弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/ah64d
<転載開始>

2018.2.6 10:03 【自衛隊ヘリ墜落】墜落機は直前にメインローターつなぐ部品交換 小野寺五典防衛相が明かす 
閣議後に記者の質問に答える小野寺防衛相=6日午前、首相官邸 
 小野寺五典防衛相は6日午前の記者会見で、佐賀県神埼市で民家に墜落した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターは、直前の整備でメインローター(主回転翼)の4枚の羽根をつなぐ「メインローターヘッド」を交換したばかりだった経緯を明らかにした。 
 小野寺氏によると、墜落直前に50飛行時間ごとの定期整備を行った際、あわせてメインローターヘッドを交換した。1750飛行時間ごとに行う規定になっており、自衛隊で同型機のメインローターヘッドを交換したのは3例目という。 
 事故機は墜落直前にメインローターが脱落したという目撃情報がある。小野寺氏は事故との関連については「精査する必要がある」と述べるにとどめた。






ねじ止めした後にレーザー照準でブレードが正確に90度に交差するように調整するような超精密部品。こんなので整備不良は起きない。つまり不良部品。

ソース→PDF






あらら。時代物で脆弱なWindowsパソコンをAH64Dに接続してメンテするのか。これかー。



そういえばイランのナタンツの遠心分離器をSCADA制御するWinXPのパソコンはオフラインだったのにUSBドライブからStuxnetに感染したんだっけか。ソフトウェアで何千台もの遠心分離器を破壊できるなんて思いもしなかったけど、ソフトウェアでAH64Dのメインローター・ヘッド・アセンブリーも破壊できるのかすら?

「ローターがはじけ飛んだ」と証言 2018/2/5 20:40 
 佐賀県の自衛隊ヘリ墜落事故で、現場近くのこども園の副園長は5日、取材に「異常な音が聞こえたので園舎の外に出ると、ヘリからローターがはじけ飛ぶのが見えた」と証言した。

ローターの構造設計に欠陥があるのか。AH-64Cまではメインローター上のレーダーは搭載してなかったw。

2018.2.5 19:37 【陸自ヘリ墜落】事故機は通称「アパッチロングボウ」 専門家「機体整備の問題か」 
 陸上自衛隊のAH64Dヘリコプター(陸上自衛隊ホームページから) 
 陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが5日夕、同県神埼市千代田町の住宅に墜落した事故。航空評論家の青木謙知さんは「事故機と同じAH64D攻撃ヘリコプターは、米軍や韓国軍でも使われているが、似たような事故は聞いたことがない」と話した。 
 AH64D攻撃ヘリは、陸上自衛隊が導入している米ボーイング開発の戦闘ヘリ。通称アパッチロングボウ。全長約18メートル、重さ約10トンで、最大速度は時速約270キロ。100以上の目標を同時に捉える高性能レーダーや、複数の航空機や地上部隊と情報を共有するためのデータ転送システムを搭載している。米陸軍も主力攻撃ヘリとして採用、2003年のイラク戦争にも投入された。 
 青木さんは「『ローター部分が外れて落ちた』との目撃情報があるなら、操縦ミスではなく、機体整備の問題だろう。自衛隊での保有数は13機と少なく、使用頻度が高いのに整備する人員は限られ、整備の質の低下が問題視されていた」と指摘。 
「当初は60機ほど購入する予定だったが、予算がミサイル防衛(MD)に取られて削られた。きちんと原因を分析し、問題点を改善しなければ、自衛隊の信頼は落ち、地元の理解も得られなくなる」と述べた。
「当初は60機ほど購入する予定だったが、予算がミサイル防衛(MD)に取られて削られた。」w
AH64D←ウィキ
「ボーイング社は、AH-64シリーズでは初めてAIM-92 ATAS(Air To Air Stinger)を装備可能にするなどの改修をおこなった日本向けのAH-64DブロックIIをAH-64DJPと命名しているが[10][11]、陸上自衛隊でも略称をAH-64D、愛称をアパッチ・ロングボウとしており、DJPという名称は使用していない[12]。」

Boeing AH-64 Apache←ウィキ

AH-64D

The AH-64D Apache Longbow is equipped with a glass cockpit and advanced sensors, the most noticeable of which being the AN/APG-78 Longbow millimeter-wave fire-control radar (FCR) target acquisition system and the Radar Frequency Interferometer (RFI), housed in a dome located above the main rotor.[285][286] The radome's raised position enables target detection while the helicopter is behind obstacles (e.g. terrain, trees or buildings). The AN/APG-78 is capable of simultaneously tracking up to 128 targets and engaging up to 16 at once, an attack can be initiated within 30 seconds.[287][288] A radio modem integrated with the sensor suite allows data to be shared with ground units and other Apaches; allowing them to fire on targets detected by a single helicopter.[289]

The aircraft is powered by a pair of uprated T700-GE-701C engines. The forward fuselage was expanded to accommodate new systems to improve survivability, navigation, and 'tactical internet' communications capabilities. In February 2003, the first Block II Apache was delivered to the U.S. Army, featuring digital communications upgrades. The Japanese Apache AH-64DJP variant is based on the AH-64D;[144] it can be equipped with the AIM-92 Stinger air-to-air missiles for self-defense.[290][291]

AH-64Dからメインローターの上に帽子みたいなレーダー(AN/APG-78/RFI)を搭載。

標的捕捉システムのレーダーをメインローターの上に搭載したらメインローターが破損するようになった?これもオスプレイみたいな設計ミスなんだろーな。

The Japanese Apache AH-64DJP variant is based on the AH-64D;[144] it can be equipped with the AIM-92 Stinger air-to-air missiles for self-defense.[290][291]
陸自のAH-64DJPはAIM-92スティンガー空対空ミサイルを搭載できるとこ。スティンガー?最近どこかで聞いたよーなw。

シリアのイドリブの非武装地域で露Su25を撃墜したのはジャブハット・ヌスラ。 ヌスラがSu25撃墜に使ったのは携行型対空システム(man-portable air-defense system/MANPAD)、スティンガーみたいなやつ。

あ、またロクでもないことが進行してる。

“It’s impossible to determine which MANPAD it was until the crash site is secured – an old ‘Strela’, a newer ‘Igla’, or an American ‘Stinger’,” Shamanov told reporters on Monday. “It’s only clear, looking at the trajectory of the plane’s fall, that its right engine was burning. It means that a heat-seeking missile hit the engine.”
「墜落現場を確保するまでどっちのMANPADなのかを決めることはできない。旧式のStrelaか、新型のIglaか、米製のStingerなのか?」シャマノフが月曜日報道に語った。
「ただ明白なのは飛行機の墜落を見る限り、右のエンジンが燃えている。これは熱感知ミサイルがエンジンに命中したことを意味する。」

ロシアが気付いてるw。
え?イドリブでSu25を撃墜したMANPADは陸自のスティンガーなのか?うわーw。

2018.2.5 20:36 【陸自ヘリ墜落】事故機は「世界最強レベル」 軍事専門家「操縦ミスは考えにくい」 
 自衛隊ヘリコプターの墜落で、炎上し煙を上げる民家=5日午後6時ごろ、佐賀県神埼市千代田町 
 佐賀県神埼市千代田町に墜落した陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリ。防衛省によると、異常を感知して着陸を試みたが、機首から住宅街に落下したという。高性能でありながら、通常のヘリよりも高度な操縦技術を要しないとされる機種。同型機は飛行停止となったが、軍事専門家は「なぜ住宅街に落ちたのか」と首をかしげた。 
 軍事アナリストで帝京大の志方俊之名誉教授(安全保障)によると、AH64D戦闘ヘリは、ミサイルの射程が従来のヘリの2~3倍はあり、命中精度もよい。価格は通常の戦闘ヘリの数倍といい、国内でも希少な機種という。 
 ただ、通常のヘリに比べて特段の操縦技術が必要なわけではないといい、志方名誉教授は「事故があったのは点検飛行で、熟練したパイロットが操縦するケースが多く、操縦ミスがあったとは考えにくい」と指摘する。 
 志方名誉教授は「最近米軍ヘリが墜落する事故が相次ぎ、米国に対して安全策を求めていただけに、こちらの安全策もどうなのかということがいわれかねない。早急な原因解明が必要だ」と話す。 
 専門誌「軍事研究」編集部の大久保義信さんも、AH64D戦闘ヘリを、「世界最強レベルの攻撃ヘリコプター」と説明。「戦車や装甲車を撃破できる破壊力を持つ一方、機械としての練度も安定しているため、機械に不具合が出てきたとは考えにくい」とみている。 
 さらに、ヘリが民家に墜落したことについて「自衛隊なら墜落することになったとしても、身をていしてでも住宅街から外れて落ちようとするはず。こうした事故は珍しく、どういう状況だったのか詳しく調べる必要がある」と話している。

陸自ヘリ、民家に墜落 隊員1人死亡、1人不明 佐賀 2018年2月6日 07時05分 
 五日午後四時四十三分ごろ、佐賀県神埼(かんざき)市千代田町の住宅に、陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属の二人乗りAH64D戦闘ヘリコプターが整備点検後の試験飛行中に墜落、炎上した。乗組員の男性隊員一人が死亡、別の隊員の行方が分かっておらず、捜索が続いた。炎上した二階建て住宅には四人が暮らしており、このうち小学五年の女児(11)が右膝を打つ軽いけが。隣接する平屋も燃え、女児の祖母(69)がいたが無事だった。自衛隊機が住民を巻き込む重大事故となった。  
 神埼署によると、ヘリが墜落したのは会社員川口貴士さん(35)宅で、当時家にいたのは川口さんの長女の女児だけで祖母と墜落後に逃げた。 
 小野寺五典(いつのり)防衛相は記者団に、管制が午後四時三十五分に離陸許可を出した後、ヘリとの通信が途絶えたと述べた。機体に微量の放射性物質が含まれているとも明らかにした。 
 県警によると、捜査は陸自が主導し、六日に現場検証を実施。業務上過失致死と航空危険行為処罰法違反の容疑を視野に入れている。 
 防衛省や陸自によると、ヘリは第三対戦車ヘリコプター隊に所属。午後四時三十六分に目達原駐屯地を離陸し、七分後に機首から墜落した。死亡したのは副操縦士の高山啓希(ひろき)一等陸曹(26)で操縦士の斉藤謙一二等陸佐(43)の行方が分かっていない。記者団の取材に山崎幸二陸上幕僚長は、事故調査委員会を設置したと明らかにし、被害家族らに謝罪した。 
 小野寺防衛相は「目達原の管制塔から見た状況では、東側から西側に飛行中、落下したもようだ。その後煙のようなものを確認したとの報告が入っている。フライトレコーダー(飛行記録装置)を搭載しており、回収して解析すれば詳細が分かると思う」と述べた。 
 現場はJR神埼駅から南約四キロの農地に囲まれた住宅密集地。周辺を国道264号が走り、近くには市立千代田中部小学校や大立寺(だいりゅうじ)幼稚園を運営する認定こども園もある。 
<AH64Dヘリコプター> 陸上自衛隊が導入している米ボーイング開発の戦闘ヘリ。通称アパッチロングボウ。乗員2人、全長約18メートル、最大総重量約10トンで、最大速度は時速約270キロ。100以上の目標を同時に捉える高性能レーダーや、複数の航空機や地上部隊と情報を共有するためのデータ転送システムを搭載する。2001年に導入が決まり、陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀)と明野駐屯地(三重)、霞ケ浦駐屯地(茨城)に計13機を配備。当初は62機の予定だったが、途中で発注が打ち切られ、日本で製作に当たった富士重工業(現SUBARU)が防衛省を訴え、国が敗訴した。米陸軍も採用しイラク戦争にも投入された。 
◆首相「同型機の飛行停止」 全自衛隊ヘリ点検も指示 
 佐賀県神埼市での陸上自衛隊ヘリコプターの墜落事故を受け、政府は首相官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置するなど対応に追われた。小野寺五典防衛相は事故発生から間もなく、官邸に入り、安倍晋三首相と菅義偉(すがよしひで)官房長官に状況を報告。首相は事故機と同型機の飛行停止と、陸海空全ての自衛隊ヘリの整備点検を指示した。 
 小野寺氏は防衛省で記者団に「住宅に墜落したことは大変申し訳なく、重く受け止めている」と謝罪した。佐賀県の山口祥義知事と松本茂幸神埼市長には電話で謝罪し、徹底的な原因究明と再発防止に取り組むと伝えた。対応に当たるため現地入りした大野敬太郎防衛政務官は松本市長らと面会。被害に遭った住民におわびしたことを報告した。 
 米軍機の事故やトラブルを巡り、政府は安全が確認されるまでの同型機の飛行停止などを米側に求めた。自衛隊機が民家に墜落した深刻な事故では、一層厳しい対応を求める声が強まりそうだ。 (新開浩) 
(東京新聞)

【2001年に導入が決まり、陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀)と明野駐屯地(三重)、霞ケ浦駐屯地(茨城)に計13機を配備。当初は62機の予定だったが、途中で発注が打ち切られ、日本で製作に当たった富士重工業(現SUBARU)が防衛省を訴え、国が敗訴した。米陸軍も採用しイラク戦争にも投入された。】

「日本で製作に当たった富士重工業(現SUBARU)」w
スバルだわ。




<転載終了>