日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020821.html
<転載開始>
レプティリアン・イルミナティについての面白い記事です。レプティリアン種族についてここまで研究した研究家が世界にはいるようです。デービッド・アイクもその一人でしょう。
かなり長い記事ですが、何とか訳してみました。途中、分かりにくい個所があるかと思いますが。。ご了承ください。
日本のイルミナティ(皇室)についても言及していますが、欧米イルミナティ(ほとんどがハザールマフィア)の皇室破壊の一環として現在の皇室は朝鮮族の血が混ぜられてしまいました。。。丁度、欧米イルミナティがアメリカの先住民を消滅させるのと同じように。。。

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2018/01/john-carpenters-reptilians-2584716.html?currentSplittedPage=1
(概要)
1月12日付け

レプティリアンに関する研究で非常に有名な研究家(ジョン・カーペンター氏)によると:


地球を支配しているイルミナティのリーダーはPindar(ピンダー)と呼ばれています。

ピンダーはイルミナティの上層部(13血統)のメンバーであり必ず男性が指名されます。
ピンダーとはドラコ(ドラゴン)のトップ或はドラゴンのペニスという意味です。つまりピンダーとは、権力の頂点、支配、創造、浸透、拡大、侵略、恐怖を意味しています。
ピンダーは地球の内部にいる純血種のレプティリアンのリーダーの監督下にあります。


数百年前からピンダーは必ずロスチャイルド家の家長が引き継いできました。

ピンダーはドイツ(フランクフルトの近く)を拠点に活動しています。1970年代後半、ピンダーはモントークプロジェクトの姉妹プロジェクト(M.A.L.D.A.)を監督しました。このプロジェクトはフランスのストラスブール(この街の一部はかつてはドイツ領だった)の近郊で行われていました。

ロングアイランドの東部(モントークポイントからほど近いところ)に世界的に有名で人気の高いワイナリーがありますが、ピンダー・ブドウ園と呼ばれています。
このブドウ園があるニューヨーク州は地球や国連の本拠地に含まれています。また、赤ワインはレプティリアンが飲む血液を象徴しており、レプティリアンのカモであるローマ・カトリック教会は赤ワインを神聖な飲み物として扱っていますが、今後は赤ワインは神聖化される可能性があります。


カトリック教会の儀式では血液の代わりに赤ワインが使われるようになりました。
地球を支配しているイルミナティは、ドラコ(ドラゴン)帝国の制度と同じように、ピラミッド型の支配構造を確立しました。
米ドル紙幣に描かれたレプティリアンの目の付いたピラミッドは彼らの支配構造の象徴です。目がピラミッドの頂点に置かれています。エジプトの大ピラミッドの頂点は純金で覆われています。

ピンダーは、ピラミッドの金のキャップ(蓋)を象徴しています。キャップの下に13血統が並んでいます。


イルミナティの13血統とは:
Rothschild (Bauer or Bower) ロスチャイルド– Pindar
Bruce ブルース
Cavendish (Kennedy)キャバンディッシュ ケネディ
De Medici デメディシ
Hanover ハノーバー
Hapsburg ハプスブルグ
Krupp クルップ
Plantagenet プランタジネット
Rockefeller ロックフェラー
Romanov ロマノフ
Sinclair (St. Clair) シンクレア
Warburg (del Banco) ウォーバーグ デルバンコ
Windsor (Saxe-Coburg-Gothe) ウィンザー(英王室)


13血統は指定された役割を果たすために、其々支配する地域、分野が与えられえています。


彼らの役割とは:
世界金融を支配する
軍事テクノロジー、政府を支配する
マインドコントロールを行う
宗教を支配する
メディアを支配する、です。

13血統には其々枢密院が設けられています(13の枢密院)。


彼らにとって13という数字は重要な意味が含まれています。12種類のエネルギーが10の神の意識を通りぬけることを彼らは知っています。12のエネルギーを統合したものが13番目のエネルギーであり、最強の知識であると考えられています。。

また彼らは星座が12宮ではなく13宮あることを知っています。彼らは何世紀にもわたり13番目の星座を隠してきました。なぜならそれはドラゴンの星座だからです。

彼らは、レプティリアンの考え方のパターンが判明しないように13番目の星座の性質や特徴を隠し続けてきました。


ピラミッドの13血統の下には、ピンダーや13血統の指示で動く副司令官の役割の300家系が並んでいます。13血統のメンバーはみなシェイプシフターです。300家系はシェイプシフターではありませんが、全員がレプティリアンのDNAが濃い人たちです。

この300家系は300人委員会としても知られています。300人委員会のメンバーは以下の家系が含まれます。

Agnelli, Balliol, Beale, Bell, Bouvier, Bush, Cameron, Campbell, Carnegie, Carrington, Coolidge, Delano, Douglas, Ford, Gardner, Graham, Hamilton, Harriman, Heinz, Kuhn, Lindsay, Loeb, Mellon, Montgomery, Morgan, Norman, Oppenheimer, Rhodes, Roosevelt, Russell, Savoy, Schiff, Seton, Spencer, Stewart/Stuart, Taft, and Wilson.

上記以外にも多くの家系が含まれます。


300人委員会は以下にリストした機関を利用しながら与えられた目標を達成しています。

上記以外にも多くの機関を利用しています。これらはみな公共サービス機関のように見えますが実際は民間団体或は法人です。
イルミナティは彼らの目標を達成するために人為的に国を建国します。アメリカ合衆国、スイス、クウェート、ソ連、パナマ、イスラエル、イタリア、ユーゴスラビア、英国、黒人のアフリカ諸国の殆ど、アラブ諸国、中南米諸国はみなイルミナティが人為的に作った国々です。

これらの国々はイルミナティ(支配血統と配下の家系)が富を蓄積し、その富を隠し持ち、国や地域を不安定な状態にさせて戦争を始めた上で軍事予算を増やすという目的のために確保した国々です。


スイスは、イルミナティが戦争や強盗から自分たちの財産や資金を安全に保管することができる中立的な金融センターとして建国されました。

アメリカ合衆国は13の植民地(13の血統が各植民地を所有)として確立されました。アメリカの元々の国旗には13個の星と13本の縞が描かれていました。アメリカ合衆国の象徴であるワシは13本の矢を持っています。
アメリカ合衆国は1604年にイギリスのロスチャイルド家によって創設されたバージニア会社の法人資産なのです。

北米大陸の開拓と開発にはロスチャイルド家の資金が必要でした。バージニア会社の法人資産(アメリカ合衆国、他)はバチカンを介して神聖ローマ帝国が所有しています。


1213年に英国のジェームズ王がイングランドの資産の全てをレプティリアンの法王(イノセント3世)に与えたため、イングランドはバチカン経由で乗っ取られました。執行者の責務は英王族にありましたが、イングランドはその時ローマカトリック教会に譲渡されたのです。

アメリカ大陸とは、実際は、Am=ヘブライ語で人々、Ame=スペイン語、イタリア語の愛すると言う意味、Eri又はari=ヘブライ語でライオン、Rica=スペイン語のRich(富)、Ka=古代エジプト語の肉体の中の魂、霊力と意味します。

アメリカという名称には2つの意味が隠されています。一つは、古代ヘブライ語及びエジプト語を英語に訳したものですが、男性的な「霊力のあるライオンの人々」という意味があります。1ドル紙幣にはピラミッドと全てを見通す目が描かれています。
もう一つはラテン語で女性的で物理的な面での「富を愛する」という意味です。これにより彼らが何を考えているかが分かります。

アメリカという名称は2つの意味(女性的なラテンのワシ及び男性的なヘブライのライオン)が交じり合っています。
アメリカはレムリア(人間)とアトランティス(レプティリアンとドラコ(ドラゴン)のLyraeリラエ?)の組み合わせを象徴しています。
イルミナティが作り出した麻薬(LSD)にも隠れた意味があります。それは・・・Lyrae・Sirius・Dracoです。

これらの3つの文明を組み合わせることで史上最強のテクノロジー帝国を生み出すことができます。


1776年にアメリカ合衆国が独立しました。同じ年に、ババリアではイルミナティという組織がイルミナティのメンバーだったAdam Weishauptによって正式に発足しました。

Weishauptは、人間を向上させるであろうヨーロッパのエリート層で構成される組織を作りたかったように見えましたが、実際は、イルミナティによる世界的式典の一環でした。アメリカ合衆国の建国とイルミナティの世界的式典が同時に行われました。


アメリカ合衆国を建国することで大衆がイルミナティを支持するようになることを目指していました。
現在のイルミナティのメンバーたちは、Weishauptとジョージ・ワシントンが酷似していると言っています。1ドル紙幣に描かれた人物は実際は、Weishauptなのです。
ジョージ・ワシントンは裕福な奴隷でありプランテーションの所有者だったのです。ジョージ・ワシントンは数人の女性の奴隷を強姦し男性の奴隷を儀式に使ったと言われています。

アメリカの黒人の多くがジョージ・ワシントンの子孫である可能性が高いのです。また、ジョージ・ワシントンは1796年にモントーク灯台の建設を命令しました。 


イギリスが海岸線からアメリカを侵略することを想定して灯台の地下には資材庫が造られました。


イルミナティの13血統は常に支配権を巡って争っています。
当時、スペイン、イギリス、フランスのイルミナティが南米北米の支配権を巡り争っていました。
ロスチャイルド家は、その状況を監視するために雇い兵(悪党)を送り込みイルミナティの派閥を統制していました。

イルミナティのリーダーたちは戦争ゲームを行わせて誰が勝利するかを考えながら楽しんでいました。彼らは何千人もの人々が命を落としてもなんとも思いませんでした。
イルミナティはアメリカ合衆国の先住民を使いながらアーリア人の領土を拡大するためのマニフェストを実行しました。イルミナティは常に先住民や先住民の文化を破壊してきました。神の意識を知る彼らを破壊することで神についての情報拡散を防ごうとしていました。特に、古代のアトランティスとリラエに関する知識を持つ先住民の文化を消滅させる必要があったのです。


イルミナティにとって最も厄介な存在は、アトランティスの知識を最も多く持っていたチェロキーインディアンでした。彼らは熊人間やビッグフットについての情報も持っていました。そのためイルミナティは強制的に彼らを故郷のアパラチア山脈の南部から追いやりオクラホマまで徒歩で移動させました。この歴史的出来事は涙のトレイルとして記憶に残されています。移動中に多くの人たち(チェロキーインディアン)が亡くなりました。生存者はノースカロライナ、テネシー、ジョージアに留まりました。イロコイ・インディアンやモホークの巨大部族が解体されました。アトランティス人の直系子孫であり、部族長をファラオと呼んでいたモホーク族はイルミナティによって系統的に淘汰されてしまいました。


ロスチャイルド家は積極的に奴隷貿易に関わっていました。そしてアフリカから大量の奴隷を北南米やカリブ諸島へ連れてきました。



ただしソロモンの子孫がいるエチオピアやスーダンの東部では奴隷貿易を行わず、西アフリカや中央アフリカから大量の奴隷を連れてきたのです。

これらの地域にはアンヌンナキと猿の純混血種がおり、彼らはイルミナティのアジェンダに合うようにプログラミングされていたのです。

ロスチャイルド家はアメリカ合衆国(領土)を分裂させることで利益を2倍に増やすことができると考えました。そのためアメリカで内戦を起こし、その資金を提供したのです。アメリカの内戦は、奴隷を操る世界的儀式だったのです。
この戦争で北部が勝利し、奴隷制度を正式に廃止しました。最良の奴隷とは自分たちが奴隷だと気が付いておらずあまり抵抗感がない奴隷です。南部ではまだ奴隷制度がありました。北部では奴隷に対する人種差別がありました。

イルミナティは今でも黒人を二流、三流の市民として扱っています。

現在、奴隷制度は地下に潜ってしまいましたが。

イルミナティは、分裂と征服のテクニックを用いて庶民(イルミナティは庶民をユースレスイーター=無駄に食べるだけの役立たず人間と考えている)を決して団結させないようにしてきました。
しかし肝に銘じておくべきことは、ピラミッドの底辺(庶民)が団結すれば、ピラミッドの上部は崩壊するということです。

アメリカの内戦後、イルミナティはグローバリゼーションのトレンドを定着させるために数々の偽旗戦争を起こしました。
1898年~1899年のアメリカ・スペイン戦争により、アメリカのイルミナティはアメリカの権限で世界の領土を拡大しました。


第一次世界大戦の目的は、細菌を使った生物兵器と化学兵器の実験を行うためと、ヨーロッパの地図を変えるためでした。同時に、世界人口を削減することで世界を支配しやすくするためにインフルエンザ・ウイルスを世界中に拡散させました。またこの戦争は、次の戦争でドイツが役割を果たすための土台を築きました。


第二次世界大戦はグローバリゼーションと人類絶滅プロジェクトの最終実験を目的としていました。またこの戦争には以下の目的も含まれていました。

  • マインドコントロールの実験

  • 脳の活動と、権力への抵抗を緩和する

  • 奴隷労働キャンプで実験を行い耐性発現について研究する

  • 市民同士をスパイさせ相手の行動を通報させる

第二次世界大戦により以下の通りイルミナティの3つの主な目的が達成されました。

  • スワスチカ(卍)やアンク(エジプトの十字架)など、チベットやエジプトの地下要塞に隠されていたイルミナティの秘密の象徴が公開された。

  • 新世界宗教の創設国としてイスラエルが建国された。

  • イルミナティの世界的儀式の一環として核兵器が製造された。

第二次世界大戦中にドイツは、エリート同士で情報伝達を行う手段として性奴隷制度の完成を促した。性奴隷には男女共に含まれており、彼らはヴェルヘルム・ライヒ手順の通りに性的にプログラミングされました。性奴隷はアメリカ合衆国では違法でしたがイルミナティと米政府によって使用されました。

性奴隷はメッセージを発信しながらプログラミングされた覚醒していない人々と歩調を合わせています。


性奴隷は、様々な性的行為と麻薬によってメッセージや機能がダウンロードされています。彼らは対象者と同じように性的行為を繰り返すことでプログラミングが作動します。彼らは対象者が発する言葉や行為によりプログラミングを作動、削除、変化させることができるように訓練されています。

近年、世界の政界大物たちの性奴隷だったと名乗り出た女性たちがいますが、これらの性奴隷の多くが性奴隷の中心的な存在として初期のプログラミングを受けていたのです。

性奴隷の多くがハイレベルなイルミナティの男たち同士の情報を伝達する役割を与えられました。政界大物のそっくりさんたちは性奴隷の中心的存在として初期のプログラミングを受けました。
性奴隷は性に対して鈍感になるようにマインドコントロールされたため性行為を楽しむことはありませんでした。彼らにとって性行為はあくまでも義務的なものでした。彼らは対象者(本物の政界大物)に似た人たちと何度も性的行為を繰り返したため性的にかなり乱れてしまいました。悲しい人生です。

第二次世界大戦が終わるころにはイルミナティの3つの世界的儀式のうちの1つが達成されました。

それは1945年に日本に核爆弾を投下したことです。日本を核攻撃するための実験として北緯?33度で核爆弾を投下しました。これは物質やエネルギーの創造と破壊を同時に行ったことを象徴するものでした。


1945年は象徴的な年になりました。。数例術では、1 + 9 = 10であり10は神の意識を意味しています。10は1 + 0 = 1となり、1は物事の始まりを意味します。また、45は4 + 5 = 9となり、周期の終わりを意味します。つまり全ての出来事の周期が終わることを意味しており、破壊から新たな神の意識を生み出すことで新たな時代が始まることを意味します。

また、何等かの原料が入ったシリンダーについて政府は何も説明していませんが、それが核実験に使用されたのです。シリンダーはスチール製であり、これはカバラのゴエムの創造のための物理的次元と同じであると言われていました。

カバラは、何千年もの間イルミナティにとって不可欠な古代ヘブライの形而上学です。ゴエムは人工的に作られえた生命体であり、奴隷として使われています。つまり第二次世界大戦はゴエムの社会を作り上げるための象徴的儀式だったのではないでしょうか。

さらに、第二次世界大戦で欧米のイルミナティは日本のイルミナティの世界支配という欲望を打ち砕きました。昭和天皇下の日本の皇族は常にイルミナティの13血統から仲間外れにされていました。日本人(皇族)は、自分たちはレムリアの純血レプティリアンの子孫であると主張しています。



欧米イルミナティは、日本のイルミナティをドラコ(ドラゴン)階層の低級種族の子孫であると言っています。
低級種族は労働者階級であり政治的権力も影響力もないと考えられています。

また、欧米イルミナティは東インド人(アメリカの先住民)もまたドラコ階層の低級種族であると言っています。

イルミナティ13階級の血統は、肌が白く髪の毛の色が明るいことがエリートの特徴であると考えています。

1994年1月17日に日本はカリフォルニアに地震を発生させました。その1年後の同日に阪神大震災が起きました。神戸には日本の電磁兵器のセンターの本部があります。欧米イルミナティはわき腹に刺さった棘に我慢ができません。今後も彼らは日本や日本の皇族に対する破壊工作を続けるでしょう。


毎年イルミナティは会議を開き、数千年前に計画された世界を独裁支配するための主目的を達成するためにどのようなことをするかについて協議しています。

1850年代に、イルミナティはプラン2000というアジェンダを基に、何年に世界を独裁支配するかを正確に提示しました。それは2003年でした。しかし2003年以降、計画が変更されました。
2000年のジョージWブッシュの選挙失敗により、彼らが標的になっていることが分かりました。2000年の大統領選の経験からアメリカの有権者は誰にも投票していないということが分かりました。
最近ではイルミナティは自分たちの計画を隠し続けるのが非常に難しくなっています。


<転載終了>