ひかたま(光の魂たち)さんのサイトより
http://shindenforest.blog.jp/archives/71776795.html
<転載開始>
植物で作られたお肉・・。

植物の原料で製造されながら、
牛肉そっくりの味で肉汁も出るという
米国インポッシブル・フーズ社の人工肉バーガー「インポッシブル・バーガー」。


humbnytimes.com


米食品医薬品局(FDA)に
安全性を認定するに足る十分な情報がないと指摘されました。

安全性が懸念されるのは、
牛肉の味や肉汁を再現するために使われている大豆レグヘモグロビンです。

hemimpossiblefoods.com


レグヘモグロビンは
根粒菌に感染したマメ科の植物の根で生成されるヘムタンパク質です。

これを
インポッシブル・フーズ社は、
遺伝子操作した酵母を用いて大豆レグヘモグロビンを製造しています。

一部の大豆タンパクがアレルギー反応を引き起こすことが知られていますが、
大豆レグヘモグロビンの安全性がまだ確立されていないからです。

植物性タンパクのアレルギーは
予想外の身体的な病気を作り出すこともあります。
(ひかたま:「茶のしずく石鹸」被害の疫学調査結果が発表されました

humb2impossiblefoods.com

でも、
牛肉が食べたくないから
野菜を食べているのに

わざわざ植物性のお肉を食べる人がいるのでしょうか。



hgfimpossiblefoods.com

最初に記事を見たときは
なんでこんなもの作るの?
という疑問。

お肉食べない人が
加工野菜のお肉を食べることはないでしょう。

主なターゲットとしては
菜食の人ではなく、
肉食の人で、健康を考えている人向けのようです。


インポッシブル・フーズ社では
これで肉食を止めてくれれば
環境に良いとのことです。



あとは安全性でしょうか。

日本人は
過剰にお肉を食べていると思います。

<転載終了>