日本の真心が目覚めましたさんのサイトより
http://nihonmagokoro.blog.fc2.com/blog-entry-172.html
<転載開始>
2010年に大地震に見舞われたハイチ。大地震に付け込んで犯罪を行う不埒な輩はつきものですよね。しかし、アメリカと言うのは非常に嘆かわしい国であり、それを政府高官が国連とも連携して行っていたことが表面化しているのです。

Haiti_official.png

当時、アメリカ国務長官であったヒラリー・クリントンのハイチにおける犯罪の数々を法廷で証言する予定だったハイチの元政府高官、クラウス・イーバーワイン氏(Klaus Eberwein)が2017年7月11日に死体で発見されました。同氏は、ハイチの前大統領の経済開発省(FAES)の責任者であった人物です。
マイアミヘラルド紙の記事:
http://www.miamiherald.com/news/nation-world/world/americas/haiti/article160983614.html

Daily_mail_haiti.png

アメリカで、クリントン夫妻がらみの不審死の数は、50名以上とも200名以上とも言われており、訴訟が起きると、証人になる予定だった人物が不審死するということが立て続けに起きてきました。トランプ大統領が当選した際の合言葉は、「ヒラリーを牢屋に入れろ」でしたが、証人が立て続けに死ぬので、まだ実現していないのが現状です。

民主党選挙対策委員会スタッフで、元国連職員のジョン・アッシュ氏も、ヒラリー・クリントンに関する証言をさせられる直前に変死しました。



ハイチに起きたことというのは、非常に痛ましいですが、弱体化した国の資源を骨の髄までしゃぶり尽くそうとする悪魔のグローバリスト勢力のやり口が全て凝縮されている感があります。(まあ、日本は戦後にアメリカ主導のGHQに似たようなことされてきましたが…。)

米フィラデルフィアで大統領選の際に反ヒラリー集会を開いたジョセフ・マシュー氏の言葉を聞くと、ハイチに何が起きたのかが分かります。

明らかに敵対する勢力というのは、こちらも気をつけますから自衛することができますが、クリントンは、私たちハイチ人の友だちのフリをしていましたが、実際は私たちの国を破壊していたのです。

(クリントン財団は、ハイチの再建に)6億ドルを用意しましたが、世界中から義援金が来たのですから、それよりも、もっともっと大金でした。ビル・クリントンがその金を取り仕切っていましたが、その金を自分たちのものにしたのです。

大勢のハイチの人たちは、まだテント暮らしをしているのです。あまり知られてはいませんが、実はハイチは資源が豊かでベネズエラより石油があり、大きな金鉱もあります。でも、誰も私たちの金鉱について報道しない。

今、ハイチの金鉱の責任者は誰だと思いますか。請け負っている業者はトニー・ロッダム、ヒラリー・クリントンの弟です。26年間の契約を取ったのです。ハイチは米を栽培していたので米を海外から買う必要はありませんでした。しかし、ビル・クリントンが我々の米産業を破壊して、弟を通じてハイチにアーカンソーの米を買わせているのです。



鉱物資源だけでなく、何と人身売買にも関わっていたことが報道されています。地震後の混乱時に、ハイチの政府がアメリカ人のローラ・シルスビーがハイチの子供たち33名を正式な旅券なしにドミニカ共和国に連れ去ろうとしているところを誘拐として逮捕され、禁固刑を受けた事件がありました。

この人物は、自称教会関係者で、「子供たちは全員孤児である」と主張して、「孤児院に連れていく」とテレビのインタビューで述べていたのですが、何と子供たちは孤児ではなく、全員のどちらかの親が健在であったことが判明したのです。

「孤児ではない子どもを海外で養子にするために急いで国外に運ぶ」というのは、人身売買としか見られないのです。

当時のデイリー・メール紙には、「元大統領で現在は国連特使であるビル・クリントンが解決方法の交渉をするために、ハイチに到着しました」と書いてありました。(デイリー・メールは、イギリスの新聞ですが、アメリカの当時の新聞をサーチしても、ほとんどこの内容が出てこないことからも、当時からどれだけ報道に圧力がかかっていたかがわかるのです。)

Daily_mail_haiti2.png

孤児ではない子どもをわざわざ外国に連れ出すのに、ビル・クリントンが国連特使として出動したのです。

ビル・クリントンといえば、アメリカの大富豪で世界の王族や著名人を相手にジェット機上で児童に買春をさせて有罪判決を受けたジェフリー・エプスタインの飛行機の飛行記録に何十回も名前が出てきたことが報道されています。

日本人にこんな話、関係ないじゃん、と思いますか?実は、大アリなのですよ。

そもそもアメリカが北朝鮮の核エネルギーを肥やすために日本国民の税金を使って、せっせと韓国を通じて援助させたのはビル・クリントンでした。

北朝鮮でのクリントン発言

また、ヒラリー・クリントンは中国や国連と一緒になって、日本を慰安婦捏造でよく責めていましたが、これは自分たちのやっていることこそが人身売買であることを隠すためのカモフラージュなのです。自分の悪事を隠すために「お前が悪いんだろ!」と大きな声で言う手法です。(お人好しの日本人には、考えもつかないかもしれませんが…。)

日本も、このような腐敗勢力の影響下にあるアメリカの顔色を伺わなければならない奴隷国家から脱却して、自立の道を探らなければいけません。


<転載終了>