velvetmorning blogさんのサイトより
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2018/02/04/8782574
<転載開始>
こんな記事が出ています。

以下引用

米トランプ政権 新たな核戦略発表 軍縮に逆行の声も

アメリカのトランプ政権は新たな核戦略を発表し、核なき世界を目指すとしたオバマ前政権からの方針転換を打ち出しました。ロシアや中国の脅威に対抗するため、「低出力核」と呼ばれる威力を抑えた核兵器の増強など、抑止力の強化を柱に据えており、核軍縮の流れを逆行させるという懸念の声もあがっています。

以上引用
3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011313691000.html


この政策は、トランプが始めたものではなく、オバマ政権から継続して行われているものです。
オバマ政権の時代は、『核廃絶』とか嘘ついて開発していたが、トランプは、それを公然と口にしただけ。

アメリカの新型核兵器の開発のために、日本は放射能まみれになっているわけですし、核のゴミも大量に持ち込まれ、バラまかれています。
日本で起きている、おかしな人工地震は、アメリカの新型核兵器の実験によるものです。


以下引用

また、アメリカは包括的核実験禁止条約について署名のみで、批准しておらず、オバマ政権も批准の努力をしようとはしませんでした。

 日本ではあまり知られていないことですが、米軍は2015年から新型核爆弾「B61 12型」を飛行中の爆撃機から投下する実験を開始しました。

 アメリカにより1966年から現在までに3000発以上の「B61」が配備されてきていますが、現在開発中の12型にはより多くの電子機器が組み込まれ、精密爆撃が可能になるのだそうです。

 この新型核爆弾の実験は、今後30年で1兆ドルを投じて行う核兵器性能改善計画の一環で、新型のミサイルやステルス爆撃機などの開発や配備も同時に進められていく予定です。

以上引用
blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/fc19e8007441f25cc9cc8c81e935de1c


こういう兵器を米韓合同演習などで持ち込んでおいて、北朝鮮の核に対して圧力をかけるとか、非核化を考えれば逆効果なだけです

アメリカは今までも、実戦で核を使っている可能性が極めて高い。(地震兵器含め)


以下過去記事より

「核無き世界を」と言ってノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領のアメリカは、核兵器禁止条約制定目指す国連の決議案に反対するよう関係国を説得 ― 2016/10/29 19:35

「核無き世界を」と言ってノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領のアメリカは、核兵器禁止条約制定目指す国連の決議案に反対するようにNATOなど周辺国を説得していたことが判明。

話が全然違うじゃん。
核無き世界を目指すのなら、法的に核兵器全面禁止すれば出来るじゃん。

単なる嘘つき。

アメリカが「核廃絶」とか言ってる時は、新型の核兵器や宇宙兵器開発している時で(新型核兵器の開発と更新に100兆円の予算)

アメリカが「テロリストやイスラム国と闘う!」と言ってる時は、テロリストやイスラム国を支援している時で

アメリカが「民主化」と言ってる時は、民主的な選挙で誕生した言うことをきかないまともな政権を、テロリストや不正選挙、プロパガンダを使って非民主的な政権に差し替えるクーデターを企てている時。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/10/29/8238258


宇宙開発だの、月旅行だのは、大陸間弾道弾ICBM開発の隠れ蓑だったわけです。

ちなみに、『宇宙人とかUFO』とかが出てくるサイトは、NASA系のスピンサイトです。

UFOみたいな、ものすごい兵器が実在してるって、だったら、オスプレイみたいな欠陥飛行機飛ばすかよ。
あの程度の実力ということです、
ICBMも本当に正確に飛ぶのかはなはだ疑問です。

以下

オバマ大統領の広島訪問に思うこと ― 2016/05/28 17:57 より

オバマ大統領が広島訪問だそうですが、会見の全文が出ています。
3.nhk.or.jp/news/html/20160528/k10010537911000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

全文読んでみたのですが、筆者は思います。

今後30年間で、新型核兵器の開発と配備に100兆円の予算を予定している国の掲げる『核廃絶』って何でしょうか?

しかも、アメリカは、広島・長崎以外にも原水爆を使用しています。

強欲な資本主義や新自由主義経済政策によって、世界で格差が最も開いてしまった国が掲げる『生まれながらの人間の平等』って何でしょうか?

国営の石油企業を持ち、中央銀行も国営であり、IMFの借金も無く、最も人々が平等に暮らしていたはずのシリアやリビアに泥沼の内戦を引き起こしたのは、アメリカですよ。

中略

で、こんな事も言ってるのですが

「アメリカという国は、シンプルなことばで始まりました。「すべての人は平等で、生まれながらにして生命、自由、そして幸福を追求する権利を持っている」と。


とありますが、そもそも論として、アメリカに元々住んでいた先住民は、白人が上陸してから、抵抗出来なくなるまで滅ぼされる1800年代後半まで人間として認められていなかったのです。

彼らは、『悪魔』だとされていました。
人間ではなく『悪魔』だから、何をしても良いとされていたのです。

アメリカ建国までに、それまでその場所に住んでいた人々を全て虐殺するか、奴隷として売り飛ばすか、移住させた上で、フレンチインディアン戦争においてイギリス側に付いて闘った先住民に対して保証された領土を奪うために独立戦争が起こされ、手にしたのが、アメリカの独立です。

アメリカ独立戦争当時の陸軍長官が、我々の植民は、先住民の絶滅作戦だったと書いている
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/03/01/8035574
も参考に


1830年にインディアン強制移住法を作ったことに対して抵抗した先住民達を移住させ・虐殺するために南北戦争は行われたわけです。

法的作術を繰り返し、先住民を虐殺・奴隷化・追放し、抵抗出来なくなった上でアメリカを占領すると、その矛先をアジア太平洋や中南米、そしてアフリカ、欧州、ロシアへ向けていきました。

これがマニフェストデスティニーです。


アメリカは、その歴史上93%戦争しています。

地球上に起きている戦争のほとんどは、アメリカとその仲間達が引き起こしてきたものです。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/05/28/8097630


<転載終了>