる。

 

 

 

スマートメーターの危険性については以下のサイトを参考にされたい。

 

電磁波問題市民研究会

 

警告】スマートメーターで健康被害は大丈夫なのか!#電磁波

 

【危険を隠蔽】スマートメーター全家庭に。電力10社 2024年度末に大幅前倒し!国民の無知につけこむ。

 

 

<転載終了>