地球の記録 - アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
https://earthreview.net/pacaya-and-fuego-two-volcanoes-eruption-guatemala/
<転載開始>
投稿日:
グアテマラの火山活動を報じるメディア。その後死者は100名に達する


clarin.com

グアテマラで 6月3日で溶岩流を伴う噴火を発生させたフエゴ山は、その後も繰り返し噴火を続けています。

6月3日 噴火が始まった際のフエゴ火山


twitter.com

このフエゴ山の噴火の人的被害について、以下の記事でご紹介した時には、死者 25名ということで報じられていました。

その後、時間と共に死者、行方不明者はどんどん増え、6月7日には、死者は 100名にのぼり、行方不明者は 200名を超えています。

あるいは、この数もまだ増えていく可能性があるようです。

死者の多くは溶岩流によるものだったと思われます。

救出活動は続いていますが、生存者の救出確率は極めて低くなっているようです。

下は 6月6日の報道の写真で、フエゴ火山の救助活動を行っているレスキュー隊員たちが泣きながら現場から戻ってくる姿です。どうして彼らが泣いているのかは書かれていません。


CNN

激しく降り積もる火山灰の中で捜索活動をおこなうレスキュー隊員たち


Victor Oquendo

このような状況となっているグアテマラですが、同国にある二つ目の火山が活動を開始したことが報じられています。

それは、グアテマラの首都グアテマラシティ近郊にあるパカヤ山という火山で、6月6日に噴火を起こしました。

6月6日 噴火したグアテマラ・パカヤ山の様子


xeu.com.mx

 

パカヤ山から流れる溶岩


xevt.com

パカヤ山はグアテマラの首都グアテマラシティから 30キロメートルの場所に位置しており、大きな被害を出しているフエゴ山とも比較的近い距離にあります。

フエゴ火山とパカヤ火山の位置

Google Map

パカヤ山からグアテマラシティまで 30キロということですので、パカヤ山とフエゴ山の距離もおおよそ同じ程度のものといえそうです。

こうなってきますと、「連動して噴火しているのでは」という考えが出てきますが、6月6日、グアテマラの防災当局は、

「パカヤ火山の噴火は通常の範囲の活動であり、今回のフエゴ山の噴火とは関係はありません」

と動揺する市民たちに呼びかけました。

しかし、当局が「関係がない」と強調したとしても、この距離の火山で「3日間のうちが立て続けに噴火が起きる」ということになれば、まったく関係がないというように考えるのも、むしろ難しい感じがします。

このくらいの距離ですと、共有したマグマのエリアを持っていたとしても不思議ではないです。

いずれにしても、このふたつの火山の活動は現在も続いています。

これはグアテマラで出来事でありながら、実は環太平洋火山帯の火山全体、ある意味では「共有」しているということからも、他の国や地域の火山活動の動きとも関係がないとは言い切れないことなのかもしれません。


<転載終了>
黙示録的な今日の一枚
桜島にかかった赤い空の中の二重の虹(日本 06/06)
Phototwitter.com