donのブログさんのサイトより
https://ameblo.jp/don1110/entry-12382099967.html
<転載開始>

おやおや何か米朝会談の

場所が変わりそうだね

シンガポールからウラジオストクに

変更するようなにどうやら話を進めているようだよ

シンガポールだとかりあげ君の

生命の保障ができないようだね

 

でも、アメリカのディープステートが猛反発してる

自分たちの作りあげた

ロシア=ヒステリア妄想という

おとぎ話が暴かれてしまうからだろうね

 

さてアメリカ国内では

国防総省ペンタゴンがディープステートに反旗を翻したね

国防総省は自分のところの

グローバル通信ネットワークを通じて

交わされた通話のひとつひとつを

極秘に録音して保管していたそうだよ

 

オバマとヒラリーの会話も当然のように

録音されていたわけだ

奴さんたちはトランプを破滅させようと

企てていたんだけど

その企てがすべて録音されていたことに

気が付かなかったようだね

 

先週プーチン大統領は

かりあげ君に親書をだしたようだよ

9月11~13日を提案したんだ

911っていやな数字だけど

プーチンはこの日にディープステートが

何か計画をしているのを見据えて

わざわざこの日にしたのかも知れないね

プーチンはかりあげ君がウラジオまで来る途中

無条件の安全を保障するんだよ

 

この日は第4回東方経済フォーラムが

開催される予定になっているんだけどね

トランプもそこに出席予定になっているから

まだ米国政府はこのプーチンの申し出に対して

正式には承認していないんだよ

 

ウラジオだと平壌からたったの684キロ

シンガポールだと4743キロも離れているからね

今まであまり平壌を出たことにない

かりあげ君は

距離のあるシンガポールを

あまり好んでなかったのだろうことは

想像に難くないね

ロシア外務省の分析官たちも

そういう風に判断しているんだよ

 

何しろ平壌からモスクワまでは

鉄道一本で通じているからね

世界最長の直通鉄道モスクワ~平壌線で

たどり着けるわけだ

 

かりあげくんは

自分が国を離れるにあたり

クーデタをおこされるのではないかと言う

不安があり権力の座についてから

2回ほどしか国を離れていないんだ

これは両方とも今年行われた

中国訪問だよ

装甲列車をつかっているんだ

用心深いだろ

 

つまり北朝鮮は自分たちの安全が保障されない限り

草を食べることになっても

核兵器は手放さないよということだ

この内容はプーチンがアメリカに警告したことと

同じ内容だよ

 

アサド大統領の訪問がここで光ってくるんだよ

アサド大統領はプーチン大統領の要請によって

かりあげ君に面会を求めたんだよ

これは北朝鮮に手を差し伸べたのと同じことなんだよ

 

面会が実現すれば

米国の軍事侵略行為から

独立した国々を保護するという

ロシアにゆるぎない信頼を寄せてもいいのだという

ことが個人的に請け合うことが出来るんだよ

こうすれば北朝鮮は安心して核軍縮の話を

トランプ大統領とすることが出来るんだよ

 

9月11日までには

かりあげくんも自分の政権を

立て直せているのでしょうから

そうすればクーデタで退位させられる危険も

ぐっと減るかもね

 

トランプだってロバートミューラー特別検察官が

でっちあげた調査はその頃には終結しているでしょうからね

1974年にウラジオでフォード大統領が行った核軍縮の署名の

足跡を踏襲することが出来るではありませんか

 

http://www.whatdoesitmean.com/index2578.htm

 

 
<転載終了>