Stop the New World Order by Nさんのサイトより
https://blogs.yahoo.co.jp/sayonarakkk_0627/34904503.html
<転載開始>

以下の動画の要約をお届けします。
このユダヤ人を朝鮮人やその他の民族におきかえれば、我々の不公正、不正義、腐敗した司法システムに全く当てはまると思ったからです。
なぜ日本人は自分の税金で、侵略者に人権を脅かされ、弾圧、抑圧されなければならないのか。憤りを感じます。

民族だけを理由に彼らが我々より優越であり、支配する
これは法の下の平等に反するレイシズムだ。しかし、なぜか彼ら側がいつも「レイシズムを糾弾する」と叫んでいる。これぞユダヤのやり方だ。騙されてはならない。

理不尽なヤクザ支配の下に、憲法などあっても亡き者にされている。
そんなふざけた司法制度によって、なぜ我々が真面目に裁かれなければならないのか。

では、以下はCall for an Uprisingさんの言葉の一部です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ABOVE THE LAW....

Published on Jan 3, 2018

ブルックリンのラビ(宗教指導者)が、十代の子供たちを性的に暴行して懲役たったの60日。
マリクは33歳。爆笑  ※33はメーソンの最高位であるために重要な数字。

イメージ 3


被害者は公の前に出てきて証言することを非常に嫌がったので、司法取引が行われた。

これが、彼ら偽のユダヤ人がやることだ。
被害者に恐怖を与え、怖がらせる。恫喝し、脅して、出てこれないようにする。
辱め、恥ずかしがらせる。その子たちは、誰にも知られたくない。からかわれたくない。話すのは心地悪い。

マリクはこれまでの28件の犯罪を犯したが、恥じらいもなく、未成年たちが「自分を誘惑した」せいにした。何の冗談だ?子供たちがこの奇妙な外見のシオニストのキモ男を誘惑しただと?

イメージ 4

被害者の年齢は13~16歳の少年たち。
ラビはモテルの中で、この子たち全員の体をまさぐったとして告発された。
うち2人に、オーラルセックスを強要した。
また、1人の少年は、墓地の近くで、複数の機会において、彼の車の中でオーラルセックスをやらされた。
マリクは過去にも、子供をおびき寄せては性的に虐待した”トラックレコード”があった。13歳に、無理矢理オーラルセックスをやらせた。実質的にレイプだ。

覚えておいてほしい。彼は「神父」だ。神父はシークレットソサエティ(秘密結社)の一部であることを。このラビは、本当のユダヤ人ではないのにユダヤ人のふりをしている。

ユダヤのテンプル(寺)、サタンのシナゴーグでは、以下のようなことを称賛し、奨励しているのだ。そして、こういったことをやっても逃げられるように、Anti-Semitismをフロントとして使う。彼らの本の教義を非難したら「反ユダヤ主義!/ユダヤ差別!」と言えばよい。「反ユダヤ!」という言葉は、自分達のやってることを非難されないためのフロントなんだよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージ 1
  • 子供を虐待するのはOK
  • 女性をレイプするのはOK
  • 白人を殺すのはOK
  • 白人を奴隷にするのはOK
  • お金を盗むのはOK
  • 新生児の赤ちゃんをレイプするのはOK
  • 赤ちゃんの背骨を折るのはOK
  • 子供を殺害するのはOK
  • 土地を盗むのはOK
イメージ 2

  • ジーザス(イエス)は地獄で熱い糞の中で煮られる。
  • ジーザス(イエス)の母、メアリー(マリア)は売春婦であり、大工と売春遊びをしていた。
  • クライスト(キリスト)は魔術を施し、イスラエルに背信するよう誘惑した。
  • ユダヤ人はクリスチャン(キリスト教徒)の本、すなわち「新約聖書」を破壊しなければならない。
  • ユダヤ人は子供が9歳以下ならば、子供とセックスしてもよい。
  • 成人した男が小さな少女と性交しても、それは何でもない。
  • 野獣と性交した女は、ユダヤ教の神父と結婚する資格がある。悪魔と結婚した女も、ユダヤ教の神父と結婚する資格がある。
  • キリスト教徒(ユダヤ人以外、異教徒人、ゴイgoy)の子供は動物である。
  • ユダヤ人は、キリスト教徒を出し抜くために、嘘(逃げ口上)を用いてもよい。
  • ユダヤ人がキリスト教徒を殺しても、死刑はない。ユダヤ人はキリスト教徒から物を盗んでも、その物を持っておいてよい。
これはほんの一部だ。本当はこれだけではない。もっともっとある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「イエス様はユダヤ人だったんだぞ」と言って、私(Call for an Uprisingさん)のことをユダヤ差別者と非難してくる視聴者がいるが、そんな人は何もわかっていない。見当もついちゃいないんだ。

聖書は「偽のユダヤ人」とその教えについて警告していた。それはバビロンの時代(
古代メソポタミア)に遡る。彼らはこんな気持ち悪いことを「神秘宗教」と呼んでいる。子供を誘惑し、性的に虐待することを!

人は税金を払わなかっただけでも、故意でなく数字を間違えて脱税しただけでも牢屋に何年も入れられる。人に唾を吐いただけでも懲役2年だ!

このラビは1回だけではない、何度も罪を犯してきた。
たとえ1回でも、このような未成年虐待は、終身刑にはならなくとも、長い間牢屋に入るべき犯罪だ。

子供の性虐待、ペドフィリア、性的暴行だぞ。
なのにたった60日!バケーションじゃないか。60日の刑期が終わったら、またこの男はシャバを闊歩するんだ!
マリクは、恥じることなく、被害者が自分を誘惑したから悪いと被害者を責めた!

この話がDaily Newsに出てきただけでも私は驚いている。
どういう理由で報道したのか知らないが。

奴らはわざと見せびらかして(rubbing it in our faces)、我々を嘲笑(mock)しているのだろう。
彼らはこんなことをやっても逃げられて、誰も「BOO!」と文句を言わないから。

司法システムは、我々ではなく、彼ら(ユダヤ主義者、サタニスト、フリーメーソン)を守るようにできている。

誰しもこれに胸がむかつくほど憤慨すべきだ!冗談じゃないよ!

This legal system is corrupt as it gets.
It's been set up and created to protect them, not to protect us.
It should make everyone out there sick to their stomach.
Give me a break!

<終わり>


<転載終了>