大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

現在の地球上の技術で、“DNAから全身を復元”することが出来る …DNAは“その人の人生を…すべて記憶”している

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=157254
<転載開始>

現在の地球上の技術で、“DNAから全身を復元”することが出来る …DNAは“その人の人生を…すべて記憶”している

竹下雅敏氏からの情報です。
 例えば、ビル・クリントン元大統領を見て、“この人はおそらくクローンだ”と発言すると、周りの人からはイカレテいると思われるでしょう。私は、現在私たちが見ているヘンリー・キッシンジャー博士はクローンだと思っています。こうしたクローン人間は、かなり活躍していると思っています。
 コズミック・ディスクロージャーで、このクローンについての興味深い記事が出ていました。記事では、現在の地球上の技術で“身体のあらゆる器官を3Dプリントすること”はもちろん、“DNAから全身を復元”することが出来ると言っています。驚いたことに、DNAは“その人の人生を…すべて記憶”しているというのです。
 そういえば、コブラも似たようなことを言っていました。確か、カバールの上層部の人間は自分のクローンをカプセルの中に準備している。本人が殺されると、肉体を離れた魂を電磁場的に引き寄せて、準備していたクローンの肉体に入れる。そうすると、その人は起き上がり、以前の記憶は保持されていると言っていました。
 コズミック・ディスクロージャーの後半部分は、今のようなタイプのクローンとは異なり、DNAを部分的に使って作ったクローンに、記憶を後からプログラムするタイプのものがあると語っています。コーリー・グッド氏も同じことを言っていたと思います。
 この証言をしているエメリー・スミス氏によると、このような情報にあまり接することがない私たちとは違って、彼らにとっては、クローンは“使い捨てのビニール袋みたいな存在”であって、簡単に作り出せるもののようです。
 ベンジャミン・クレームという秘教徒が、臓器移植に関して否定的な見解を示していました。それは、カルマの問題が出てくるというのです。臓器を移植することで、他人のカルマまで背負う可能性があるというわけです。クローン人間が簡単に作り出せるとしたら、このようなカルマの問題はどうなるのか。
 例えば、研究機関があなたのDNAをこっそりと入手し、あなたの知らないところで、何人ものあなたのクローン人間犯罪集団を作ったとします。その研究機関は、そのクローンにプログラムし、ありとあらゆる悪を行わせます。その時、なにも罪を犯していない本物のあなたは、肉体レベルでのカルマを一切持たないのでしょうか。それともクローン人間の行った罪はDNAが同じである以上、罪を共有しているのでしょうか。
 私たちの日常の記憶を細胞内のすべてのDNAが記憶しているとすれば、離れた場所に居る本物とクローンの間のDNAは情報を共有する可能性もあります。
 もしこれが事実だとすると、かなり複雑な問題を引き起こすと思います。私はこうした分野の科学の発達を否定はしませんが、こうしたことは科学技術以上の高度な倫理観を伴わなければ、危険だと思います。
 少なくとも、現在のこうした科学技術は、人間の幸福には全く寄与しないと思います。ほとんどの地球人は、心を用いる方向が完全に間違っていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・ディスクロージャー: クローンとPLF(プログラム制御の生命体)
シーズン 9, エピソード 7
転載元)
(前略)
Emery:今では私たち人間側のプロジェクトでさえ、必要に応じて体のあらゆる器官を3Dプリントすることができます。(中略)… DNAを開いて見れば「お、ここにデイブの心臓の情報がある」となります。それをコンピュータに入力して、プリンターが君の心臓をプリントします。すると自分の心臓で心臓移植ができるわけです。(中略)… その人のDNA、但しまだ完全には壊死していないDNAがあれば、私たちは実際にそのDNAから全身を復元できます。なぜならDNAはハードドライブのように、その人の人生を通じての意識などもすべて記憶しています 。だから復元してもその人はまだその人でいられます。
(中略)
David: 誰とは言いませんが、アメリカの元大統領について私が知る話があります。彼らのクローンが作られている可能性があり、私たちが目にしているのは全く同じ大統領のように見えて、本物とは全く異なる生命体であるかもしれないという話です。このことはご存知ですか?
Emery: はい、知ってます。
David: オーケー。では(中略)… クローンは本人と同じ記憶を持っているのですか? 自分がクローンだと自覚しているんですか?
Emery: いいえ。
David: それとも本人だと思い込んでいるんですか?
Emery: それは先ほどした、その人のDNAから丸ごとその人を復元する話とは違います。クローンは・・・その人のDNAを部分的に使って作ります。DNA内のその人の意識情報の部分は使わずに。それから・・・クローンにプログラムしてその人にします。その人の記憶を後からプログラムするんです。
そのクローンは自分には家族がいると思っているかも知れませんし、大統領の影武者の仕事をしていると自覚しているかもしれません。ずっと過去から最近まで、記憶を作れます。
(以下略)  



<転載終了>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場