ポニョさんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/bc6329c724c92c4680cbc528ecd9bb60
<転載開始>
神は世界に存在する一切のものを創造し、人間にそれらの面倒を見る責任を任せました。
神は、世界にあるものを人間が望み通りに使うことを許しましたが、一つの条件を付けました。
それは人間は自分の行為の報いを、善果であれ悪果であれ受け取らなければならない事です。11/4/94

ポニョ:日本はどんどん両極分化が進んでいて、金持ちと貧乏人の差が開いて来ているんや。香港に住んでいる日本人で、ロスチャイルドの手先がいるんやけれど、彼はフィクサーで、日本の政治経済を支配層の指示通りに裏から動かしているんや。
彼は、「これでもまだ両極分化が充分ではない。最終的には消費税を40%にすることが目標だ」と言ってたな。「でもそんな事をすると、貧しい人たちの老後が大変ですよ」と言うと、「彼らは六十歳になるまでにくたばってもらう予定だ。その為に日本中を放射能漬けにして、食べて応援だとか、瓦礫の全国処分だとかのキャンペーンをしているのだ。」とか言ってほざいていたぜよ。
放射能の影響を一番受けているのが年寄りではなく若い人や働き盛りの人達なんや。どれだけの若い人達が、今、特に東日本で、白血病や心筋梗塞になって亡くなっているか。大変な数やぜよ。相馬市の農家の人たちは、「自分たちが作ったお米を食べません。他県から買って食べています」と言ってたぜよ。それが今の日本の現実なんや。

ヨシオ:若い人が心筋梗塞になるか?その人は、一体自分は何様やと思っているんやろな。サイババさんは、人は金を必要以上に持てば傲慢になる。そしてその人たちが権力まで持てば、どれほどの傲慢さになるか想像が出来ないと言われたことがあるけれど、まさしくその通りやな。

ポニョ:でも最近、京都の出町にある餃子専門店が、お腹が空いた人は満腹になるまで無料で食べても良いですよ。でも、食後、三十分間皿洗いを手伝って下さいと言う張り紙を出したんや。

ヨシオ:食べて応援じゃなくて、食べさせて応援やな。ええ話やないの。

ポニョ:こういう動きが日本中に広まったらええのになと思って、その貼り紙を見てたんや。以前も北海道の帯広やったかな、その食堂で食べ終わったお客さんが、メニューの中から何か一つの料理を注文してお金を支払い、お腹が空いているけれど、お金が無い人が、その料理を食べれるという善意のシステムで運営されている食堂を紹介したよな。
http://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6439cd2df890058bf13e70225fc1baf4
ヨシオ:あれも心温まる話やったな。

ポニョ:支配層の連中は、自分たちの思い通りに世界を動かしていると思い込んでいるけれど、人の心まで支配出来ないぜよ。という事で昨日紹介した、1976年6月にウータカマンドでの御講話やけど、あれはサッチャサイスピークスに載せられていないよな。

ヨシオ:子供の時に何処かに隠れていて、友達が来たら「うわっ!」とか言って驚かした事が誰でもあるやろ。驚かすまえに誰も「俺はそこの茂みに隠れて、お前が前を通った時に驚かすから、びっくりしろよ。」何て言わないやろ。

ポニョ:当り前だの…

ヨシオ:クラッカーはもうええっちゅうに。それと一緒で、「将来、僕は空に現れて歩いて空を横切りますよ。とか山脈を持ち上げますよ。とか多重影分身の術を使いますよ。皆さん期待していて下さいね。きっと驚きますよ。そしてああやっぱり神さんてこの世にいたんや。神さんが自分たちを護って下さっていたんやと畏敬の念に包まれる時が来ますよ。」とは言われないんや。

私は本を読みません。でも私はすべての宇宙の歴史を知っています。
私は過去、現代、未来を見ることが出来ます。
私は、時空を超えた存在です。
あなたは私を同時に二つの違った場所で見て驚きましたが、将来、二つどころか何千もの身体を取って、同時にあらゆる場所に出現することでしょう。P, 66 ANDI


ポニョ:そうやろな。だってそんな事を公言したら、その時の感動が薄れてしまうぜよ。でも、もう公言されているやんか。

ヨシオ:だから、それをサッチャサイスピークスには載せてないんやろな。

ポニョ:YouTubeでは見れるぜよ。でも幾つかの記事はサッチャサイスピークスに掲載されているぜよ。今さっき言った山脈を持ち上げますよという講話はしっかり載っているぜよ。

以前、ゴヴァルダナギリの丘が小さな少年によって高く持ち上げられた時、牛飼いの少年少女たちはクリシュナが神だと気づきました。
今日、ゴヴァルダナギリのような丘ではなく、山脈全体を私が持ち上げるのをあなた方は目にすることでしょう。
その時が来るまで我慢強く私を信じて待つのです。P 22cap5SSS,Vol3

ヨシオ:俺はその山脈をババが持ち上げるという記事をを、三十年ほど前に、こちらのサイセンターのスタディサークルで紹介したんや。
そのスタディーサークルを取り仕切っておられる人は、サイババ生き字引というあだ名を持っている人で、ババのことなら何でも知っておられるんや。でも、俺がそのことに触れると、その人は、「そんな話は聞いたことがない」と言われたので俺の方が驚いた。

ポニョ:そういうことをババが言われても、人は冗談とかと思って軽く聞き流してしまうんやろな、それは人の想像の範囲を超えているやろ。だって、そういう人はこの世界に生きていて余裕の生活をされているとか、今の世界に充分満足されているとか、今の生活を続けて行けばハッピーだとか思っておられるから、そういう自分の想像を超えた奇跡なんて必要が無いんや。

ヨシオ:だから、俺たちがこうして、「ババは将来、こんなすごい奇跡を将来されますよとか言って、ブログを使って発信していても、それらの事を否定されるんや。実際、ババがケララ州でハイテク産業が将来興ると言われている講話を読まれて、近所に住んでいるサイの帰依者の方が、「ババが物質化された地図ではケララ州は洪水に呑まれているけれど、ババはこんな事を言われたから、その将来の地図は間違っていると思いますよ」とわざわざ俺に言いに来られたんや。
それで俺は、「わざわざそれを俺に伝えに来て頂いてありがとう。ババに、『あんたが出した未来の地図は間違っていますよ』って言っておきます。うちの神さんがデタラメな地図を出して世間をお騒がせして申しありませんでした。と言っておいたんや。

ポニョ:おいら達は、別に世間様を騒がしたり、恐がらしたりして喜んでいるわけではないもんな。ただ、おいら達が知っている情報を皆さんと共有しようとして、それをブログで公開しているだけやもんな。もし、知りたくなければ記事を読まなければええんや。わざわざあんたのところにまで来て、地図の件を批判しに来るって、ちょっと狂っているぜよ。
でも、東北だって津波の後、元に戻りつつあるし、おいらはケララ州の州都トリヴァンドラムにも行ったけど、あそこは、ブルー山脈の山裾で、海に山が流れ込んでいるような地形なんやで。ババが山脈を持ち上げられるって言われている山脈がブルー山脈だと、あんたが以前言ってたよな。だから津波が襲った時に、トリヴァンドラムも一緒に持ち上げられるかもしれないぜよ。

ヨシオ:インドではな。でもそこだけやないやろな。世界中の山脈を持ち上げられるんやろな。でもどこの山脈を持ち上げられるかはババしかわからん。

ポニョ:ということは、おいら達がこうしてブログを使ってピーチクパーチク騒いでいるけれど、ババから見れば、
「うるさいのう君たち。ちょっと静かにしてくれんかのう。私が秘密にしていたことを君たちが世間に知った振りをしていろいろさらけ出すから、私が近い将来みんなを驚かそうとしていることがバレバレやないの。君たちの命を死神のヤマ君に頼んで取り上げようかな?」なんてぶつくさと、文句を言っておられるんやろか?

ヨシオ:多分そうやろな。

ポニョ:あんたが言った通り、ババは子供の心を持っておられるから、今からみんなをびっくりさせようとワクワクしているのに、おいら達に邪魔されるって嫌やろな。でも、人はこういう地球の大掃除がなくても世界に平和がやって来るって思っているんやろか?
「皆さ~ん。ちょっと聞いて下さ~い。おいら達が今まで言ってきたババが再び降臨されるとか、山脈を持ち上げるとか、空を歩いて横切られるとか、影分身の術を使われるとか、地球の地軸が傾いて世界中が津波に飲まれるとか言ってきたのは、聞かなかった事にして下さ~いね。忘れましょう。
と言いますのも、ババ様はおくたばりになられましたし、気が変わられて、サッチャサイババではなく、プレマババとして降臨された時にそれらの奇跡をされるようです。
このように神の化身は、気が変わられて、言われたこともちょいちょい変わりますので、真理という名には相応しく有りませんよね。それ故、彼が言われた事を100%お約束は出来ませんが、それらの奇跡を、プレマサイに期待しましょうね。
そして、この世界がこのままゆっくりと、光り輝くゴールデンエイジを迎えることも期待しましょう。いや、実は前にも言いましたが、神様がこの世に降臨された時から広義の意味では、ゴールデンエイジは始まっているんですよ。だから、肉体のババはこの世からいなくなりましたが、ババは決して私たちの前からいなくなったわけではありませんよ。
彼は、私たちの心の中にいつもおられます。ですから、別にババが戻って来られなくても良いのですよね。それに、この偽ユダ金、グローバルエリートたちが支配している世界は、もうすぐ自然に崩壊しますよ。彼らは朝露が知らぬ間に消え去るように、世界からスッといなくなりますよ。彼らがこの五百年もの間、世界中で悪さをしていた事も、数多くの戦争を起こしていた事も全てが昔話になりますよ。

人が今まで自然を破壊したり、環境を汚染したり、放射能を垂れ流したりしたことも、神様の恩寵で帳消しにしてくれるそうです。また、汚職や天下り、金権政治、賄賂や袖の下、嘘や虚言、不正や暴力などの腐った行為も許して下さるそうです。そして世界中で殺戮され、人の食料として胃袋の中に入っていく牛さん鳥さん豚さん魚さん達も安心して下さいね。
全ての食肉業者は業態を変更して動物の保護事業を展開し、吉野家などの肉などを使ったレストランは、菜食レストランになります。というのも、今までの啓蒙活動が功を奏して、人類は、自分たちの動物たちに対して犯した罪に気づいて深く後悔し、全員菜食主義者になるからです。
今までの辛い思い、ご苦労さんでした。牛さん豚さん達。今までご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。人類を代表いたしまして心よりお詫び申し上げます。そして新しい愛の世界にようこそ。皆さん、おめでとうございます。明日から幸せに満ちたゴールデンエイジの始まりで~す!」


ヨシオ:一人でそれだけよく喋れたな。でも、人類が地球や生きとし生けるものに対して犯した様々なカルマを支払わずに、ゴールデンエイジになればいいなって普通の人は思っているんやろうな。
ババは困難な時代が目の前にまで迫って来ていると言われているのに…。

ポニョ:ババは講話の中で、「いつまで君たちは、そのような世俗にまみれた生活を続けるんや」と言われたもんな。おいらもかなり世俗にまみれているので、人の事は言えないけれど、毎日、虐げられている人々や、動物たちが苦しみの声をあげているのを、もう黙って見ているのが辛いぜよ。



今、世界の抱える諸問題はより奇怪な姿をとり、より大規模になってきました。
それはもはや個人的な問題でも無く、限られた地域の問題でもありません。
規模は世界的であり、すべての人類に影響を及ぼします。
人間は且つてないほど悪くなりました。
彼らは、過去の歴史において用いた以上の知性と技術を、残虐な行為に使っています。
その者たちは他の人々に苦痛を与えるのを喜んでいるのです。

今日どうして人口が爆発的に増大しているかと言えば、それは人々の誤った行為のせいである。
動物や魚が殺され食されると、それらの魂は、人となって生まれ変わってくるのである。

“世界は単に人間が楽しむために創造されたのではありません。自然資源を乱費し、人間性を無くしてしまった人間は創造の目的に背いています。このような人間の行動が原因で、数多くの大自然災害が引き起こされました。地震・火山爆発・戦争・洪水・飢饉などの災害は、自然界の由々しい混乱の結果です。これらの混乱はもとをただせば人間の行動が原因です。人は、人間と自然界とが円満な関係でなくてはならない事を認識していません。22/11/1992



<転載終了>