弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/kohga-city-ballot-box
<転載開始>

滋賀県甲賀市 選挙不正処理を受けて第三者委員会を設置 更新:03/07 06:10 
 去年の衆議院選挙の開票作業で滋賀県甲賀市の職員が開票していない投票用紙を焼却するなど不正な処理を行った問題で、市は第三者委員会の設置を決めました。 
 甲賀市では去年10月、衆院選・滋賀4区の開票作業で、開票した票の数が投票数より数百票少なかったため、総務部長ら幹部3人が無効票を水増ししてつじつまを合わせその後見つかった未開票の投票用紙を焼却したことが明らかになっています。 
 市は6日、臨時の選挙管理委員会を開き問題を検証するため弁護士ら有識者による第三者委員会を設置することを決めました。 
 「内部調査が進んでいない状況だが早期に第3者委員会を立ち上げたい」
 「いろんな意見をもらいながら知事選までに改善策をまとめていきたい」  (甲賀市総務部岡根芳仁理事) 
 また6日の委員会では次の選挙から開票所にカメラを設置することも決まっています。
「甲賀市では去年10月、衆院選・滋賀4区の開票作業で、開票した票の数が投票数より数百票少なかったため、総務部長ら幹部3人が無効票を水増ししてつじつまを合わせその後見つかった未開票の投票用紙を焼却したことが明らかになっています。」
この話で感心したのは、49対51のサイバーテロ・プログラムなどを使わなくても、 投票箱を目の届かないとこに一時的に隠しさえすれば、選管が無効票としてカウントしてしまうという犯人側の洞察であるw。

<転載終了>