Stop the New World Order by Nさんのサイトより
https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34902137.html
<転載開始>
あけましておめでとうございます。
昨年はアクセスしていただいてありがとうございました。
昨年は、大好きなYouTuberがどんどん削除されてしまい、楽しみを奪われてしまいました。それでもまだ、残っているジャーナリストもいるので、情報を追いかけていきます。TruthMediaRevolutionさんが恋しくてたまりません。彼のメッセージを忘れずに、これからは自分の頭でも考えて行こうと思います。

30日と大晦日のNHKは、CIAのプロパガンダのオンパレードでした。
TVを持っていないし絶対見ない私も、実家ではTVがついているので目に入ってしまい、受信料を強奪しながら、いかにグローバリストのアジェンダを垂れ流しているかがよくわかって腹立たしかったです。最高裁がNHKに受信料を払うことが「表現の自由」「知る権利」などという判決を出したのは、狂気であり、弾圧であると思いました。最高裁もフリーメーソンでしょうか?


イルミナティパペットのBonoが出てきて、「ロヒンギャはジェノサイドだ吐き気がする」

=>ロヒンギャのことは知らないが、ジェノサイドをしているのは通常シオニストの方であるのに。吐き気がするのはこっちのセリフである。イルミナティが口を出すということは、資源などの利権が絡んでいるからであろう。

大みそかには、「イランで反政府デモが起きた」といかにもCIAっぽい報道がゴリ押しされていた。 

=> いつWWIIIをやるのかとは思ってましたが、もうやったか、という感じでした。正月くらいゆっくり休ませてほしい。戦争屋の嘘にはウンザリする。

石油ドル関連、石油パイプラインなどの関連で、ロシア、中国、シリアと組むイランが狙われていることはすでにわかっていた。当然、大イスラエル計画のためである。

復習:イランが大イスラエル計画のための次のターゲットであり続けた事情について振り返る

カタールはそのガス貯蔵所をイランと共有している。
これはキーポイントである。なぜなら、イランは、アメリカの石油ドル(the US petrol dollar)ではなく、ユアン(元)、いわば中国のドルで、石油関連事業を取引しているからだ。
中国がイランからの石油輸入量を記録更新。
他の国もそれに倣ったらどうなる?石油ドルにとって、かなりの脅威になるだろう。つまり、これは、アメリカが世界金融市場に行使してきた独占が劣化することを意味する。そして、アメリカが経済的に劣化した場合、これは、中国、ロシアなどの成長中のグローバルパワー(世界大国)が得をすることを意味する。
以前にもこのような事件が展開したのを、私たちは目撃してきた。
例として、2000年、サダム・フセインが、イラクの石油を米ドルでなく、ユーロで売ることを提案した時、イラクは大儲けをした。

我々の頭に対する戦争

ジョージ・W・ブッシュが2002年に「テロに対する戦争」にアメリカ人全員を賛同させるためのプラットフォームとして、「悪の枢軸」という言葉を使った。テロのスポンサーとして挙げられた国は、イラン、イラク、北朝鮮だった。今もなお、これらの国とは戦争が続いている。イランは水平線上に上がってきてるし、北朝鮮とは毎日。



イメージ 17
なんてショックなことなんだ!イランは何もしていないのにイランの名を挙げてくるとは。まるでトランプは大イスラエル計画*あるいはウェスリー・クラークの7ヵ国計画**を実行してるみたいだね!

奴らの計画の次のステップは、イランに対する戦争。これが第三次世界大戦の開始になると思う。

イメージ 6

以上、復習終わり。
次に、

12月9日の時点でのジェイク・モーフォニオスさんのスピーチの一部を紹介します。


USA, Israel & Saudi Arabia Prepping for Zionist War With Iran

Published on Dec 9, 2017

-イスラエルが空爆でパレスチナ人を殺している。
-パレスチナはイスラエルの国防軍とface off(対決)している。
-エルサレムのWest Bankガザで流血が起きている。
  • シオニストのネオコンが米国務省に蔓延っている(infest)。
  • 国務省はCouncil on Foreign Relations(CFR)というシンクタンク(選挙で選ばれたわけでもない人々)から命令(marching order)を受け取っている。
  • CFRはデファクト(事実上)の国務省であり、全員がシオニストである。
  • CFRはグローバリストによってコントロールされている。
  • ビルダーバーガー(ビルダーバーグ会議出席者)がCFRをコントロールしている。
  • CFRがアメリカの外交政策を決める国務省をコントロールしている。

このようにして、シオニストがアメリカの軍隊、官僚の活動をコントロールしている。

この官僚を支配する部隊は政府の第4のブランチであり、あまりにも強力であり、陰の政府(shadow government)、あるいはディープステートと呼ばれている。

ドナルド・トランプのやったことには、TPP撤退や移民政策など、評価すべきこともあるが、外交政策に関しては、彼に主導権はない。彼はCFRに賛成しており、言われる通りを率先してやっている。

なぜなら、アメリカの外交政策をコントロールするネオコンは全員、戦争屋の、機会に便乗する(war-mongering, opportunist)シオニストだからである。

ネオコンは、シオニストの国であるイスラエルの利益になるように、アメリカの軍隊とアメリカ人の税金を利用している。

それ(シオニストの利益)には、戦争(warfare)も含まれる。

今トランプ政権がやっていることは、ジョージ・W・ブッシュがイラクとの戦争を築いたことと全く同じである。

ネオコンがやった「対テロ戦争」はイラク戦争だけに限らず、何百万人もの一般市民の命を奪った。石油などの資源などのためによその国をいじめる - それは正しいことではない。本当はテロ戦争ではない。テロ*の*戦争である。アメリカが世界中にテロを永続的に起こしているのである。(we are perpetuating terror around the world.) CIAによるイエメン、パレスチナなどへのドローン攻撃などもそれだ。

イスラエルにとって、最も重要な戦略的目標は、中東全域を支配することである。
イラクはイスラエルに反対していた、大きな邪魔者であった(big dog on the block)。それを取り去った今、次の大きな邪魔者はイランである。
よって、今行われているすべてのことは、イランの破壊のためである。

完全に破壊したいわけではない。なぜなら、アメリカはイランの石油がほしいからだ。
しかし、イランの政権交代は確実にトランプのアジェンダである。

トランプのアジェンダとはすなわち、イスラエルのアジェンダである。

トランプがこれまでやってきたことは、イランとの戦争を促進するための下積みだった。トランプがエルサレムをイスラエルの首都として認識するとしたことも、その一環である。突然思いついたわけではない。

クリントン政権のときから、アメリカ政府は「エルサレムをイスラエルの首都に」を半年おきにやっている。ではなぜトランプが今のタイミングでそれをやるか?

ラスベガスのシェルドン・アデルソン(イスラエル人)などのビリオネアがトランプのために大統領選挙を”買った”のをご存じだよね。

もちろん私(Jakeさん)は、国民がトランプに投票しなかったと言っているのではないが、トランプ陣営へのキャンペーン資金は、ベガスの大富豪、アデルソンから来ていた。

トランプがベガスに行って誰と最初に会ったか知ってる?
ロンバード保安官ではない。アデルソンとその妻だったんだよ。
ご自身でこれが何を意味するのか考えてね。
Make of that what you will.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ジェイクさんの話はもっと続きますが、この辺で切ります。


もう1度、アメリカ政府が自国民に対する戦争を仕掛けた、ラスベガスの悲惨な大量殺戮事件について振り返ってみます。

<参考>
アデルソンがベガスの殺戮事件に関与したとの推量
TyrannyUnmaskedさんの動画より:
2017/10/8の記事

さらに今日は、Edifying OthersさんというYouTuberの別の動画を一部だけ紹介します。2017年10月の事件直後のビデオです。


The Trump Las Vegas False Flag Masonic Mafia Connection, Because You Can Handle The Truth!


Published on Oct 5, 2017

トランプ大統領がグローバリストの一味であることは、否定しようがない。
彼はグローバリスト/フリーメーソンのアジェンダの一部だ。

ラスベガスのFalse Flagの後、トランプ大統領が何をしたか?
「生存者を慰め、警察を労い、感謝の言葉を述べた。」
イメージ 8



なぜ警察に礼を言っているかというと、ラスベガス警察が、表に出てきて(カムアウトして)真実を話さないことに対してだ。警官たちは、お金をもらった連邦政府のエージェントである。

メーソンが何をやるか覚えてる?これはクラシックなシナリオだ。
イメージ 9


まさにFalse Flagをやっている人自身が出てきて、みんなを慰めるふりをしはじめる。

そして「アメリカは喪に服しており(under mourning)、我々は分断されない(we will not be divided)」などとうわべだけの偽善の言葉を言い始める。

彼ら自身がこの偽旗事件の背後にいる。
And they are the ones behind the false flag.
イメージ 10


このブッシュの写真を見てほしい。911の犯人はブッシュとチェイニーだった。

そして、人を騙すこととメーソン式嘘つき(deception and Masonic lying)の訓練を受けているこの偽善者たちは、自分たちの邪悪さの洞窟の中から出てきて、人々の目の前で、嘘や詐欺の見せかけをやるのである

トランプは今(2017年10月現在)、これと全く同じことをしている。

ロイターの記事:
「アメリカは喪に服している国」とトランプはラスベガスで述べた。
イメージ 11


トランプが今、出てきて、「生存者」の人々と会う。
この「生存者」たちも、政府に金をもらったアクターだろう。
イメージ 12


警察と一緒に立って結束を見せるトランプ。

イメージ 13

この警察官たちは、実際に何が起きているのかに関する真の事実を隠蔽している。

これらの警察官は、中央銀行の詐欺師たちのために働く、お金をもらったマインドコントロールされた奴隷の工作員(paid, mind-controlled slave shills for central banking frauds)たちだ。

詐欺とマインドコントロールを継続するための。
イメージ 14


彼らが気にかけることといえば、自分に仕事があり、お腹に食べ物を満たすことだけだ。国民の税金で国民を騙しながら。(all they care about is making sure they have a job, feeding their bellies at your expense of deceiving you)
ここにいる人々は全員、メーソンの代理人だ。
all these Masonic proxies here.

イメージ 15


この男(↑写真中央)(ロンバード保安官)も、以前に立証したとおり、メーソンだ。
ラスベガスのメーソンでない限り、保安官になれるわけがない。

理解することが重要なのは、マンダレイベイホテルと、Luxor Casinoホテル ー 巨大な入門儀式の寺だ(a giant initiation temple)ー は、トランプ インターナショナルホテル ラスベガスのすぐ近くにあるということだ。
 
イメージ 1


メソニック(メーソンの)メディアが自分で言うには - 彼らは出てきて自分で丸出しにしないと気が済まないからね - 、シェルドン・アデルソンは、ラスベガスの惨事の後にトランプと会った。

イメージ 2

イメージ 3

こちらの記事は、「カジノ王アデルソンがラスベガスの射撃事件の後にトランプと会ったのは、元々予定されていた会議だったが、そこで被害者に対する対応も話し合った」と言っている。

イメージ 4

マンダレイベイホテルのCEO、ジェームス・マレンは、トランプ政権の一員である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これ以上は、昨年カバーしたとおりなので省略します。
(ラスベガス偽旗事件については、2017年の10月に記事を多々発行していますのでご参照ください。)

詳しく見ていませんが、アメリカ政府は、ラスベガスの調査報告は2018年の10月まで公表しないということになったようです

国民を殺戮して、証拠を隠滅し、被害者をぶっ殺しまくっているシオニスト政府です。

それが今、「イランの人々の自由とジンケンを暴君イラン政府から守りたい」そうです。(棒)

「解放」「自由化」とはこれを意味する:

ちなみに、ロンバード保安官の後ろで、間違ったことを言えば殺しそうなFBIがにらんでいますが...




これは、やらせ事件の時のメーソンのやり口のようです。

2001年9月11日の偽旗事件の時も、TVでインタビューに答えたクライシスアクターの後ろに、ごっついエージェントの男性が見張っており、正しくセリフを読まなければ殺しそうな様子をしています。

レッスン1:ひどいセリフをしゃべるクライシスアクターの背後に、ちゃんとセリフを言わなければ殺しそうなハンドラーが立っていれば、その事件は自演である。

また、クライシスアクターは、フリーメーソンのハンドサインを出して犯行声明をする習慣があります。このアクターは666シンボルを出しています。

レッスン2:常に悪魔の666サインを出してないか確認してください。出していればその事件は政府による自作自演です。


フリーメーソン、ローマカソリック、ローマ法王、イエズス会。
これが世界のあらゆるテロや虐待の犯人である。



仲間のくせに仲が悪いふりをしてみたり、お芝居が下手なアクターですね。
現ローマ法王は、アルゼンチンの汚い戦争(Dirty war)で、女性子供を大量レイプ虐殺した極悪人です。

トニー・ポデスタのアートからも、悪魔教の子供レイプの察し。


SRA(Satanic Ritual Abuse: 悪魔儀式虐待)の被害者のツイッターアカウントがありました。
「私がオカルト儀式虐待でヒラリーに遭遇したとき(※レイプされたことが示唆される)、たった8歳でした。今36歳ですが、記憶が消えることはありません。だから、同じサバイバーとして(ビル クリントンのレイプ被害者に)、わかります、あなたを信じます、あなたと一緒に立ち上がります。」


=>「ピザゲートは陰謀論」と言った津田大介はクリントン系工作員なんだね。
それこそ被害者の証言を聞くこともなく真っ向から否定していた。
それが、「詩織さん」をマウスピースに言論弾圧、1984の世界を推進、ふざけるな。
「誰も私を訴えてません。私は真実を言っているので。彼らは私を(名誉毀損で)訴えることはできません」


アメリカでさえもこうなのに、真実にマジ切れして恫喝訴訟する朝鮮人って最低ですね。朝鮮人に弁護士にならせるの、injusticeですからやめてください。


証言者も多々いることだし、もはやフリーメーソンの悪魔儀式虐待やピザゲートは、否定するのは難しいのではないでしょうか?

ただし、この女性はトランプ支持者であり、「ホロコースト否定者」を「レイプ否定者」と並べて非難していたので、アルトライト(NWO推進シオニスト)工作員かもしれません。ただし、彼女はメーソンのシンボルなどもわかりやすく暴露していたので、彼女が子供レイプを糾弾している気持ちは本物だと思います。



「ソーシャルメディアが人々を分断させる」(自分の悪事を暴かれたり、NWOの邪魔されるのが嫌なので言論弾圧しよう)と言っているオバマが666ハンドサイン。



こんな新年やだっ!😱(襲われてるのはアラン・ソラルのサイト)


ヒューマンライツナウのツイッターアカウントを覗くと、METOOプロパガンダとヘイト法を推進していた。どちらも目的は言論弾圧&1984の世界(=NWO)だから、ものすごい弾圧の決意と執念が感じられる。


イメージ 5


#METOO ムーブメントが起き =>「CIAが起こし」の間違い。

ああそうですねぇ誰しもDVをビッグブラザーに訴えるようになり、国民全体を言論弾圧できると、支配層はより容易にNWOを推進できますねぇ伊藤和子様。

ところでなぜCIA/メーソンに儀式拷問されている子供たちには明確に触れないんすか?#PIZZAGATEISREAL  運動もやっていただけないでしょうか。(棒


あら、失礼しました。女子供をレイプ殺戮しまくるローマ法王  の支持者でしたか。じゃあ METOO は本当の悪魔儀式虐待やアメリカ政府の対イラン侵略からの目逸らし&1984の世界のような言論弾圧への誘導が本意だったんですね。#FightTogetherWithうっふんあっはん。

このハンドサインは、デビルホーンもどきでしょうか?



伊藤和子さんは↑のように、

♬あたしはレイプされて勇気出して立ち上がった&日本を変えたいうっふんあっはん♬さん

と望月いそ子のインタビューについてツイートしていました。
詐欺をやっても堂々と闊歩できる貴族おパヨク様
ですね。



ソロス金のジンケン剥奪屋が、もし本当に反トランプならば、今イランに人工芝カラー革命を起こしたトランプ政権を非難するポーズで叩くこともできる。しかし、ロヒンギャ(CIA作戦)には触れ、イラン侵略(CIA作戦)にはガン無視。本当はトランプもキラリーも同じものであることがわかる。右翼も左翼もまやかしであることがこれほどあらわになることはない。ねぇ安倍フェローのしばき隊さん。


↑のネオコン戦争屋ヒューマンライツウォッチの夫はこれ↓。

イメージ 7


「弱者のために戦う」という心にもない嘘を平気で言う人が、「表現の自由の戦士を心から嫌う」という時だけ正直なんですね。

#metoo フェイクニュースを世界のソロスメディアに発信できるほどの政府側権力者。その腐敗を暴いたら一般人に恫喝裁判起こす権力の乱用が、朝鮮スパイ用語では「社会弱者」に変換されるらしい。

権力のために真逆の嘘をつくなどお手の物 #nwo 
というか、この二枚舌がシオニズムの手口である。

神原元の「弱者がー」のセリフ、他にもどっかで聞いたセリフだと思ったらこれでした。
2014年、婚約者が生放送中に「白人を憎悪する黒人」に射殺されたというチンケなHOAXを演じたクライシスアクター/メーソンの駒、クリス・ハースト、議員になり、こう述べた:

”We are going to speak out against injustice, we are going to fight for the most vulnerable among us" 
「不正義に物申し、社会の中で最も弱い者のために闘う」


実際にはこの真逆が真である。
メーソンという権力者が、最も脆弱な国民の人権を剥奪し、奴隷にするために一生懸命働く。それがNWOアジェンダである。
ハースト氏は、彼の過去のやらせを暴いたYouTuberをFlagして、凍結に追い込んだ。自分の詐欺の過去を知っている人がいては困るからね。

菊池さんの言葉で締めくくりたいと思います。

国連総長が「「人権の恐ろしい侵害があり、ナショナリズムと外国人嫌いが勢いを増した」と世界情勢を憂い、「それらを解決する方法は、団結して共に取り組むことだけだ」」の述べた由。ソフトな言い方をしているが、これが「大戦から世界統一へ」という弁証法戦略である。

イメージ 6

日本的「和」と「ワンワールド」の根本的違い。前者は①互いに異なるという前提(一つにする必要などない)。②互いに凡人であるという謙虚な発想が前提。後者は①「一つにしなくてはならない」という脅迫観念が前提。②自信過剰な「知的エリート」が設計図通りに「世界秩序」を作るという傲慢な発想。


海外から来る不当な干渉から「和」を防護する働きは国史上では主に武士が担った。武士の「武」は「矛を止める」と書くとの説は俗説とも言われるが、良い解釈だとは思う。好戦的な者は真の武士に非ず。陰謀追及は武器を用いる戦いそのものを防止する為の闘いである。世界戦争の阻止。戦わない為に闘う。

このシステムは絶対に変わらないのだから、すべて無駄になるのかもしれません。
が、できることは「晒す、暴く」こと以外にない。
多くの調査者が、生計を立てる仕事以外の時間と労力を使ってがんばっているのは、そういう思いからだと思います。



<転載終了>