日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52021300.html
<転載開始>
以下の画像(国際宇宙ステーションのライブカメラ)の右下の方に明るく光る物体が見えています。太陽の光に照らされた雲だとしたら、なぜ、この部分だけ反射しているのかが分かりません。
記事の投稿者はこれは巨大宇宙船ではないかと言っています。
NASAは真実を隠して嘘を発表するのが得意ですから今回も突然映像を遮断した理由は本物が映ってしまったからなのかもしれません。もしそれが本当に巨大宇宙船だったなら、地球の上空で何を企んでいるのでしょうか。

http://www.thedailysheeple.com/cover-up-nasa-cuts-live-feed-from-iss-as-object-hundreds-of-miles-long-spotted_012018
(概要)
1月23日付け

NASAはUFOや地球外生命体の存在を隠蔽しようとしているのでしょうか。その証拠に、NASAは、国際宇宙ステーションのライブ・カメラに巨大な物体が映った途端に映像を遮断してしまいました。

金色に光っていたその物体は、ライブ・カメラから320km以上離れたところにとどまっており、国際宇宙ステーションの軌道上に浮いていました。しかしこの映像はすぐに遮断されたため多くの人に観られることはありませんでした。

UFOの報道に批判的なufoointerest.orgスコット・ブランド氏は、これは単に雲に太陽の光が反射したものだと説明していますが、その説明に納得している人はあまりいません。それが単に太陽の光の反射であるなら、なぜNASAは映像をすぐに遮断してしまったのでしょうか。

こちらが遮断される前の光る巨大物体の映像と画像です。

この物体は長さが数百キロもありそうです。NASAや政府は真実を明らかにしませんから、一人一人の想像力を使って判断する以外に方法はありません。


<転載終了>