地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/monster-auroras-roaring-over-the-norway-sky/
<転載開始>
投稿日:
2018年2月6日 ノルウェー・トロムソにて


Markus Varik on February 6, 2018, Tromsø, Norway

ここ数日、太陽からの磁場の影響が地球で強くなっていまして、その影響で、極地などにかなりあざやかなオーロラが日々、出現し続けています。

そんな中、ノルウェーの比較的最北端に位置し、オーロラの撮影場所としても有名なトロムソで 2月6日、「生き物のようなオーロラ」が相次いで出現して、話題となりました。

ノルウェー・トロムソ

Google Map

冒頭のオーロラについて、スペースウェザーでは「巨大なビーバーが空に浮かび上がる」という見出しで記事にしていました。

2018年2月8日のスペースウェザーの記事より


spaceweather.com

このオーロラの全景は下のような巨大なもので、かなり大きく展開する光景だったようです。


Markus Varik

他にも、この日のトロムソには、非常に特徴的な形状のオーロラが出現し続けていたようで、多くの写真家たちにより発表されていました。

そのいくつかをご紹介したいと思います。

2018年2月6日 ノルウェー・トロムソの空に


Marianne Bergli on February 6, 2018, Troms, Norway


Marianne Bergli on February 6, 2018, Troms, Norway


Marianne Bergli on February 6, 2018, Troms, Norway


andrei andritcu on February 6, 2018 , tromso

また、トロムソより少し南にあるロフォーテン諸島でも、あざやかなオーロラが空に広がり、「島全体が緑色に染まった様子」が撮影されていました。

ノルウェー・ロフォーテン諸島にて

 

Daniel Korjonov

今現在、太陽活動がやや複雑な動きとなっていまして、オーロラなどの出現もしばらくの間、激しくなるかもしれません。

<転載終了>

北極のスーパー・ブラッドムーン(スヴァールバル諸島 01/31)
PhotoLunar eclipse over Spitsbergen