シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=130849
<転載開始>

都民ファーストは自民党の別働隊ではない…小池劇場の背後に小沢氏、キッシンジャー氏

竹下雅敏氏からの情報です。
 小池百合子氏は、今でも自民党を離党していません。田中龍作氏は、“都民ファーストとは「自民党小池派」である”とツイートしています。小池都知事を支えている人たちの人脈から、都民ファーストは自民党の別働隊であると考える人が多いようです。
 実際問題として、小池氏は公明党だけではなく維新の会からも支援を受けており、おそらく、菅官房長官から維新を通して、官房機密費が小池氏のところに流れ込んでいるのではないかと想像します。
 これは岩上安身氏がツイートしているように、自民党の改憲案を支持する勢力として、都民ファーストを裏で自民党が支援しているということなのです。これは憲法改正を最終目的と考える自民党の戦略だったと思います。
 ところが、今起きていることは、これとは違います。通常なら、“続きはこちらから”以降のマチベンさんの非常に興味深い記事の様に考えるのが、自然だと思います。しかし、ネオコンの言いなりである安倍政権が見限られている以上、安倍政権に攻撃を仕掛けている側が誰で、何の目的で攻撃をしているのかが問題です。マチベンさんは、これを日本にさらなるグローバリズムを推進させるための政変だと見ています。しかし、私にはそうは見えません。
 日本からマイケル・グリーンやアーミテージを追放したのは、キッシンジャー氏だと思います。日本における安倍政権の最大の抵抗勢力は、天皇陛下ではないかと思えます。キッシンジャー氏はゴールドマン・ファミリーズ・グループのブレインとして天皇陛下を支えていると考えるのが、板垣英憲氏の情報からは自然なように見えます。そう考えると、今起こっていることがよく判ります。
 おそらく、キッシンジャー氏は小沢一郎氏に助言をし、小沢一郎氏は小池百合子氏に助言をしていると思われます。政治関係者には、小沢一郎氏がゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)における重要人物である事はすでに知れ渡っていると思われます。なので、田中龍作ジャーナルの記事に出てくる長島昭久議員や渡辺喜美議員は、小沢一郎支持に回ったと考えられます。
 私は基本的に山本太郎議員を支持しています。山本太郎氏は小沢一郎氏を支持すると思われ、この意味で、今起こっている政変は、良い方向に向かっていると考えています。当然、小池劇場の背後にいる小泉純一郎氏も、こうしたグループの仲間だと考えると、今の動きがよくわかると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【都議選】都民ファ+ 民進離脱勢力 = ニュー自民党
引用元)
 

「民進」の文字は「東京改革」で隠しているが、The Democratic Party(民進党の英語表記)は、そのままだった。掲示責任者(右下)は、民進党を離党した「長島昭久」とある。=29日、昭島市 撮影:筆者=



 JR昭島駅前の政党掲示板は日本政治の近未来を予測させる。民進党の掲示板に、小池ゆり子都知事のポスター。掲示責任者は民進党を離党した長島昭久衆院議員だ。

 昭島市選挙区から立った都民ファースト公認候補は、長島議員の元秘書である。選挙事務所には連合傘下の労働組合の為書きがズラリと並ぶ。都民ファーストと提携関係にある公明党の幹部からの為書きも、しっかりと目立つ位置にあった。

 長島議員は日本維新を除名処分となった渡辺喜美参院議員と共に都民ファーストに入るものと見られている。

 7月2日投開票の都議会議員選挙では、都民ファーストの大勝と民進党の壊滅的敗北が予想されている。選挙後、少なからぬ数の民進党国会議員は都民ファーストに移籍するだろう。民進党都議会議員がそうであったように。

 そして都民ファーストは国政に躍り出る。「ニュー自民党」の誕生だ。

(中略) 

 都民ファーストの選挙を見ていると、2001年の光景がまざまざと蘇る。小池百合子氏は小泉首相の秘蔵っ子だった。

 小泉劇場でどうB層を惹きつけるかを習得した「マダム回転寿司」が、都議選で大勝する。次に大衆が目にするのは「小池劇場第二幕」だ。

————————————————————————
配信元)
 




(続きはここから)

————————————————————————
安倍・稲田へのレクイエム  都議選雑感3
テレビを眺め、週刊誌を見ている限りでは、某国は本当に安倍政権を見限ったように見える。
安倍とその取り巻きという、揃いも揃っておつむの弱い連中のことだから、それもわからず、無駄な抵抗をしばらく続けるかもしれないが、あがけばがくほど、連中の行く末は惨めなものになる。
このことは財閥と癒着した隣国の大統領が、某国ないしは某国のグローバル企業の意に反した結果、どれほど哀れな末路をたどったかを見れば明らかというものである。


極右グローバリストは、極右超グローバリストに席を譲る。

(中略) 

都民ファーストは、国政政党ともなれば、完全に米国ファーストである(まさか、国民ファーストではあるまい。それではまるで「国民第一」で小沢一郎と変わらなくなってしまう)。

(中略) 

先の国会で、積み残した(提出されなかった)のは、解雇自由化法と残業代ゼロ法、そして親学肝いりの家庭教育支援法。
とうてい、安倍晋三では耐えられそうにない。自民党小池派に引き継がれる。
耐用期限が過ぎた総理はすげ替えられるのである。
変にあがけば、末路は悲惨である。


それとともに都民ファーストに踊らされる国民は、さらに悲惨な行く末が待っている。

(中略) 

自民党東京都連会長の下村博文に対する加計学園の闇献金に関する週刊文春の記事は、詳細・具体的で、圧巻だった。下村博文はとうてい抗し切れまい。
出元が文春であればこそ、安倍退陣は、確定路線に思えてならないのである。


些か先走った予想ではある。予想は3割も当たれば高打率ということで間違っていたとしても許されたい。
ちなみに、マチベンは2013年12月時点で、特定秘密保護法を作ったのは米国だと示唆した。今年になって、スノーデンの証言によって裏付けが得られた。
2015年12月、『慰安婦』に関する日韓合意は、このままでは、とうてい保たないと書いたが、これも当たりそうである。
そういうことで、たかがマチベン、されどマチベンなのである。



<転載終了>