大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

「我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない」-ワシントンD.C.の米議会の演説で熱心にNWO(新世界秩序)を推奨するマクロン仏大統領

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=160124
<転載開始>

「我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない」-ワシントンD.C.の米議会の演説で熱心にNWO(新世界秩序)を推奨するマクロン仏大統領

竹下雅敏氏からの情報です。
 フランスのマクロン大統領がワシントンD.C.を訪れ、熱心にNWO(新世界秩序)の推奨をしたらしい。マクロンは、“我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない”と米議会で演説したようです。時事ブログでは、グローバリズムとはNWO(新世界秩序)にとって不可欠なもので、ほんの一握りの大金持ちが世界を支配し、その他の人間が奴隷になることで、 TPPはNWO完成のために、悪党どもが何としても成し遂げたいと思っているものだと説明してきました。
 日本では、菅直人元首相が“平成の開国”と言い出して、 TPP推進に舵を切りました。自民党は「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」と公約で謳っておきながら、選挙で勝つと態度を180度変えて、TPPを熱心に推進してきたことは、誰もが知る事実です。
 要は、民主党であれ自民党であれ、ディープステートの命令には逆らえない。民意は無視。これが、私たちが知っている民主主義です。
 彼らはメディアを使って、グローバリズム、そしてTPPがあたかも素晴らしいものであるかのように宣伝します。しかし、アフリカや南アメリカで行われてきたことを少しでも知っていれば、グローバリズムを評価することはとても出来ません。しかし、私が見るところ、中途半端に知識人ぶっているタイプの人間がグローバリズム賛成派に多いようです。彼らは、自分たちが奴隷にされるということを全く理解していません。
 マクロンがロスチャイルド家の使用人であることは、悪魔のハンドサインを見てもわかると思います。
 面白いのは、“続きはこちらから”のスプートニクの記事。英仏大統領が植えたナラの苗木が消えてしまったというのです。トランプ政権がマクロン大統領をどのように見ているのかを示唆する事件だと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中近東「イスラエル・サウジ」対「イラン」の構図
引用元)
 ハザールマフィアによる旧体制勢の世界ストーリーが崩れ行く中、先週23日から25日にかけて、ロスチャイルドの子飼いであるフランスのマクロン大統領がワシントンD.C.を訪れた。

その際、マクロンは「旧体制勢の世界ストーリー」の復活を積極的に働きかけ、またマスコミの前ではトランプ米大統領とメラニア夫人の横で「悪魔のサイン(人差し指と小指を立てる悪魔崇拝者のハンドサイン)を露骨に掲げてみせている。(※ 下記リンク画像)
https://www.reddit.com/r/greatawakening/comments/8elcby/macron_makes_sign_of_the_beast_hand_sign_while/
http://i.4cdn.org/pol/1524619592029.jpg
 
【 マクロンの訪米 】
マクロンは、米議会にて行った演説でもロスチャイルドを中心に旧体制勢が進めていた「パリ協定」などの政策をアピール、それから表向き「イラン核合意の維持」を訴えつつも、水面下ではイランとアメリカの戦争勃発を煽るべく「イラン脅威論」への誘導を試みていた。しかし、それも徒労に終わったようだ。

米軍筋によると、マクロンはアメリカ建国以来の友好関係国フランスの代表として表面上は最上級の国賓接待でもてなされたが、マクロン個人としては
————————————————————————
配信元)
————————————————————————
マクロンの演説:We must create a new world order
転載元)
昨日のマクロン仏大統領の米議会演説、スタンディングオべーションで迎えられる、​



​​注目はココ、
Macron: ‘We must create a new world order based on Globalism we must not fear change” April 25, 2018 IWB
​我々はグローバリズムに基づきNWOを確立せねばならない、我々は変化を恐れてはならない、」​、
随分、​​はっきり言うんだな、加えて、
​Emmanuel Macron breaks record, promotes New World Order 7 times during speech while denouncing Nationalism inside our own congress.
マクロンはレコードを作った、議会演説で7回もNWOを推奨
(以下略)

(続きはこちらから)

————————————————————————
謎の消失 ホワイトハウスからマクロン・トランプ氏植えた木が消える【写真】
転載元)
米仏大統領が植えたナラの苗木がホワイトハウスの庭から消えた。英紙デイリー・メールが報じた。
スプートニク日本
写真で伺えるのは黄色い草だけで、木の痕跡は一切ない。ホワイトハウスは苗木の消失についてまだコメントしていない。

© REUTERS / YURI GRIPAS
謎の消失 ホワイトハウスからマクロン・トランプ氏植えた木が消える


フランスのマクロン大統領とブリジット夫人は米仏国交250周年を記念してワシントンを訪れた。贈り物として、1918年、第1次世界大戦で初めて米軍兵士が参加した大規模な戦闘が起きたベローウッドからナラの木を持ってきた。

トランプ米大統領とメラニア夫人と共に、彼らはホワイトハウスの庭で植樹式を行った。




<転載終了>

 コメント一覧 (12)

    • 12. 白馬童子
    • 2018年06月26日 22:27
    • このバカロンは不細工過ぎるよ。不正選挙でなった淫乱巣抱い逃霊ですからね。こそドロ位しかやれね〜べ。
    • 11. ち
    • 2018年05月07日 20:10
    • たぶん会社首になっても抵抗したほうがお得なのでは。
    • 10. Angel
    • 2018年05月01日 19:12
    • おおかたトランプはすべてが金融マフィアがバックのブロレスだと思います。北朝鮮はもともとワシントンがスポンサーという噂もありますし。マクロンは生え抜きのイルミナティで、ヨーロッパを潰す役目でしょう。ヨーロッパを一旦潰して、タダ同然で奪う。いつものやり方ですね。その中で、中国、アジア、インドが台頭してくると一筋縄ではいかなくなりますが。彼らの側で考えるとNWO計画は理解できますが、それ以上に中国は古ダヌキで商人だし、インドは嘘つくのが当たり前のカオスで、アジアは無法地帯で、叩くほどアジアがパワフルになってきてます。NWO計画はコストに対して割が合わないと思うのですが。そもそも中華思想とぶつかります。阿片戦争の仇討ちをずっと考えてますからね。中国は面白くいろんな意味ですごい国ですが、でも世界中が中国でも嫌だな(笑)
      バッキンガム宮殿が真っ赤に塗られて中華飯店になるとか…
      どちらにしろ、日本は中国とロシアと上手くやっていくしか生き残る道はないでしょう。今の日本政府はあまりにブレインがいないので、民間で中国とロシアとビジネスで繋がるのが得策です。
    • 9. メラニー夫人の白いハットと白いスーツはホワイトハットの代表
    • 2018年05月01日 16:39

    • このマクロン氏が、世界中に向けて秘密の悪魔サインを送っている
      イメージについて、米暴露サイトでは別の解釈が出ている。

      ー フランスのマクロン大統領が秘密の悪魔サインをする横で、トランプ大統領夫人は上下のホワイト スーツに大きなホワイト ハットで凛々しく立ち
      彼女と大統領はホワイト ハットを示している というものでした。

      マクロン大統領はロスチャイルドのフランスとヨーロッパとイスラエルの生き延びを交渉に行ったようでした。

    • 8. 昔むかし
    • 2018年05月01日 09:06
    • 表に出てくる政治家とか、有名人の操り人形に、時々目つきのおかしい人がいる。 このマコロン。笑顔でも目が笑っていない。眼が非道な◯人鬼みたいな、凍りつくような眼。
      多重人格か、頭にチップが埋め込まれているのか、昔ロボトミーと言ったが脳の何処かを切り取られて無感情になっているような顔。人間の表情じゃない。悪いがこういうやつ白人によく見かけるが、タマシイが弱くて直ぐ操られるのかね。
    • 7. みかん🍊
    • 2018年05月01日 02:59
    • 仰る通りですね。取り合えずモンサントに魂の種を売り渡した国や地域はバツです。
      ハローワークに『福島県の工場』の紹介が有りました。
      イルミカードには福島県とおぼしき辺りに高層ビル郡が書かれています。
      なんと札幌にもチッサイビル郡が・・来週中国から来賓と安倍総理も来札するんだと・・通産省あがりの富山県知事のお嬢様は何の話をするのでしょうか。
      札幌の中心部から近い人気のある住宅街に中国企業が大規模マンションを計画していた所を住民で阻止したばかりなんよね・・
      橋下も夕張までデバッテ来てましたしね。
      チョッピ云っておきましょうか
      『私にはこの来札の目的を知る用意があります』『広く人々に周知される事を希ます』
    • 6. Angel
    • 2018年05月01日 02:35
    • ただ、エリザベス女王が亡くなると彼らの力関係が変わるでしょう。特に中国がさらに世界で力を誇示し、ロシアと手を繋ぎ、南北朝鮮を配下に置き、今後数十年は力を持つかもしれませんね。彼らより中国は何枚も上手ですし。フランス革命やロシア革命と同じ手を使うとは思いますが、逆に中国に食われてしまうかも?日本が中国の抑止力に利用される前に、中国とロシアと上手くビジネスで渡り合えるように、先手を打って日本にしかできない技術をオファーしてビジネスライクに仲良くするのが必須だと思います。
      対中国、対アメリカの両方の外交カードをきれる周到さが問われますね。
      アメリカもヨーロッパも斜陽ですから、日本は、中国とインドとアジアで稼がせてもらうのがベストです。
    • 5. Angel
    • 2018年05月01日 02:11
    • いやいや終わったどころか、着実に駒を進めていますよね。300人委員会の世界人間牧場計画では、人口削減と、日本人を病気にさせてコントロールしやすい奴隷として働かせる…放射能汚染で東北関東地方を中心に全国で、病人と死人が激増です。水と食料に徹底的に気を付けて西日本に引越て自分の身を守るか、日本を脱出しか手がないように思えます。ちなみにアメリカ、南米は日本より危険ですので選択外です。
    • 4. 名無し
    • 2018年04月30日 23:37
    • お前らの時代は終わった、バカ。
    • 3. 2
    • 2018年04月30日 23:09
    • 失礼

      フランスの反マクロン、反グローバリスト--->フランスのマクロン、グローバリストに抵抗する
    • 2. フランスでは背後で「フランス共和国臨時政府」が活動
    • 2018年04月30日 23:05
    • フランス人は マクロンに背を向けています。警察、軍人達、労働者、公務員 、学生(パリの大学のキャンパスでブロック、)など反マクロンの熱が急に上がりだしたようです。これらの人たちのストライク、大幅なデモを予測して、マクロンがフランス人の警察や軍隊に期待できない時には、西欧連合を利用して、ヨーロッパの警察や軍をフランスに導入する魂胆であると、先日読みましたので、フランスでは圧縮鍋が煮たぎり、間も無く噴出する瀬戸際にあるらしい。

      第二次世界大戦中、フランス国土がドイツのヒットラーに侵入され、占領されていた時に、ド ゴール旧大統領が一時ロンドンに亡命した時に「フランス共和国臨時政府」を作り、そこからフランスを解放する活動「レジスタンス」運動をしていたが、昨年、フランスで、フランスの反マクロン、反グローバリストに抵抗するために、フランス人の有志達が、それと似たような「フランス共和国臨時政府」を発足させ、マクロンの選挙自体が「盗まれた当選」として、活動をしているらしい。

    • 1. 名無しの権兵衛
    • 2018年04月30日 20:23
    • まーわかりやすいイルミナティの犬だわ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場