geneumiのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/geneumi/entry-12317710578.html
<転載開始>

戦後、GHQのご指導のもと、日本麻の栽培が禁止。

これによって、数千年続いた庶民の麻文化の相当部分が途絶えた。

日本人は衣食住、すべてに麻を用いてきたし、祭祀でも麻が重用された。

結果、総じて、日本人の免疫系が脆弱になった。

 

次いで、日本古来の伝統野菜が西欧種に塗り替えられる。

これは種を供給する種苗会社がJAと一緒になってご推奨。

農家は乗り遅れまいと懸命になる。

早い話、農家が独自に種取りをして、翌年も、その翌年も伝統野菜を作り続けないようにした。

 

その結果、現在の野菜、根菜類の90%が種苗会社の種。

そして、その多くは一代限りのハイブリッド。

 

と、いいつつつも、地方には根強く伝統野菜が残る。

どこへ行っても同じ野菜ではない、伝統野菜のほうが遥かにブランド性が高い。

JAとは別に伝統野菜を作り続ける農家の生産指数が、この90%に含まれているかどうか定かでない。

 

パーマカルチャーの知識を携えて新たに参入する農家は、今さらどこにでもある品種(ハイブリッド)をつくっても競争出来ない。

で、あれば、種取りをして、地方地方の特性豊かな作物をつくったほうが面白いし、市場性も高い。

 

欧米型の物量優先農業は流通都合上、好まれるが、生産者にも消費者にもメリットは少ない。

早い話、イオンとかヨーカ堂のための生産方式。

つまり、都市圏やその郊外型市場向け農業。

 

しかし、この半世紀、農薬や化学肥料と連動した西欧種ハイブリッド生産のお陰で日本人の免疫力や代謝能力はさらに低下した。

さらにはミツバチの激減、トンボや多様な昆虫、水生生物の激減。

作物自体も窒素肥料過多の亜硝酸塩問題。

 

これは住友化学などの利益と、とりもなおさず、油ダポチ金貸しJAのご都合が最優先。

これに大手流通が加わり、加えて1円たりとも見逃さないポスシステム導入のレジで消費税の取りっぱぐれがない税務署にもメリット。

さて、ここで、ついに登場。

本命の「米」である。

 

地方には独自のブランド米があって、美味しさや品質を競っている。

日本の米は世界一美味しい。

 

だが、これに不満タラタラなのがグランチと化学会社。

何とかして「米」の品種を我田引水したい。

 

そこで種子法が改正(改悪)されたのである。

 

地方地方のブランド米の種籾生産向け補助金廃止する。

例えば単位面積辺り2000円だった種代が20000円以上になる。

作付け面積の大きな米農家ほど負担増。

 

そこで、種苗会社が提供する品種採用を促す。

最初はハイブリッドで遺伝子組み換えはない。

既に品種は完成しており、その種だけを使う契約栽培。

 

もちろん、その品種に最適化した化学肥料や農薬もセット。

生産量は確実に増加するだろうし、しかも全量買い取り。

農家はそろばんを弾く。

 

短期的には収入が増えるのは確実。

しかも、全量買い取りの先はセブンイレブンとかその手の大手流通企業。

 

ささにしき、こしひかり、あきたこまち、などなど、これまでつくってきたブランド米ではなく、記号と番号のついた種籾を扱う。

味はどうか?

お客さんは満足してくれるだろうか?

 

そんな心配はいらない。

なぜなら、全量買い取りである。

 

だが、その先には遺伝子組み換え、さらには耐性害虫にも有効な危険な農薬や昆虫やバクテリアの遺伝子を組み込んだ品種に変わる。

一度ワナにはなると抜け出せない典型的な油ダポチ囲い込み農業。

 

つくりたいモノをつくる自由。

自然と折り合いながら農業を楽しむ自由。

お客さんの満足した顔が見える農業。

な~んもない。

 

気がつけば、約束した量をこなすだけの生産ロボット。

ま、全量買い取りもその先で採算が合うかどうか誰も保証できない。

 

なぜなら、日本人は顔が見える農家がつくった地方地方のブランド米を選ぶからである。

 

大手流通の仕組みが今までどうり機能するかどうかも分からない。

JAがこの先も存続するかも分からない。

もっと言えば、ジミン党なんてものがこの先も威張り散らすようではこの国の未来はない。

 

世界を見よ。

蛇蝎のように嫌われるモンサント(今はバイエルンだっけ?)。

その日本版の住化だって明日をも知れない。

なぜなら、時代遅れの油ダポチ企業。

 

今時、油ダポチ企業の手の平でヌカヨロコビするのは日本だけ・・・。w

 

世の政治家に問いたい。

何で、禁煙問題が政策なのか?

 

そんな枝葉末節ではなく、本流の問題に切り込めないのか?

GHQの政策で、麻、伝統野菜、タバコ、米などなど、日本の伝統産業はズタズタである。

コッチを何とかするのが政治蚊の仕事である。

 

グランチと頭のイカレタ学者の戯れ言を利用して、化学会社の下請け業務をせっせとこなす政治蚊など無用。

 

禁煙がどうのなんて言っている場合ではない。

日本の医療費はどうなっている?

これほど医療が進んで三大成人病はなぜ、増加の一途なのか?

 

ハッキリ言えば、ドル箱ガン治療の次の目玉は痴呆症。

アセチルコリンの代用物質、ニコチンは痴呆予防の特効薬。

だから、タバコは目の敵。

 

話が逆。

 

麻を取戻せ。

タバコはJTの薬漬けではない葉タバコに戻せ。

米のハイブリッド化なんて冗談じゃない。

 

医療費を1/3にする方策を考えよ。

 

そのためにさっさと植民地政策に終止符を打て!

 

やることは山ほど。

 

ユリノミクスは失禁症。

どうりでイヌ科のたぬきが好むスローガン。

要するに、マーキングである。

 

これは俺様のテリトリーとばかりにマーキング。

仲間を募っても指一本触れさせない排除の論理。

 

で、政策は何?

 

ジミンと一緒、あとは禁煙、花粉・・・?

どうでもいいことばっかし。

ハナから仕事する気ゼロ。

 

種子法廃止をやりなさい。

中央集権解体をやりなさい。

日銀国有化をやりなさい。

 

それが政治の仕事。

そして、やがて政治家も官僚も無用になるのが民主主義。

まだまだ遠い道のり?

 

いやいや、既にその流れに乗っている。

 

まずは偽総理内閣で無理矢理通した法案を全て破棄する。

安保法制も種子法も共謀罪もあと何だっけ?

全部破棄。

 

話はそれから。

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

ドネーション受付ページへ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZ_fIYUaBmOxamKTI-xW-8OE3TQiU8gIpW1JBQVV1PwxsqNw/viewform

電子を放出/世界初!空間まるごと還元空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html




<転載終了>