mariscoさんのサイトより
https://ameblo.jp/koji-kitano/entry-12345100851.html
<転載開始>

『 未来への発想法 』

~ 「無欲の想念」が成功をもたらす ~
政木和三

 

 

未来への発想法000

 

 

第七章 体と心を癒す超発想法

~ 自然治癒力を高めて健康な心と体をつくる ~

 

 生命体エネルギー『疲れない』パワーを生む

 

 

 

 私は大正五年(一九一六年)生まれで、現在八〇歳である。

 岡山にいるときはよく、ゴルフ練習場の打ちっ放しで練習をし、時には知人をコーチして、自分も一〇〇球ほど打って、その後は岡山駅まで歩いて帰る。

 そして一日一万歩の散歩は毎晩欠かさずに実行している。

 岡山の町のすみずみまでわかるようになっている。

 平日の朝は必ず六時に起きて、七時には林原生物化学研究所の自分の研究室に入る。

 土曜日には大阪の家に戻り、日曜日は大阪でゴルフをして、その夜は岡山に戻る。

 月曜日には研究室に出ている。

 その間、月に数回は全国各地に講演に出かけている。

 それで、

 
『よく疲れませんね』

 と聞かれるが、それが私の日課になっているので、まるで平気である。

 私は若いころから

 
疲れない

 と思うことにしている。

 真夏の炎天下のゴルフでも、

 
疲れない

 と思ってプレーをしているので、少しも疲れない。

 眠る時間は一日に一時間だけ

 
熟睡

 すればよいと信じている。

 熟睡に入る前の一時間と、熟睡から目覚めるまでの一時間の合計の三時間だけ眠ればよいと思っているため、四、五時間も睡眠すれば十分である。

 よく、八時間は眠らないと睡眠不足になると思っている人は、六時間で起きると眠いのである。

 また、仕事でも、こんなに多く仕事をしたから疲れると思って仕事をするから疲れるのだ。

 
人間の肉体は、潜在意識生命体エネルギーによって自由になる。

 脳波をシータ波に下げて、

 『疲れない

 と思えば、肉体はその通りに動ものなのである。




未来への発想法
第1印発行:1996年6月27日
第3印発行:1996年7月25日
著者:政木和三
発行者:浅野純次
印刷・製本:丸井工文社
発行所:東洋経済新報社
    〒103 東京都中央区日本橋本石町1-2-1
    電話 03(3246)5661
    販売 03(3246)5467
    振替 00130-5-6518
©1996 <検印省略>
Printed Japan
ISBN 4-492-04090-0


 

 

 政木先生とのご縁の始まりは、
昭和五年生まれの私の実父が小学生時代の頃より電気のイロハを教わり、
(実際に、電気ギター制作等々、様々な電気技術のご教授を、家族ぐるみのご近所付き合いの中で個人的に無償で賜ったそうです)
その後、御晩年には、政木先生の素晴らしいご発明品の集大成のひとつとして
“世のため、人々のため”に御余生をかけ陰徳にご尽力なさいました
超強力 神経波磁力線発生器
(改名機器、インパルス磁力線、そして、Mリング。すべての御販売は㈲政木研究所、㈲ケントにて)
の製造に至るまで、数々のお仕事をお世話頂き、
政木先生がお亡くなりになる最後の最後まで、私も含め家族ぐるみのお付き合いを賜わり、
今も尚、心の底よりとても尊敬し、感謝している恩師・師匠です。

 

 

 政木和三先生の廃刊御著書

 

 以前、

2011年10月4日、2014年11月17日、2016年5月22日

より三度に渡って掲載させて頂きました

 

『未来への発想法』

~ 「無欲の想念」が成功をもたらす ~

 

を、現状のブログデザインに合わせて
再び掲載させて頂いております

 

 

 政木先生の御教えである

『目先の欲望を捨て去り、世のため、人々のために尽力せよ!』

との仰せを引き続き継承するため、

今後も少しずつではありますが、

何度も何度も繰り返す、日々の心の学びの礎として、

政木先生の御教えのすべてをこれからも紹介させて頂きますので、

皆様には引き続きのお付き合いの程、

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

深謝

m(__)m

 

<転載終了>