地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/rare-snowfall-in-sahara-desert-again-2018/
<転載開始>
投稿日:
サハラ砂漠の雪を伝える2018年2月6日の報道より


express.co.uk

2月5日 サハラ砂漠の入口、アルジェリアのアインセフラ


watchers.news

今年1月の初めに、アフリカのサハラ砂漠に雪が降ったことを、

世界で最も暑い場所のひとつであるアフリカのサハラ砂漠で雪が降る。その降雪量は最大40cmに
 地球の記録 2018/01/11

という記事でご紹介したことがあります。

このときは、場所により 40センチの降雪が記録され、北アフリカでは大変に珍しいか、場所によっては「初めて」のこととなりました。

そのサハラ砂漠に、またも雪が降ったことが報じられています。

サハラ砂漠の位置

2月6日のサハラ砂漠


express.co.uk


vk.com


vk.com


watchers.news

また、サハラ砂漠への入口となるアルジェリアの各地でも、雪が降り、場所にっては下のように、通常のレベルではない量の雪となったようです。

アルジェリアのメデアという街の2月5日の様子


twitter.com

何だか、次第に「サハラ砂漠に雪が降ることが普通のこと」のように思えてきてしまっていますが、それは違うということで、本来なら雪が降ること自体がとても珍しい場所であるということを思い出したいと思います。

今のところは北半球は比較的全体として気温の低い状態が続いていますので、こういうような「ふだん雪や寒波が見られない場所」での雪の光景は、もう少しの間見られることになる可能性が高そうです。

まあ、そのうち本当に「サハラ砂漠に雪が降ることが普通のこと」になっていくのかもしれないですが。


<転載終了>

クヴィートゥセルクルにかかった虹色の真珠雲(アイスランド 2月上旬)
PhotoJohn Wetherby