強健ラボさんのサイトより
http://maron49.com/819
最近、階段を上る時にひざが痛みくなってきたので、15分くらい両膝に通してきました。
膝周りが軽くなり、ドクドクト血液の流れ(体全体)が良くなりました。
<転載開始>

政木 和三 工学博士の「神経波磁力線発生器」

 

ご存知でしょうか?

昭和の天才発明博士で、多くの家電製品などの画期的な技術は、この先生が発明していたそうです。

 

その発明された数は、もう数え切れないほど・・・

どなたも知らずして、この博士の恩恵を受けているのです。

その博士が、生涯において最高傑作とされるのが、「神経波磁力線発生器」だそうです。

 

我が家のレプリカ品ですが全く同じ性能の「神経波磁力線発生器」です↓

 

P1090418

どうですか!このデザイン!ダサすぎて笑えるほどですね。

僕はこのデザインを見たとき本物の予感がしたので、結構な値段でしたか思わず購入しました。

この元祖は、十数年前に、実際に日本で発売されました。

マイナーな機器でありながら、評判が評判を呼び、口コミでじゃんじゃん広がり始めました。

しかし、突然、薬事法違反とか何とかで、発売禁止を食らいました。

その本当の理由は・・・

ガンをはじめ、難病や大怪我が治っていく患者さんが続発したから、支配層が医療利権の危機を危惧し、たまらず動いたのでしょう。

いつもの、患者さんを捨てて医療利権を守るパターンです。

こんな簡単なもので、何もかも治れば、せっかく築いた美味しすぎる医療・薬剤利権が崩壊しますからね。

勿論、それを使ってのクレームが発生したとか、無かったそうです。

 

『神経波磁力線』  政木 和三 工学博士 より

 

政木先生の書から抜粋文を掲載いたします。

七二歳で身長が二センチ伸びた
私は大阪大学で神経について研究していた頃から、神経の人体における無限の可能性に興味を持っていた。 (中略)

さらに最新のものは、『神経波磁力線治療器』である。

これはコイルに瞬間的に一万ワットくらいの電流を流すことによって、人間の神経波と同じ形の磁力線を発生させるものである。

リング状に銅線を巻いたコイルを患部に置くと、患部の体液がマイナスに帯電(以後 マイナス化)するのである。

人間の体は七〇パーセントが水分である。

水の分子は科学式でいうとH2Oだが、普通水は二つのH原子の間が、Oを基点として一〇六度の角度で安定している。

ところが、この磁力線治療器をあてると、そのHとHの角度が広く開き、水はマイナス化するのである。

そうすると、マイナス化された部分には安定させようという力が働くので、そこへ栄養分や酸素や免疫力などが集中していくことになる。

そういう現象が体内で起こることによって、病気が癒されていくのである。

こんな小さな装置から一万ワットもの電流を流すことは、これまで不可能であった。

しかし、一度流した電流を再利用するという私のアイデアによって、初めて可能になったのである。

これによる今までの治療結果は、劇的なものがある。

大学病院に入院中のリンパ腺ガン患者が手術を待つ間、二週間にわたり数回病院を抜け出してきて『神経波磁力線治療器』の治療を一回一時間行っていた。

二週間後、予定どおり手術を行ったら、リンパ腺ガンは消滅していた。

また、子宮筋腫の患者は二週間で大きさが二分の一になった。

不整脈の患者は二ヵ月で治った。

さらに、脳腫瘍で入院中の患者は、やはり病院を抜け出して私の研究所で四回、磁力線放射を受けた。

一回一時間ずつだから、わずか四時間である。

そうしたら、手術直前の検査で腫瘍が小さくなっていたため、手術も簡単なものですんだ。

その人は手術四日目に、まだ入院中の病院から頭に包帯を巻いたままの状態で
お礼にきた。

平成六年七月の名古屋での講演会では、『神経波磁力線』を使用した人の報告があった。

最初の男性は次のような報告をした。

「私は末期ガンだったのです。 胃ガンで寿命はあと一ヶ月と言われていました。

ところが、この『神経波磁力線』をかけたところ、完全に治ってしまいました。

ありがとうございます」。

次に、小さな子供をだっこした婦人が出てきた。

「この子は脳性マヒだったのです。 手も足も動かなかったのです。それが磁力線のおかげで動くようになり、歩けるようになりました。

今、三歳になりました」と泣き出してしまった。

さらに、私の研究室へ報告に来られた五〇歳くらいの男性は、毎日酒を一升飲むのをやめられず、医者から禁酒しないと死ぬと言われたという。
そこで一升ビンに『神経波磁力線』を十分ほどかけて飲んだところ、三杯で満腹になり、翌日は一杯で満腹になり、一週間で全く酒が飲めなくなったのだそうである。

この治療器は、私のある恩人が病に倒れた時、それを救うために天が啓示をもたらしたものである。

(*「奇跡の実現」 政木和三   産能大学出版部刊
p、155~p、158 より  引用)

現在も流通しています

 

当時10万円ほどの価格で、3万台ぐらい売れたそうですが、中古の十数年前の何時壊れるか分からない機器に、定価以上の価格がついているのです。

そんな古い機器なら、普通の家電系治療器なら、ガラクタですよね。

しかも新品級なら、数十万と、信じられない価格で取引されています。

 

実は、我が家にレプリカ品があります。

ちなみに、良く似ているのですが本物の性能を劣化させた機器は、認可され現在も市販されています。

効き目を劣化させた機器は、認可するという・・・全く政府は、非道ですね。

しかし、我が家にある機器は、本物と同等の性能を持っています。

 

神経波磁力線発生器の体験談です

 

31歳 女性 (子供2人)  

H28年4月21日

  卵巣嚢腫で  6月に手術予定ですが  早速使ってみます 。

午後から使用 1時間使用しました。

4月24日

リングやったら  左臀部辺りが 痛みが止まっていた 生理が 来た 。

立ったり 座ったり かなり痛い。

卵巣嚢腫の裏側で リング充てた  。

で 母乳で 生理止まってたけど  今日から 成った  。

先生は 卵巣使うから  止まってた方が  良いって 言ってたみたい?

5月6日

検査入院、悪化していないので無事退院。ほっ

手術だけは避けたいのでだいたい2時間くらいするようにしてますが、子供小さいのでやれない日もたまにあります。

リングのおかげと思います。

11月3日

現在 いまだ 手術してません。

つまり手術しなくても良い状態になっており、医師が驚いていたそうです。

 

その他、実際に使用された方の感想事例をザッとですが記載いたします。
(個人差があります)

 

・生理通が消えた
・悪性腫瘍が消えました
・肝臓がんの腫瘍が見えなくなった
・骨折の痛みがピタッと消えた
・高血圧が改善された
・心筋症の痛みが半減した
・前立腺がんのマーカーの数値がよくなった
・角膜の透明度が少しずつ改善
・足が可動しやすくなった
・脳梗塞の頭のふらふらが楽に~
・発作が減り症状も軽くなった
・糖尿病でつま先がジンジンするのが軽減
・脳梗塞の後遺症で手が震えず字が書けるまで改善
・少しの距離なら杖無しで歩けるようになった
・足先の水ぶくれが直ぐに治った
・リンパの流れが改善された
・偏頭痛の初期に効果
・黄斑前膜が剥がれた
・脳梗塞後の手の痺れが軽減
・鼻の通りがよくなりました
・ヘモグロビンA1Cが下がりました
・PSA値が下がった
・高血圧、糖尿病が改善された
・嗅覚が少し改善した
・内出血の痛みが直ぐに消失した
・アトピー性皮膚炎が一部改善
・血行が改善された
・腎臓がよくなった
・花粉症がとても軽くなった
・アルツハイマーの薬が不要になりました
・横膜の激痛が消えました
・腫瘍の痛みが寛解
・ガンが小さくなった
・放射線治療の辛さが軽減
・頭痛が1週間ぐらいで楽になった
・膵ガンの末期でも痛みが無かった
・骨髄腫の痛みが軽減
・蜘蛛巣状血腫が無くなった
・首下がり症候群が改善
・腰痛が改善
・寝違えの痛みが無くなった
・足首の痛みが無くなった
・筋肉痛が緩和
・膝痛が緩和
・五十肩が軽減
・腕の痺れが消えた
・2日で指の痺れが消えた
・股関節の痛みが消えた
・烏口突起の激痛が消えた
・捻挫の痛みが驚くほど改善
・肩こりが改善した
・膝や手の冷えが改善
・コリがほぐれた
・体が温まります
・寝つきが良くなった
・朝の目覚めがよくなった
・白髪が軽減
・愛犬が歩けるようになった
・疲れが速く取れます

我が家の体験談です

 

我が家は84歳の父、母がいますが、みんないたって健康でして、ガンなど甚大な病気に試せなくて申し訳ございませんが・・・

肉体疲労や、怪我などには、実際、素晴らしい効果が感じられました。

私の場合・・・

ソフトボールの試合中に、足の太ももの肉離れを起こしました。

プロ野球選手などが、時々起こす厄介な怪我です。

おっさんが、張り切ってやるといけませんね。

私の場合、軽かったほう?ですが、それでも痛くてまともには歩けません。

たいてい、回復には、1ヶ月ほど掛かるのです。

 

そこで、この機器を治療に使ってみたところ・・・

初日1時間少々あてて見ると・・かなり痛みが取れました。70%ぐらいです。

2日目は、かなり痛みが引いたので、時間が無かったのもあり使いませんでした(笑)

3日目に1時間少々当てたところ、何と!痛みがほぼ全く無くなったのです!?

1時間前とは、全く違うのです!?

歩くときに、1時間前は痛みが走り足を引きずっていたのが、1時間当てた後、歩いたら全然大丈夫なんです!?

「えっ~~!痛くない!」と思わず叫んでしまいました。

これには、本当に驚きました。

病院、松葉杖一切無しで肉離れが、なんと3~4日で治ってしまいました。
(勿論、個人差があると思いますので、全てを真に受けないで下さいね)

 

複雑骨折で骨が体内で散らばっているのに、何とキチンと骨が定位置に戻って手術なしに超スピードで治ったという報告が何処かに書いていましたが、納得しました。

これは、怪我は勿論、アスリートの身体のメンテナンス、ピッチャーの肩や、陸上、サッカー選手などの、部分疲労の早期回復にも、とてもいいんじゃないかと思います。

 

あと、2日酔いの頭痛があった時、、頭に当てたら、暫くしたら痛みが消えました(笑)

 

オマケ情報ですが、2,7Lの激安焼酎を買ってきたら、やはりまずくて、大失敗!

捨てるのももったいないので、磁力線を1時間当ててみました。

こんな感じです↓

P1090420

すると・・・、まろやかで、甘く美味しいのです!

オホホホ♪・・・です。

まずい酒は酸性ですが、高級な美味しい酒は弱アルカリ性なのです。

だから悪酔いしないのですね。

磁力線の効果で、短時間で魔法のように、弱アルカリ性の熟成されたような美味しい酒になるようです。

つまり・・・

同じように体内が、アルカリ性になれば、何のことは無い、病気も怪我も早々と治癒していくということです。

ガン患者が治癒した脅威の陶板浴と同じように細胞の餌であるマイナスイオンを強力に発生しているのだと思います。

 

素晴らしい機器だと思いますが、勿論基本は、食事だと思います。

つまり・・・

このような機器で身体の不具合は回復させるのはあくまで緊急で、食べ物から身体の腸内細菌がこの仕事をするのが健康の真髄です。

機器が無ければ生きていけない身体では不完全ですし、耐性が出来るかもしれません。

 

病気の人は腸内が汚れまくり腸内細菌が瀕死で、自己治癒力がほとんど欠落しているのです。

機器が無ければまた具合が悪くなりますから、身体自体がマイナスイオンを発生して瀕死している細胞を活性化して自力で治癒するのが本来の健康です。

身体によい本当の食餌栄養論が隠蔽され、ジャンクフードオンパレードの時代には、病気の元であるプラスイオンがジャンジャン発生しますからね。。

とはいうものの、お腹に磁力線を当てると、腸内細菌が元気になるそうで腸内環境が良くなるそうです。

 

磁力線器や陶板浴など外的法だけに頼らず、基本中の基本である食べ物、両方からのアプローチがよいと思います。

緊急時に活躍するのは確実ですので、正しい食事と併用すれば、鬼に金棒かと思います。

また何かあれば、報告しますね。

 

もし試してみたい方がおられましたら・・

実は性能を劣化させた機器も出回っておりますが・・・入念に調べました。

元祖の性能を忠実に再現された機器を販売される凄い業者さんを紹介いたします。

お問い合せからご連絡ください↓
お問い合わせ




<転載終了>