ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/03/post-12842.html
<転載開始>
アベシンゾーが嘘ばかりついてるというのは、前から判りきっていた事で、何をイマサラなんだが、今回は朝日新聞の鮮やかな一撃で、もはや退陣寸前まで追い込まれている。朝日新聞上手いよねw 「原本と国会提出が違う」と、それだけ言って、原本については出さなかった。ネトサポが声を枯らして「じゃあ、朝日が原本出せよ」と騒いでいるんだが、朝日は出さない。持ってないからではない。実は、原本が幾つも存在するのだ。

 財務省は6日の参院予算委員会理事会で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する文書の書き換えの有無について「捜査対象となっており全ての文書を直ちに確認できない」と説明し、回答しなかった。野党側は「ゼロ回答だ」などと反発し、理事会は紛糾。2018年度予算案の質疑を予定していた予算委は開かれなかった。
同省の富山一成理財局次長は理事会に「調査の状況の報告」と題する文書を提出。文書は「大阪地検で公用文書毀棄(きき)などについて捜査が行われている状況だ」とした上で、「捜査に影響を与えないよう留意し、全省挙げて調査を進めたい」とするにとどめた。富山氏は衆院財務金融委員会理事会でも同様に報告した。

こうした文書の場合、役所では内容を確認しながら、一行一行チェックして、文末の「。」の後に確認の印をマーカーで付けるのが風習となっているというんだが、今のところ、「1-6ページまでに確認印がない」バージョンと、確認印が「レ」になっているバージョンが存在するのが確認されているw 実は、原本が幾つあるのか、判らないw だから、朝日新聞が入手したのがどのバージョンなのかも判らないw 相手の持っている「武器」が判らないので、官邸側としても戦いようがないのだw

トカゲの頭切り

| コメント(4)
アベシンゾーが下痢便どころか、今回は完全に糞詰まりで、身動き取れなくなっている。国会に出した文書が偽造だったとバレたら、完全に終了。どうにも辻褄が合わなくなって、とはいえもう「捨てました」では通用しない。辞めるしかないだろう。そして辞めたらいずれ逮捕される。既にスケープゴートはアベシンゾー一匹という事で、話は決まっている。

 財務省は6日の参院予算委員会理事会で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する文書の書き換えの有無について「捜査対象となっており全ての文書を直ちに確認できない」と説明し、回答しなかった。野党側は「ゼロ回答だ」などと反発し、理事会は紛糾。2018年度予算案の質疑を予定していた予算委は開かれなかった。

朝日新聞社にネタを提供したのはアメリカです。大阪地検特捜部にネタがあるのを知っていて、それが朝日新聞社に渡るように工作した。田中角栄の時と同じパターン。ただ、違うのは、アベシンゾーが田中角栄と違ってゴミクズだという事。アレはアレで、アメリカが何十年にも渡って育ててきたアメリカの工作員なのだ。自分が育てた工作員を自分で葬る。それだけ、アメリカ側でもドラスティックな変化が起きている。


安倍は罠に嵌まったよ

| コメント(9)
明日、文書の原本コピーというのが国会に提出されるらしい。どうも、変造後の文書のようなんだが、官邸としては朝日新聞の持っているのが何なのか判らないので、ここは捏造偽造文書を、「コレが本物」で押し通すしかないのだ。ただ、それで通るほど、朝日新聞は甘くない。

自民、公明両党の幹事長・国対委員長は7日午前、東京都内で会談し、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の文書書き換え疑惑について、8日までに調査結果を国会に報告するよう同省に求める方針で一致した。この後、自民党の森山裕国対委員長は西村康稔官房副長官と会い、与党方針を伝えた。
財務省は「検察の捜査」を理由に疑惑の真偽を明らかにしていないが、野党だけでなく、与党から期限を区切った報告圧力が強まったことで、同省は難しい対応を迫られそうだ。

色々とネタを握っているようで、これからが本番だ。どこまでアベシンゾーが粘るのか、悪人の断末魔をじっくり鑑賞させていただく事としようw

<転載終了>