逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/bdbbd4b4ae479eb9a8958f614f1b8791
<転載開始>
2018年05月10日 | 東アジア共同体
『「日本は置き去りに」米元高官が指摘 北朝鮮政策で』2018/05/08 テレ朝News

アメリカのトランプ政権で北朝鮮政策を担当していた元高官が韓国やアメリカが相次いで北朝鮮との会談に臨むなか、「日本が置き去りにされている」と指摘しました。

米国務省前北朝鮮担当特別代表、ジョセフ・ユン氏:「大きな勝者は韓国と北朝鮮だ。負けているのは日本だ。なぜなら日本は置き去りにされている」
 アメリカ国務省で北朝鮮側との接触の窓口を3月まで務めたユン氏は、韓国や北朝鮮は南北首脳会談で一定の成果を上げたとの見方を示す一方で、日本は「負けている」と指摘しました。また、近く開催される見通しの米朝首脳会談に関して、北朝鮮の非核化の前に朝鮮戦争の終戦協定を締結することは北朝鮮を「核保有国」として認めることになり、「間違いだ」と強調しました。
(今回のアメリカ国務省の元北朝鮮担当者による、今の日本は負け犬で『仲間は外れ』だとの厳しい指摘ですが、いくら事実でも、面と向かってハッキリ言われると腹が立つ。そもそも日本はアメリカに言われるままに圧力と制裁一本で今まで真面目にやってきたにの、・・・『お前が言うな。』!)


『非核化、歴史で調整難航 日中韓首脳の共同宣言』2018年5月10日 中日新聞

日中韓首脳会談の共同宣言の発表が予定から大幅に遅れて9日深夜までずれ込んだのは、朝鮮半島の非核化と歴史を巡る表現で調整が難航したのが要因だったことが分かった。日本政府関係者が明らかにした。
日本政府は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を盛り込みたいとしたが、北朝鮮に配慮を示す中韓の理解を得られず、最終的に「朝鮮半島の完全な非核化にコミットしている(取り組んでいる)」との表現となった。
歴史に関しては、2015年11月の前回会談の共同宣言は、3カ国が「歴史を直視し未来へ前進する」として日本の歴史認識を問う文言だった。
(共同通信)

トランプから壁ドンで迫られる安倍さんのクソコラ画像

『統一コリアや南北朝鮮首脳会談の成功を象徴する「青」いネクタイで臨んだ日本と中国と韓国の3首脳』

中国の首脳が日本を訪れるのは2011年5月の当時の温家宝首相以来7年ぶり で、韓国首脳の来日は2011年12月の当時のイ・ミョンバク(李明博)大統領以来6年半ぶり。
史上初の米朝首脳会談を前に、中国の李克強首相、韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が就任後初めて日本を訪れ、9日東京で日本、中国、韓国の3か国の首脳会議が開催され、3国の共調を最大限演出した安倍晋三首相なのですが、日本だけが『蚊帳の外』である事実は隠せない。
共同通信がいうように、『日中韓首脳会談の共同宣言の発表が予定から大幅に遅れて9日深夜までずれ込んだ』。その理由は簡単で、北朝鮮との融和の話を纏めたくても日本一人だけが邪魔。置き去りにされているのですから情けない。


<転載終了>