弁財天さんのサイトより
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/northkorea-freed-three-american-detainees
<転載開始>

ストックホルム合意の再調査結果が拉致被害フィクション崩壊のトリガーだったらすいw。あべちんGJ


2018年3月3日の日朝友好促進東京議員連絡会代表の芦沢一明(あしざわかずあき)渋谷区議のマンション転落死(自殺)からはじまったノヴィチョク・タイムラインが ついにここまで来ますた。
【ディープステイト崩壊】 「ノヴィチョク」タイムラインw
【ホラッチョ朝鮮戦争】半島情勢緊迫する中で北朝鮮を訪問する渋谷区議は有田芳生の伝書鳩w。いよいよフィクション崩壊か

おぉぉ。トランプとポンペオとCIA w。拉致問題をフィクションなりに解決w。

さて、どーする?)河野太郎と外務省w

拘束の3米国人解放 「日本人も解放できる」 早紀江さんら北に呼びかけ 5/10(木) 7:55配信 産経新聞 
 北朝鮮に拘束中だった米国人3人が解放されたことが9日、明らかになった。日本人拉致問題と背景や経緯は異なるものの、拉致被害者家族は今回の北朝鮮の対応を評価しつつ、全被害者の即時一括帰国への取り組みを強く求めた。 
 「3人の米国人を解放できるのであれば、何の落ち度もない日本人拉致被害者も解放できるはずだ」。横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(82)は北朝鮮にこう呼びかけた。 
 3人は北朝鮮に招かれるなどして入国し、スパイや敵対行為の疑いで拘束されていた。一方、日本人拉致被害者は北朝鮮の国家犯罪で強引に拉致され、40年もの間捕らわれている。拉致問題解決に向けた日朝間の交渉は進展の兆しが見えない状況だ。 
 早紀江さんは「北朝鮮は、卑劣で見苦しい行動を今すぐやめるべきだ。日本政府も全ての日本人の即時帰国を目指して全力を尽くしてほしい」と訴えた。 
 田口八重子さん(62)=同(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(41)は「米朝間の交渉で3人の解放は既定路線ともされていたが、北朝鮮が人権問題にも取り組む姿勢を示したといえる」と前向きに受け止める。北朝鮮は米国の圧力に対し、核・ミサイル問題の進展をカードに交渉を進めつつあるが、飯塚さんは「非核化やミサイル問題に比べ、拉致被害者を帰すことは必ずしも難しくないはずだ。今回の解放と同じ図式は日本にもあてはまるのでは」と指摘した。 
 めぐみさんの弟、拓也さん(49)は「米国と北朝鮮の間でどういった交渉がされたのか、背景や意図が不明確だ」と慎重な見方を示しつつ、「3人が無事解放されれば歓迎する。日本人も同じように解放されることを強く希望し、今後を注視したい」と語った。

2018.5.9 21:42 【激動・朝鮮半島】北で拘束の米国人3人解放 ポンペオ氏と帰国の途 トランプ氏ツイート 
北朝鮮に拘束されている(左から)ドンチョル・キム氏、サンドク・キム氏、ハクソン・キム氏の画像を映すテレビに見入る市民ら=3日、ソウル(AP) 
 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は9日、ツイッターで、北朝鮮に拘束されている米国人3人が解放されたことを明らかにした。北朝鮮を訪問していたポンペオ国務長官と一緒に飛行機で出国し、米東部時間10日未明にワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に到着する。 
 トランプ氏によると、3人の健康状態は「良好とみられる」という。トランプ氏は「3人を基地まで出迎えに行く。非常に興奮している」とした。 
 ポンペオ氏は9日、米空軍機で北朝鮮の平壌に到着し、ロイター通信などによると、金正恩朝鮮労働党委員長の側近、金英哲党副委員長と会談し、6月にも見込まれる米朝首脳会談の議題や開催場所、日程の最終調整が行われた。トランプ氏はツイッターで「良い会合だった」と称賛した。 
 トランプ氏はまた、「会合の日程と場所が確定した」と改めて表明した。
 ポンペオ氏は会談で「米朝は何十年間も敵対してきたが、紛争の解決と世界への脅威の除去に向けて協力できると思う」と述べた。金英哲氏は「朝鮮半島の平和実現で米国が非常に大きな役割を果たすことを強く期待する」と強調した。 
 ポンペオ氏は中央情報局(CIA)長官だった3月末~4月初頭に極秘訪朝したが、国務長官としては初めて。同氏がツイッターで明かしたところでは「北朝鮮の招待」によるという。 
 解放された3人は、2015年10月にスパイ容疑で拘束されたビジネスマンのドンチョル・キム氏と、平壌科学技術大に勤めていたサンドク・キム氏、ハクソン・キム氏。 
 一方、トランプ氏は8日、中国の習近平国家主席と電話で会談し、「北朝鮮が核・弾道ミサイル計画を恒久的に廃棄するまで制裁を続けることが重要だ」との認識で一致した。

北朝鮮から解放 帰国の3人 米大統領みずから出迎えへ 5月10日 9時08分 
アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮に拘束されたアメリカ人3人が解放されたことを受けて、北朝鮮に謝意を示すとともに、日本時間の10日午後、みずから空軍基地で3人の帰国を出迎えることにしていて、史上初の米朝首脳会談の時期や場所を数日以内に発表する方針です。 
北朝鮮に拘束されていた3人のアメリカ人が解放され、ピョンヤンを訪問したポンペイオ国務長官とともに帰国の途に就いたことについて、トランプ大統領はホワイトハウスで「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が彼らを解放してくれたことに感謝する」と述べ、謝意を示しました。 
トランプ大統領は、3人は現地時間の10日午前2時(日本時間10日午後3時)にワシントン近郊の空軍基地に到着し、みずから出迎えるとしたうえで、「とても興奮している」と述べました。 
これについてホワイトハウスのサンダース報道官は、9日の記者会見で、「トランプ大統領は、北朝鮮の指導者の前向きな意思表示と受け止めている」と述べており、アメリカ政府が求め続けてきた3人の帰国が実現したことで、史上初の米朝首脳会談の開催に向けて、大きく前進した形です。 
同時にサンダース報道官は「完全な非核化が最優先の議題だ」と述べ、米朝首脳会談の場で、北朝鮮の完全で検証可能な非核化を求める姿勢に変わりはないと強調しました。 
トランプ大統領は、首脳会談の開催地について、みずから強い関心を示していた韓国と北朝鮮の軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)は選択肢ではないとしたうえで、時期や場所については「3日以内に発表する」と述べており、その内容に注目が集まっています。 
一方、解放され帰国の途に就いているアメリカ人3人が声明を出し、「帰国がかない、アメリカ政府、トランプ大統領とポンペイオ国務長官、それにアメリカ国民に深く感謝する」とコメントしました。

2018.5.7 17:49 「朝鮮半島有事へ備えを」 河野太郎外相、外務省サイト「たびレジ」への登録を呼びかけ 
外務省サイト「たびレジ」の画面 
 河野太郎外相は7日の参院決算委員会で、万一の北朝鮮有事に備え、海外緊急情報をメールで受け取れる外務省サイト「たびレジ」への登録を広く呼び掛けていると強調した。「いざという時の半島有事に向け、しっかり対応できるように努力したい」と述べた。 
 米朝首脳会談への動きに注目が集まる北朝鮮情勢に関し、日本政府として引き続きあらゆる展開を念頭に邦人安全対策に取り組んでいるとの認識を示唆した発言。 
 「たびレジ」に関して河野氏は「有事が発生した場合、情報を出せるようになっている。『登録してください』と宣伝しているところだ」と説明した。無所属の藤末健三氏への答弁。
うーむ。ほんとうに蚊帳の外なんだなw。

河野外相が談話 「日本は核合意を支持」 5月9日 11時18分 
アメリカのトランプ大統領が、イラン核合意から離脱し、イランに対して過去最大級の経済制裁を行うと発表したことを受け、河野外務大臣は談話を発表しました。 
この中で河野大臣は、「今回の発表によって、核合意の維持が困難になるような大きな影響が出るとすれば残念だが、日本は国際的な核不拡散体制の強化と中東の安定に資する核合意を支持しており、引き続き関係国による建設的な対応を期待する。そして今後も核合意の維持に向け、関係国と緊密に協議を続けていく」としています。 
そのうえで「日本としては今回の発表が及ぼす影響を注意深く分析しつつ、情勢を注視していく」としています。 

菅官房長官「建設的な対応を期待」 
菅官房長官は午前の記者会見で「今回の発表によって核合意の維持に大きな影響が出るとすれば極めて残念だ。わが国としては、国際的な核不拡散体制の強化と中東の安定に資するこの核合意を引き続き支持しており、今後も核合意の維持に向け関係国による建設的な対応を期待し、緊密に協議を続けていきたい。今回の発表が及ぼす影響などを注意深く分析し、情勢を注視していきたい」と述べました。
彼らは、いまいち地政学的状況を理解していない気がするなw。
トランプのイラン核合意撤退にオバマが警告w


<転載終了>