逝きし世の面影さんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/7b333680ced3ecaa5ffdc0de80f226fd
<転載開始>
2017年10月10日 | 政治
保坂展人‏ @hosakanobuto
嘆かわしい政府の遅れすぎた「喜ばしい」⇒

外務省、2日後に「喜ばしい」 核廃絶ICANに平和賞http://www.asahi.com/articles/ASKB87XJ7KB8UTFK02Q.html … コメント発表は8日午後11時32分。2日遅れになった理由について、外務省関係者は「省内の調整に時間がかかった」と説明した。



2017年度のノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の主要メンバーの日本のNGOピースボート

『外務省、2日後に「喜ばしい」 核廃絶ICANに平和賞』2017年10月9日 朝日新聞

外務省は8日夜、核兵器禁止条約の採択に貢献した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が6日にノーベル平和賞の受賞が決定したことについて、「国際社会で核軍縮・不拡散に向けた認識が広がることを喜ばしく思う」との外務報道官談話を発表した。
談話は「核兵器廃絶に向けた被爆者・被爆地の長年の努力に対し、改めて敬意を表したい」と受賞決定を歓迎しつつ、「ICANの行ってきた活動は日本政府のアプローチとは異なる」とも指摘。ノーベル委員会が受賞発表で北朝鮮の核開発に言及したことについて触れ、「あらゆる手段により圧力を最大限まで高める必要がある」と日本政府の立場を改めて強調した。
コメント発表は8日午後11時32分。2日遅れになった理由について、外務省関係者は「省内の調整に時間がかかった」と説明した。
 
『何とも分かり易い成り行き』
★注、
NGOの集合体である核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が2017年度のノーベル平和賞を受賞したが、その主要メンバーの一つが日本のNGOピースボートであり、総選挙の告示日直前のタイミングでの『歓迎声明』は憚られたのである。
ICANは多くの日本人にとっては初めて聞く名称である。ところが、ピースボートの名前を聞いて誰でも思い出すのが、結党されたばかりのリベラル新党『立憲民主党』幹部の辻元清美であった。
内閣改造で新しく外務大臣に就任した河野太郎はリベラル色を一切封印して、安倍内閣の一員として『北朝鮮との対話は時間の無駄』『制裁あるのみ』との超強硬路線を突っ走っていたが、今回の総選挙での自民党の大敗北を早々と察知して、にわかに日和見をおこなっているのでしょう。



『外国人の地方参政権禁止まで「踏み絵」にした小池百合子「絶望の党」の勇み足』

大きな島国であるオーストラリアが閣僚の二重国籍を問題とした例があるが、欧米先進国では大統領とか首相など国家の最高責任者でも二重国籍を容認しているし、地方参政権に至っては永住する全住民が対象となるのは当然なのです。日本国のような国政も地方自治体も一律に外国籍を排除するなどの例はない。
欧州や米州大陸のような地続きの国々では、一つでは無くて二つ以上の国をルーツにする国民が大勢生まれるが、これらの二重国籍者にとって自分が所属する国家同士が争うことは最大の損害になるので善隣友好に努めるので、戦争の抑止になると思われいるのです。
産経新聞とかネットウヨに様に『敵国のスパイになる恐れがある』と考えるものは一人もいないのである。(二重国籍を排除するネットウヨとか産経新聞ですが、まさに第二次世界大戦時の日系人強制収用の悲劇を彷彿される『悪魔の発想』である)

『ブックメーカーに名前が無かった大穴のカズオ・イシグロのノーベル文学賞』

日本生まれで両親も日本人の石黒一雄(カズオ・イシグロ)はイギリスで成人した時、生活の利便性から英国籍を取得したが、自動的に日本国籍を剥奪されている。
カズオ・イシグロの他の作家には無い不思議な魅力とは自身のアイデンティティ(Identity)に深刻なダメージを受けたトラウマが原因しているのかも知れない。(もしも逆にカズオ・イシグロが英国人で『日本国籍を取得した』と仮定したら、英国籍は剥奪されないので二重国籍になっていた)
カズオ・イシグロですが英国で一定程度は有名だが著作はたったの8作品、日本ではほぼ無名だし、今回、英国のノーベル文学章候補としてのオッズ(賭け率)どころが名前さえ出ていない全くの穴馬だった。
その意味ではノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)と同じ流れ(病的に右傾化する日本に対する最後通牒に近い厳重な警告)なのである。

『何とかして「日本」の右傾化(暴走)を止めたいと思っている世界(ノーベル賞委員会)』
★注、
CNNテレビとかワシントン・ポスト紙はロシアがアメリカ大統領選挙に介入してトランプを勝たせたと未だに大騒ぎしているが、アメリカを真似て日本でも総選挙後には産経新聞がノーベル賞委員会が日本の選挙に介入したと騒ぐかもしれない。

『明らかに風向きが変わってきている』

ゴキブリホイホイの小池百合子『希望の党』は、野党第一党の民進党を吸収合併したばかりか大阪維新の会も飲み込んで政界の台風の目になる心算で乗り込んだが、維新(松井代表)から参加を断られている。緑狸の『泥船』(ゴキブリホイホイ)だと見抜かれたのである。
同じく東京都知事選で18万票も集めた(無所属では最大の集票力の)元ジャーナリストの上杉隆(49)を『希望の党』の候補として擁立する方針だったが、こちらの方も逃げられている。
上杉は昨年に急逝した鳩山邦夫元法相(享年67)の秘書を長らく務めていたし、小池百合子と鳩山邦夫は盟友関係にあるし小泉純一郎とも裏で通じているが、ミドリ狸の泥船『希望の党』の危険性が見抜かれたのでは、もはや勝負は決まっている。

<転載終了>