タマちゃんの暇つぶしさんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-16125.html
<転載開始>
便利に使えるツールですが、その先の「落とし穴」を念頭に賢く使いましょう! 
本日は2点ほど紹介します。↓
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成30年(2018年)6月7日(木曜日)通巻第5719号 
melma.com/backnumber_45206_6693221/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 フェイスブック、中国との危ないデータシェアを認める
  華為ばかりか、レノボ、OPPO、TCLのスマホとも
****************************************

 米議会が燃えるようにいきりたって、フェイスブックを糾弾している。同社は世界60のデバイス・メーカーと契約し、データシェアをしている。このなかに中国の華為技術(フアウェイ)、レノボ、OPPO、TCLのスマホが加わっていた。

 すでに米国連邦政府ならびに軍、公務員は華為(フアウェイ)、ZTE(中興通訊)の使用を禁じられており、また米軍兵士は華為、ZTEのスマホの使用を禁止されている。

 議会で「中国制裁」を騒いでいるのはなにも共和党の対中強硬派だけではなく、民主党とのシューマー上院議員(ニューヨーク選出)、ペロシ院内総務など、どちらかといえばリベラルな議員のほうが、この問題では過激である。フェイスブック問題は連邦議会で超党派の合意がある。

 おりしもトランプ政権は中国との貿易戦争でロス商務長官と劉?副首相との会談が数回なされ、そして物別れに終わり、報復関税の出動が近いとされる。
 中国が土壇場で出してきた妥協案は「もし、関税強化を引っ込めるのなら」という条件付きで、米国から700億ドルの買い物をするなどという曖昧な風呂敷だった。

 もっともフェイスブックに関しては、十代の利用者が離れつつあり、『ニューズウィーク』(6月12日号、日本版)によれば、13−17歳の利用率はユーチューブが85%、インスタグラムが72%、スナップチャットが69%で、フェイスブックは51%、ツィッターは32%に落ち込んでいることがわかった。

        ▽◎◎み□△◎や◇◎□ざ▽◎○き○□▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
貼り付け終わり、


続いて、
中国企業、iPhoneの個人情報を数秒でスキャン < newsNueq-1206 >
貼り付け開始

 Newsweek
 iPhoneの個人情報を数秒でスキャン 
中国企業、当局向け監視機器開発にしのぎ
 -------------------------------------------------------------------------
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/iphone-18.php" target="_blank"> https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/iphone-18.php
 2018年6月6日(水)14時31分

 < 抜粋 >

 この機械を使えば、あなたのスマートフォンのパスワードをものの数秒で破ることができる。
 通話やメッセージアプリから個人情報を読み取り、
 あなたの連絡先リストを調べることも可能だ──。

 中国製スキャナー「XDH-CF-5600」は、
 北京での国際警察装備品展示会に展示されていた数百もの監視機器の1つだ。
 機能を説明してくれたセールス担当者は、この機器を「携帯電話捜査官」と呼んだ。

 同展示会は、中国の警察当局が、最新の監視機器をワンストップでそろえることができる場だ。
 こうした先端機器は、「黒科技(ブラック・テクノロジ―)」と広く呼ばれている。

 中国治安当局が、いかにテクノロジーを駆使して共産党支配に反抗的な行動を監視し、
 取り締まっているかをこの展示会は物語っている。

 この展示会では、犯罪者を見分ける人工知能(AI)を搭載した可愛い外見のロボットのほか、
 たくさんのドローン、スマート眼鏡、DNAデータベースのソフトや、
 顔認識カメラなどが陳列されていた。

 バイヤーのほとんどが中国の地方警察関係者のようだった。

 スキャナーは、その使用を巡っては、
 特に携帯電話機器から強制的にデータを収集することについて、議論を呼んでいる。

 北京を拠点とする海金科金は、
 フェイスブックやツイッターを含めた90以上のスマホのアプリから、
 消去済みデータさえも回収できるとしている。

 この製品の大きな強みは、人気のiPhoneなどに使われている
 米アップルの基本ソフトiOSのデータも収集できるとしている点にあると、
 製品を見ていた新彊ウイグル自治区の警察官は話した。

 多くのアナリストは、iPhoneのiOSはもっとも安全だと考えている。
 侵入に成功したのは、イスラエルと米国の数社しかないと報じられている。

 昨日、Appleサポートに電話したが、
   今までに聞かれたことのないおかしな事を云う。
  「 個人情報云々のため、なんちゃらかんちゃら、、、、」
   ↑ なに、ヌカしてやがるッ!
    国防総省・NSA・CIA・FBIには裏から丸ごと垂れ流しといて
    表で個人情報云々などシャーシャーと、ザッケンじゃネェッ!
  「 では、リモートサービスはうんたらかんたら、、、、」
   ↑ ン な、くッッダらねェ説明はどうでもいいからさっさと繋げッ!
    何、責任回避しまくってんだよッ!?

   最近、アップルはドンドンおかしな会社になりつつある。。。。
   ジョブスはメフィストフェレスに魂を売ったとは云え、
   それでもジョブスが健在な時はまだ抑制が効いてたが、
   いなくなるとまたこれだ。。。。( 以前クビになった時も )
 
   最近、個人情報云々、、、企業の横暴( ニッポン奴隷民も社畜も
   それが横暴とすら気づいてない )、企業の責任逃れ( ← イかれてる! )には
   瞬間湯沸かし器になってしまう僕なのです。。。
                        (^o^)ゞ


 「iOSに侵入する方法は、以前から存在している」と、
 メルボルンにあるディーキン大学サイバーセキュリティ研究センターの
 マシュー・ウォーレン副所長は言う。
 「だがこれが他と違うのは、中国当局が、その能力を持っていることを認めている点だ」

 iPhoneが誕生した時のこと。
   ちょいといじれば誰でもすぐに特定の人物( 例えば知り合い )の
   iPhoneのリストにある人物の居場所がiMapに表示されることが
   わかって話題になった。
   それで、浮気がバレてしまったのだ。。。。(^o^)b

 北京の展示会では、数社がロイターに対し、
 iOS6からiOS8までのOS上で、
 4ケタのパスワードを破ることができると語った。
 最新のiOS10のセキュリティについては、研究中だという。

 セールス担当者は、昨年、「政府転覆を企む」容疑者の電話に侵入し、
 同容疑者のフェースブックやツイッターのアカウントから情報を得たと話した。


関連ニュース

  < newsNueq-1104:フェイスブックより多く個人データ集める企業とは >
  < newsNueq-1015:尾行がなくなった中国 >
  < newsNueq-1004:5000万人情報漏洩フェイスブックの本当の恐るべき問題点 >
  < newsNueq-952:ビッグデータで危険人物「予測」 中国の治安対策 >
  < newsNueq-948:ダボスの主題は「 AI専制政治 」だった >
  < newsNueq-819:「1984」を超えた中国の「 デジタル・レーニン主義 」 >
  < newsNueq-814:スティーブ・ジョブスは裏切り者 >
  < newsNueq-801:ネット監視と情報操作、そして中立性撤廃 >
  < newsNueq-737:中国「完全監視社会」の実験場、新疆を行く >
  < newsNueq-700:ネット主権 と ネット中立性の終焉 >
  < newsNueq-697:米が掌握する日本のビッグデータ:将来 数兆円で買わされる? >
  < newsNueq-523:IoTの次 IoBへの警告 >
  < newsNueq-485:スノーデン氏、Yahooアカウントは直ちに削除せよ! >
  < newsNueq-471:iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点 >
  < newsNueq-468:iPhone X:FaceIDの恐威
  < newsNueq-349:顔認識組込TVがあなたの心まで丸裸に( iPhoneの顔パス ) >
  < newsNueq-216:公共WiFiで感染:CIAのハックプログラム:ウィキリークス >
 


貼り付け終わり


*監視社会の到来・・・怖いですねー!
・便利だからと呑気に使用していると丸裸にされてしまう・・・

<転載終了>