地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/mega-sinkhole-emerged-in-funin-peru-as-crack-in-cusco/
<転載開始>
投稿日:
2018年3月5日のペルーの報道


diariouno.pe

先日、ペルーの世界遺産の場所でもある「クスコ」巨大な亀裂、あるいは地割れが発生したことを以下の記事でお伝えしました。

世界遺産でもあるペルー・クスコに巨大な亀裂が突如出現し、住民たちが移転を余儀なくされる
 地球の記録 2018/03/05

2018年2月27日 クスコに発生した巨大な亀裂


RCM

これが 2月の終わり頃だったのですが、この同じ頃にクスコから少し離れたフニンという場所で、「巨大なシンクホール」が発生していたことがわかりました。

ペルーでこのことが報じられたのは、3月に入ってからのことでしたが、報道によれば、2月の下旬から少しずつ開き始めた穴がどんどん巨大になり、3月4日の時点では、深さ 40メートルの穴へと成長しているのだそう。

3月4日 ペルーのフニンに発生した巨大なシンクホール


andina.pe

フニンのシンクホールの底のほうはこのような感じ


andina.pe

下は、3月6日に検証が行われた際の動画です。



先日、巨大な亀裂が発生したクスコと、今回シンクホールが発生したフニンの位置関係は次のようになります。

フニンとクスコの場所

Google Map

ペルーもまた比較的面積の広い国ですので、実際の距離としてはすぐ近くということではないですが、こういうようなそれぞれの場所で、地質的な異変が起き続けているということになりそうです。

シンクホールは、原因のわかる場合もありますが、明確な原因がわからない場合が多く、今回のペルーのものも、少なくとも報道の時点では原因などにはふれられていません。

日本とペルーなど南米の大平洋側は、環太平洋火山帯を共有しているということも含めて、比較的似たことが起きやすいといえなくもないですので、このあたりでの今後の動きを注視したいところでもあります。


<転載終了>
黙示録的な今日の一枚
凍結したペリクニク滝に立つ女性(スロベニア 03/03)
PhotoSevere Weather Europe