大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

銃の没収は、全面的市民戦争の引き金になる / シリアの混乱は、NWOグローバリスト陰謀団の所業

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=153906
<転載開始>

銃の没収は、全面的市民戦争の引き金になる / シリアの混乱は、NWOグローバリスト陰謀団の所業

竹下雅敏氏からの情報です。
 とてもよく書けている記事だと思います。この記事に書かれている内容は、時事ブログでこれまでお伝えしているものと、基本的に同じだと思います。
 こうした考え方は、これまでなら陰謀論と言われていたのですが、シリア内戦の事実を見てもはっきりとわかるように、ダーイシュ(ISIS)を作り出し訓練していたのは、ペンタゴン、 CIA、モサド、MI6などであったのは、もはや常識です。シリアの混乱は、NWOグローバリスト陰謀団の所業であり、いわゆる陰謀論や陰謀説ではなく、陰謀そのものなのです。
 これは、記事に書かれている通り、大イスラエル計画を進め、難民で、ヨーロッパを“緊張と混乱の大釜の中に投げこむ”計画だったのです。
 NWO陰謀団のグローバリストたちは、ヨーロッパの国境を、流入した難民たちの暴動によって溶かして、ヨーロッパを合衆国のようにするつもりだったのです。これが上手く行っていないのは明らかだと思います。
 記事の最後にある結論の部分も同意します。NWOを押し付けようとするどんな試みも、失敗する運命にあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソロス援助による “全国的銃規制運動” は、米市民戦争の準備
転載元)
(前略)

SOTN (State of the Nation)
February 21, 2018

私は黒人のヘイト・グループを支援してアメリカを倒すつもりだ。我々は彼らを、心理的な罠にかけ、白人を非難させるだろう。黒人社会ほど操作しやすいものはない。

--George Soros
(ドイツの BILD とのインタビュー、2014 年 9 月)

暴動を起こす “左翼” は気づかないでいるが、彼らのグローバリスト・リーダーは、銃の没収が、間違いなく全面的市民戦争の引き金になることを知っている。

Tucker Carlson:「銃の没収を唱道することは、内乱の危険を招くことである。

それこそ、権力者たちが、これほど容赦なく、厳しい銃規制を押し付けようとしている理由である。彼らが望んでいるのは戦争と混乱であり、それは、混乱の中から、破壊の後で、彼らの New World Order をつくり出すためである。

彼らは、アメリカ人民が、世界制覇の大きな障害となることを知っている。

(中略)

NWO グローバリスト陰謀団が、シリアの内戦を操作したことは、誰にもわかった。彼らは、自分たちが ISIS をつくり出し武装させるのを、全世界が見つめる中で、白昼堂々と戦争犯罪を起こした。ダーイシュ・テロリストが、ペンタゴン、CIA、モサド、MI6 によって、資金を与えられ訓練されていたの、最終的には常識になった。イスラム国テロリスト軍の、事実上のリーダーでさえ、イスラエル秘密情報局に訓練されていた。
http://themillenniumreport.com/2014/09/isis-israeli-secret-intelligence-service/

シリアは実は、内戦ではなかった。それは、「拡大イスラエル(Greater Israel )計画」を進め、ヨーロッパ連合(EU)を緊張と混乱の大釜の中に投げ込むなど、多くの不吉な目的の中で、細心に計画された紛争であった。「プーチンのロシアが、拡大イスラエル計画を粉砕する」
http://stateofthenation2012.com/?p=23524

(中略)

全く同じ力が、今、アメリカで内乱を醸成しつつある。

(中略)

グローバリストには、もし彼らが計画した One World Order に、公然とアメリカ合衆国を従わせたければ、残された方法は一つしかない――

内乱である!

(中略)

この時期に至るまで、この密かな計画の中心的戦略は、漸次的に銃規制へとたどり着く方法であった。しかしテンポは上がった。そして共和国に対する逆賊たちは、あなたの面前で、一斉に銃の押収体勢に入ろうとしている。

(中略)

銃所持の権利を認めない法を定めたヨーロッパの諸国は、必ず、この火砲規制の新法以前に、大量銃撃事件を経験している。

(続きはこちらから)

フロリダのニセ旗と心理作戦

富裕なエリートたちが、バレンタインデーに彼らがやった、パークランドやフロリダの見え見えのテロ事件のようなことを、やってのけようとするとき、彼らは、破れかぶれになっていることが、誰にでも見て取れる。

ニセ旗の学校襲撃(それがまた、完全な偽物であることもある)が、これほど明らかであれば、政府スポンサーによるテロ作戦は、全くそのパンチを失くする。そして、その通りのことが、しかも急速に起こってきた。

このマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校での、ニセ旗テロ作戦から数分もしないうちに、インターネットは、もう一つの米情報機関による心理作戦の証拠で、たちまち燃え上がった。

(中略)

「バレンタインデー虐殺:フロリダの高校大量射撃はなぜニセ旗ブラック作戦か、その理由」 http://stateofthenation2012.com/?p=94416

(中略)

奥深い深層国家は、やがてやってくる、明らかな大逆計画の暴露が、EU をモデルにした北米連合(NAU)を作ろうという計画全体を、爆破することになることを、よく知っている。

(中略)

パワー・エリートたちは、自分たちの時代があと幾ばくもないことを知っている。インターネット上には、犯罪陰謀団全体を起訴し有罪とすべき、十分で、堅固な証拠がある。

(中略)

その結果として、アメリカ人民は、何ものかが本当に崩れ始めるまで、もっと多くの大量射撃や爆撃があるものと予想することができる。愛国者運動は、銃規制に限っては、一寸たりとも譲歩するつもりはない。

(中略)

NWO アジェンダの注意深く隠された計画立案者について言えば、彼らは、子孫代々の宿命によって、彼らの全く馬鹿げた、かつ運に見放された目標を達成するのに必要な、すべてを行うように運命付けられていた。

(中略)

この退化のシナリオから見るならば、「一世界政府」を、この地球文明に押し付けようとする、どんな試みも、みじめに失敗するであろう。

(中略)

紫革命を狙う者たちは、人々の周囲から連れ去られ、GITMO(グアンタナモ米軍基地)に安全に収監されるであろう。その代表者としては、ジョージ・ソロス、バラク・オバマ、ジョージ・ブッシュ父子、ヒラリーとビル・クリントン、ジョー・バイデン、ロバート・ミュラー、ジェームズ・コーミー、ジョン・ポデスタ、ジョン・ブレナン、ジェームズ・クラッパー、マイケル・ヘイデン、アダム・シフ、チャック・シューマー、ナンシー・ペロシ、マクシン・ウォーターズ、マイケル・ブルームバーグ、など。

――以上


<転載終了>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場