大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

SSP内部告発者の真実の告発内容〜子供たちが誘拐され、火星の植民地で性奴隷に!

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=153105
<転載開始>

SSP内部告発者の真実の告発内容〜子供たちが誘拐され、火星の植民地で性奴隷に!

竹下雅敏氏からの情報です。
 私は映画を観ないので、冒頭の動画が何かの映画を編集して制作されたものなのかどうかを知りません。映像は刺激的で、見て気持ちの良いものではありません。ただ、この動画の内容は、コーリー・グッド氏が暴露していた情報と一致しています。 動画のタイトルにもなっているSSP内部告発者のこの告発内容は、真実のものだと思います。
 動画の4分51秒では、“私は自分が仕える人々の本性を悟ったが、それがあまりにも遅すぎた”と言っており、その内部告発者は、自分たちが騙されてきたことを悟っているようです。
 その後、“私にまだ希望はあるのか定かではないが… ”と言っており、自分の行ってきたことを深く後悔している様が感じ取れます。私が見たところ、この内部告発者はまだ魂が残っています。なので、“希望は十分にある”というのが私からのメッセージです。
 昨日の記事で、元CIA捜査官ロバート・デイビッド・スティール氏のインタビューを取り上げました。氏は、子供たちが誘拐され、火星の植民地に送り込まれていることを暴露した人物です。
 時事ブログでは、2017年7月4日の記事7月9日の記事で紹介しています。下のTOCANAの記事では、2020年のアメリカ大統領選挙に出馬予定のアンドリュー・バシアゴ氏が、火星で見た巨大墓地について語っています。
 氏は、「ペガサス計画」に参加していたことで有名な人物です。ジャンプルームから、火星に直接移動したようです。詳細は、この記事をご覧ください。記事をご覧になると、コーリー・グッド氏の証言の通り、人類は既に火星に基地を所有しており、テレポーテーションも可能であることかわかります。
 それだけではなく、多くの子供たちを誘拐し、奴隷にしていたこともはっきりします。これらの秘密計画が、カバールともイルミナティとも言われる組織によって運営されていたことから、その実態はおぞましいものであったと推察できます。
 そうした中で、その組織の中にあって洗脳され、強制的に悪に加担させられてきた者たちも多かったのだろうと思われます。冒頭の動画は、そのことを強く感じさせると共に、もし、彼らが地球を支配していたら、どれほどおぞましい世界になっていたかを想像させます。
 幸いなことに、そのような世界にはなりません。彼らの中からも、この内部告発者のように正気を取り戻すものが出て来ます。暴露情報は、カオスをもたらさないように少しずつ公開され、最終的には全面開示になるでしょう。隠されてきた闇に光が当たり、彼らは逃げるところがなくなります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
“ 戦争の犬 ”(SSP 内部告発者)
配信元)
————————————————————————
【衝撃】「火星で大量虐殺された人間の死体を見た」次期アメリカ大統領選出馬の弁護士が暴露! 拉致された子どもは性奴隷に…
引用元)
(前略)

 2020年アメリカ大統領選挙に出馬予定の弁護士が、火星で見た恐怖の光景について語った。(中略)… アンドリュー・バシアゴ氏だ。

(中略)

画像は「バシアゴ氏公式サイト」より引用


 さて、そんなバシアゴ氏が暴露したのは、「火星の奴隷人間」の存在である。
(中略)… 2008年に出版された暴露本『The Discovery of Life on Mars(火星生物の発見)』において、バシアゴ氏は火星の赤道付近に位置するクレーターで見た驚きの光景を伝えている。

(中略)

そこには数百ものヒト型生命体の巨大墓地がありました。男も女も子どももいました。皆ブルーの制服を着ていましたから、おそらく同一組織の団体だったのでしょう。彼らが地球から拉致された地球人だと考えない方がおかしなことです。奴隷にされた子どももいたと思います」(バシアゴ氏)

(中略)

今年に入り、元CIA捜査官のロバート・デイヴィッド・スティール氏が、米人気トークラジオ番組「アレックス・ジョーンズ・ショー」で、バシアゴ氏をサポートする衝撃の暴露発言をしたのだ。
火星には植民地が存在し、20年前から地球で誘拐された子どもたちが火星に送り込まれています。火星に着けば、彼らには奴隷になる以外の選択肢がありません」(スティール氏)
 奴隷にされた子どもたちは、強制労働はもちろん、ペドフィリアらのための性奴隷、さらには血液や骨髄液を採取する目的で大量に虐殺されているというから驚きだ。

(以下略)


<転載終了>

 コメント一覧 (6)

    • 6. やばばば
    • 2018年02月24日 01:20
    • この人にとっては誉め言葉になってしまった...orz
    • 5. やばばば
    • 2018年02月24日 01:19
    • あたまおかC
    • 4. Takahasi
    • 2018年02月22日 22:59
    • コートニー・ブラウン教授のリモート・ビューイングでも火星には地球から連れ去られて奴隷として働かせれている多くの人々がいるらしい。
      ただ、ジャンプルームから火星に行った場合、現在の地球時間軸と違う平行世界での火星のようです。
    • 3. a
    • 2018年02月22日 21:10
    • 火星婦は見た
    • 2. ヒデジー
    • 2018年02月22日 16:18

    • その辺のテレビ漬けのオッさんオバさんでも言いそうな事を偉そうに書かんでもええで。
    • 1. Air
    • 2018年02月22日 15:14
    • マンガレベルの映画の宣伝と思う。
      30年くらい前かな。
      スターシップトルーパーズから進歩してないね。
      それ以前の原作の時代からか。
      21世紀になって1/5 にもなろうというのに。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場