ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2017/10/cia-4.html
<転載開始>
ケネディ暗殺なんだが、アレは世界初の衛星中継の時で、日本では早朝だったんだが、おいら早起きしてTVつけたら、いきなりのニュースで仰天したんだが、副大統領だったニクソンとかCIAが~とか、軍産複合体が~とか、まぁ、定番の陰謀です。ケネディ家は呪われているというのか、歴代、暗殺されてるねw

米国のジョン・F・ケネディ元大統領が暗殺されてから50年あまり。同氏の死に関する最後の政府文書が今月中に公開期限を迎える。
トランプ大統領が安全保障上の観点から一部の未公開資料や黒塗り資料の公開禁止を続けると判断した場合は、非公開の扱いが継続される。
公開期限を迎えるのは、ケネディ氏暗殺に関して米政府が収集した資料の中で依然として機密扱いされている最後の文書。大陪審や税務に関連する文書の一部は引き続き機密扱いとなる見通しだ。
米国では1992年、オリバー・ストーン監督の映画「JFK」の公開や暗殺事件への関心の高まりを受け、JFK暗殺記録収集法が成立。25年以内に残る資料を一般公開することを義務づけた。ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領が法案に署名してから今月26日で25年となり、完全公開の期限を迎える。
ただ完全公開賛成派の間では、情報機関の要請でトランプ政権が一部資料の公開を阻止するのではないかと懸念する声が多い。

陰謀説の中でも、もっとも信憑性が高いのは、「通貨発行権」だと思う。ユダヤは国家や領土は欲しがらない。ヤツラが欲しがるのは、通貨発行権だけです。
【アメリカ】JFK暗殺の最後の資料、公開期限迫る 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
あれれ?ハードボイルド落合信彦は2039年って言ってたぞ?あれもウソとデタラメなのか?
-----------------------
↑俺も信者だった頃にそれ読んだ
単なる大ホラ吹きの嘘つきチョンだと知った時はしばらく立ち直れなかったわ
-----------------------
↑大学生の時に後輩に「落合信彦の本を読んで(世の中のことを勉強して)る」と言ったら
「はぁ、そうですか。落合信彦...。」とダメダメな人を見る目をされてしまったのがトラウマ。
-----------------------
↑マジレスすると、ジョンソン政権で2039年公開に決まってたんだ。
けど、ブッシュ政権下で、議会が前倒しで公開する事に決めたんです。
元々アメリカでは国家機密を重要度に分けて、一定期間後には公開する事になってる。
ケネディ暗殺関連資料は最重要だったから75年。
そろそろ日米開戦の機密資料も出てくる頃。
暗号解読関係は延長されるかも知れないけどね。
-----------------------
ついに宇宙人が関与していた事実が白日の下に。
-----------------------
マフィアとCIAが組んだんだろ
-----------------------
FRBは詐欺
政府紙幣を発行しようとして
国際金融家に暗殺されたんだろ
-----------------------
↑これが正解
次の大統領が暗殺後にすぐケネディの大統領令を破棄して政府紙幣回収している。
-----------------------
オリバーストーンがどこまで真実に近付いてたのか
-----------------------
ケネディは32人もの大勢と不倫してた
ホワイトハウス内でだぜ
夫人が急に来た時の手はずも整ってた
-----------------------
↑アメリカで政府に歯向かうと性犯罪者に仕立て上げられて捕まるイメージ
-----------------------
トランプはくれぐれも余計なことすんなよ
-----------------------
「その機密文書は紛失しました」で申請は無駄に終わるらしいね
-----------------------
日航ジャンボ機123便墜落事故の公開は
2035年か    待ち遠しいw
-----------------------
↑2000年頃に日航の機長組合から事故調が提訴された途端、事故調は(それまで完全非公開だった)ボイス・レコーダーも含めた証拠品を全て破棄処分してしまいましたけれども?
現在出回っているボイス・レコーダーの音声(一部編集済み)は、その時におそらく事故調関係者と思われる匿名有志が秘密裏に漏洩しマスコミに提供されたものです。
-----------------------
日本において、衛星通信の正式運用の第一報がこの事件だったんだっけ
-----------------------
マフィアだの金貸し銀行だの軍産複合体だのCIAだの色々一斉に敵にまわしすぎでしょwそれも危険な組織ばかりをw
全員つるんで合意の上で暗殺したと思うよ
で、周辺嗅ぎまわってたソ連のスパイに罪なすりつけただしょw
-----------------------
通貨発行権をユダヤ人からアメリカ政府に取り戻そうとしたJFKも
石油の取引のドル決済を辞めようと主張したフセインも
ユダヤ人の中央銀行を置くことを拒否して国民に富を還元しようとしたカダフィも
殺された理由は同じなんだわな
基軸通貨ドルの地位を脅かす者を何人たりともユダヤ人は許さん
人民元を基軸通貨とする野望をもつ中国もはしごを外される日が必ず来る

ケネディが殺された理由を正直に明かせばアメリカは正義の国ではいられなくなる
ファティマの第三の預言と同じく表向き公開したことにして
真実は伏せられたままなんだろ
-----------------------
ケリーやマティスなど軍人組が公開を阻止する
-----------------------
これ誰なんだろな
オズワルドじゃないんだよ
楽しみだな
-----------------------
もう1970年代の書籍に
オズワルドが撃とうとしたら、他に3発の銃声が聞こえたって書かれてるくらいだから
誰もがCIAがやったって知ってるよw
CIAは金融資本の手先なんだよ
ケネディは政府紙幣を発行しようとしたからFRBにとって邪魔な存在だったってこと
-----------------------
もしそれが真実で公開されようものなら連邦自由法でCIAを管轄しているNSAが再び裁判にかけられ解体されるな
アメリカだと国家反逆罪に時効はないから大規模な組織改編が起きる
CIA主犯でなく、FRB主犯ならこれはもっと大変な事態
決済銀行の透明性が疑われ基軸通貨が揺らぎ大恐慌まであるよ
-----------------------
↑その辺なら紙の資料で残ってるわけがない
現場に乞食に変装したCIAが4人いたけどな
近年は側溝から撃ったって説が盛り上がってるようだぞ
-----------------------
とても重要な話なんだが...
もう二十年以上前にウォーレンレポートは99%近く公開されてる
あとのはシークレットサービスの警備体制とか個人情報とか程度です
-----------------------
表の歯車よりも裏の歯車の方が100倍でかいからね
補佐官あたりに送り込まれてる紐付きのブレーンの言うこと聞かないと
ストッパーが働くというシステム
裏側を十二分に知っていただけに弟を司法長官にしたわけで
-----------------------
ケネディはいろいろ面倒臭いやつだっただろうな。
アメリカを牛耳ってるのからすれば。
-----------------------
"国際派ジャーナリスト"落合信彦
ニクソンがケネディ暗殺の張本人と暴いた「2039年の真実」は彼の代表作だが、このときに使った取材費は飛行機代だけで3800万円。
「純粋の取材費だけとしたら、1000万円・・・もう少しいくかなァ」(イーデス・ハンソン氏との対談より)
日常の国際電話はコレクトコールを含め、月に平均180万円から200万円。事件があれば300万円に跳ね上がる。
平均200万円としたら、年間2400万円である。
情報提供者に支払われる情報料は、これまた年間3000万円から4000万円にも及ぶ。
電話と情報提供代だけで約6000万円。
交通費、宿泊代を合わせれば、毎年1億近いお金をかけていることになる。
これだけの経費を使って精力的に動き回るジャーナリストなど、世界広しといえど、日本の落合さんぐらいなものだろう。

落合さんは税務署から特別扱いされているらしい。
「よく国税庁に話しているんだけど、俺の書いてくれたものを読んでくれって。
で、国税庁は理解してますよ。なるほど、金がかかりますねって。
タクシー代で、僕は月に80万円ぐらい申請するでしょ。
そうすると領収書はって言う。バカ言うな、忙しくてそんなもんもらっている暇ないよ。
時間が一番大切なんだから、僕らには」(「週刊宝石」88年11月4日号)
領収書なしで税務署パスというジャーナリストも、世界広しといえどもまたまた落合さんぐらいなものだろう。

落合さんは、ときには大胆な予測もする。
例えば、ソウルオリンピックは開催前に北朝鮮がテロを起こすだろうから実現しない。
仮にテロが全て失敗した場合には、北朝鮮が電撃戦を仕掛けることは間違いない。
また、旧ソ連でクーデターが起きたときには「おそらく世界は再びゴルバチョフの顔を見ることは出来まい」と予測した。
その後の事実はいずれも、世界に千人の情報ソースを背景にした予測を裏切っていく。
-----------------------
落合信彦はニクソンが黒幕に自信あると言っていたけど、もし違ったら今まで我々は騙されてのどう責任取るんだ?
-----------------------
↑ニクソンであってる
公然の秘密w
-----------------------
落合はぜんぶネタ本ありきだけどな、ネタ本が優秀な奴はそれなりに読める
石油戦争なんかは今よんてもいい本だよ
モサド関連の本はインタビューをコーディネートした人が優秀だから読む価値がある
二十世紀最後の真実はカナダのナチオタクの詐欺師に騙された本だからね
こいつの書く本にはかいがいぶんけんからの大紀保な剽窃があるのではないかと気がついて早めにてを切った集英社は利口だった
-----------------------
↑ノビーの本はワクワクする要素があるからなあ
俺がガキの頃読んで衝撃受けたのが、米ソがそれぞれ身代わりとなって核攻撃を受ける衛星国を決めていてそのリストをお互いが共有しているってヤツ
米ソで揉め事があったらまず犠牲になるのが東京とベルリンで、第二位がソウルとワルシャワで...
みたいな感じの設定だったなあ
-----------------------
ついにJFKが朝鮮人であったことが白日の下にさらされるのか
                       <丶`∀´>
-----------------------

まぁ、フリーの売れっ子ジャーナリストというのは、多少なりとも「ホラ吹き」の素養がないとw 落合信彦のホラは、自分を大きく見せるためのホラが多いので、書くものの中身については、ネタ本によるわけで、それなりなんだろう。ちなみにおいらは一冊も読んだ事はないw

コメント(3)

糞厄人:「ケネディ暗殺ですが、文書の一部は引き続き機密扱いとなる見通し、だそうです。」
サガワ:「バッカじゃないの。 なんで、こんなのあります、ってホントのこと言うの。」
アベ:「さっさと破棄しときゃよかったのに。日本ではありえん。」

積雲さん、旧かなと新かなの文章を両併記してください。
旧かなだと非常に読み辛いし、変換作業もめんどいです。
どうぞよろしくお願いします。

伊藤博文と同じ、ロシアと自国とのダブルスパイで
しくじったのでロシアから狙撃されたのが致命傷で天国へ
暗殺計画を情報入手していた自国からも見殺しにされ
適当な犯人を仕立て上げられて早々に幕引き

スパイの末路はこんなもの


<転載終了>