強健ラボさんのサイトより
http://maron49.com/1150
<転載開始>

ミトコンドリアとソマチットは、生き物の原点

 

ミトコンドリアの活性化こそ健康の鍵、それは、マイナス電子を与えることと述べてきましたが、ミトコンドリアに水素電子を供給している「ソマチット」という生命体があり、それについてのお話しです。

 

ソマチットとは、血液内に生息していてミトコンドリアと二人三脚、私達の生命を支えてくれる最重要生命体です。

ソマチットとは、地球上最古の原始生物です。

今なお化石の内部で生き続け、地球上のすべての鉱物や動植物に共生し宿主の生命活動の原動力となっています。

極微小の古代生命体であるソマチットは、30億年前、当時地球上にあった元素の内、水素電子をエネルギー源として活動しました。

 

驚くことに通常環境では不死であって、何十億年も死なない生命体なのです。

細菌やウィルスとは別の生命体になります。

ソマチットのエネルギー源は水素電子です。

水素電子を受け取り活性化したソマチットが、その電子をミトコンドリアに運ぶ、というプロセスによって、すべての細胞の活性化を行っていると考えられます。

私達が森林やマイナスイオンの多いところへ行くとリフレッシュできるのは、体内のソマチットが喜んでいるのです。

活性化したソマチットが、水素電子をミトコンドリアに運ぶ、そしてミトコンドリアは、ATPエネルギーを作り、全身の細胞にATPエネルギーを供給することですべての細胞の活性化を行っているのです。

細胞が活性化すると免疫力もアップします。つまり、免疫力のアップは、ソマチットが仲介していることになるのです。

ソマチッドは細胞外で、エネルギーを得て細胞内に入り、ミトコンドリアに起動力を与えているのです。

ソマチッドの電子→ミトコンドリアはATPエネルギーを細胞へ供給するということになります。

 

ソマチットは、非常に高い知性を持っています

 

塩酸や硫酸をかけても自ら殻をつくって身を守り、あらゆる生物が死に絶えるレベルの「放射線」を照射しても生き続けるという驚異的な生命力をもった生命体です。

そして、ソマチットは-30度や+1000度の環境の中でも生き続け、酸素がなくても決して死ぬことはありません。

さらに、ソマチットは「意識ある生命体」と言われ、人間が明るくポジティブな気持ちで生活していると元気に活動します。

 

ガン患者の場合、血液中にソマチットが全く存在しません。

非常に奇妙な血液なのです。

殆ど全部のソマチットがどこかへ行ってしまったのです。

体内のソマチットは体内環境が悪くなって逃げ出す時に、まず最初に尿を通じて外へ出ていくようです。

また、癌やその治療に伴う薬の投与などにより人体の環境が悪くなると、体内に残っているソマチットも硬い殻に閉じこもっています。

そうするとソマチットが本来持っている人体への治癒能力が作用しません。

殻に入ったソマチットを誘い出すには・・・

水素濃度の高いマイナスイオン水で劇的に活性が変化するのです。

体の中にマイナスイオンを発生させる方法としては、まずマイナスイオンを非常に多く含んだ水を飲むことです。

そしてマイナスイオンを吸うこと。

すると体内のソマチットが元気になります。

スペースシャトルは水素と酸素を爆発的に反応させています。

これに対し、ミトコンドリアは36度という穏和な条件で水素と酸素を反応させてエネルギーを発電しているのです。

つまり、細胞のガソリンにあたるATPというエネルギー物質を発電しているのですから、そんなに進んだ精密機械よりも優れた働きをしているのです。

 

 

ソマチットのエネルギー源は電子です

 

電子を受け取って活性化したソマチットが、その電子をミトコンドリアに運ぶプロセスによって、すべての細胞の活性化を行っていると考えられます。

ミトコンドリアに水素を供給しスイッチを入れているのは、ソマチッドと言うことに成ります。

ソマチットやミトコンドリアの活性化、つまり、マイナスイオンを発生させる微量ミネラルは大きく必要です。

ミネラルが不足すれば、それを触媒として活動する酵素や遺伝子の働きも悪くなり、ミトコンドリア、細胞、肉体全ての免疫力低下が引き起こされます。

このソマチッドが、不食の人のエネルギー源であるとする説があります。

不食の人は食べないのですから、食物によるエネルギーを摂取することができません。

そこで太陽光を浴びることによってソマチッドからエネルギーを得ているという説があります。

 

実は、動物のエネルギー系には4段階あるといわれているのです。

①酸化系(酸化による熱エネルギー。従来の栄養学)

②解糖系(糖分の分解エネルギー。酸素を必要としない)

③核反応系(核変換エネルギー。生体内元素転換による。例:カリウム40
→ カルシウム)

④太陽系(光合成エネルギー。生命小体ソマチットが光で増殖)「人体の経絡(けいらく)に太陽エネルギーが吸収されると、生命小体ソマチットが増殖し、それが赤血球から体細胞に変化する」(森下敬一博士)

 

体内のソマチッドが太陽のエネルギーを生命エネルギーに変換して身体を活性化している可能性として、太陽を浴びるだけで全く食べない人がいますが、まさにこのエネルギーを利用しているのでしょう。

これまで述べてきました、卵醤、野菜スープ、自然海塩などはミネラル補給、オルゴナイト、還元水素水は、マイナスイオン補給です。

太陽だけが食餌というのは、極端すぎる気がしますが、太陽を浴びる事の本質は、ソマチットの活性でしょうから、ジャンジャン浴びたほうがいいですね。

 

一方、化学毒の塊である日焼け止めクリームを塗りまくる若者達、なんとも上手く誘導された感があります。

体の酸化というのは、マイナスイオンを奪うと言うことですから、薬剤により酸化させてしまう現代医療は、ソマチット、ミトコンドリアの存在を全く無視したものです。

健康に王道が有るとするならば、ソマチット、ミトコンドリアを飛躍的に活性させる方法ですね。

 

<転載終了>