地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/mega-400-meters-crack-open-uo-in-mexico-city/
<転載開始>
投稿日:
5月11日のメキシコの報道より


unotv.com

メキシコの首都メキシコシティの近郊で、5月11日、ふたつの地区にまたがり、巨大な亀裂が突然発生するという出来事が起きました。


wradio.com.mx

亀裂は、長さ 400メートル、深さ 4メートルというも巨大なもので、途中には道路や住宅などもある場所のために影響が出ているようです。

住宅街の道路と建物にも影響を及ぼした亀裂


Excelsior TV

亀裂が発生したのは、メキシコシティの近郊ののトラウアク地区という場所から、ミルパ・アルタ地区にかけての場所です。

地図で示しますと、下のふたつの場所の間のあたりになりそうです。


Google Map

トラウアク地区とミルパ・アルタ地区の間の地域に走る亀裂


informandomexico.com.mx

このような巨大亀裂そのものも特筆すべきものですが、この場所は、昨年 9月に発生したマグニチュード 7.1の巨大地震の震源でもあるのです。

その際の地震は、以下の記事で取りあげています。

昨年 9月のメキシコでは、ふたつの巨大地震が発生して大きな被害が出ました。
下がそれぞれの震源で、今回の亀裂は地図では上部の 9月19日の地震の震源の位置と重なります。

2017年9月8日のM8.1の震源と9月19日のM7.1の震源

Google Map

また今回の亀裂のすぐ近くには、メキシコの活火山であるポポカテペトル山がありますが、このポポカテペトル山もこの数日、活動を激しくし増加している報道がなされています。

5月11日のメキシコの報道より


elsoldepuebla.com.mx

これら一連の地質活動と昨年の連続した巨大地震に関係があるかどうかは地質学者たちも明らかにできないでいますが、関係があるかないかは別として、再び、メキシコで活溌な地質活動が始まっている可能性がありそうです。

そして、それは環太平洋火山帯になおいて、すべて同じ状況だと考えられます。


<転載終了>
黙示録的な今日の一枚
ホワイトハウスへの落雷(米国ワシントンD.C. 05/12)
PhotoDave Dildine