In Deepさんのサイトより
https://indeep.jp/yellowstone-tallest-geyser-keeps-erupting-no-one-knows-why/
<転載開始>
通常ほぼ噴出しない米国イエローストーンの世界最大の間欠泉スチームボート・ガイザーが「今年はすでに半年で8回の噴出」を起こしている…。過去に一度も観測されたことのない、この事態に対しての適切な説明はない


投稿日:

世界中で大きな噴火が続く中でイエローストーンにも異常な動きが続く

ハワイのキラウエア火山や、中米グアテマラのフエゴ山の噴火など、印象的な噴火が続いています。

グアテマラでは、フエゴ火山に続き、比較的近い場所にあるパカヤ山という火山も噴火しました。それらについては、以下の記事でご紹介させていただいています。

そういう中で、アメリカのイエローストーンでは、今年、通常とは違う活動が続いています。

これは簡単にいえば、

「ほとんど噴出することのない世界最大のイエローストーンの間欠泉スチームボート・ガイザーが、今年すでに 8回めの噴出を起こしている」

というものです。

これにつきましては、今年 4月に、以下の記事でご紹介したのですが、それからさらに 5月、6月に、合計 5回の噴出が起きているのです。

この「スチームボート・ガイザー」というのは、観光案内などにもよく載っていまして、たとえば下のようなものです。

死ぬまでに一度は行ってみたい場所。 | 世界最大の間欠泉・スチームボート・ガイザー

アメリカ、ワイオミング州の北西に位置するイエローストーン国立公園には、現在世界最大の間欠泉があります。名前は「スチ-ムボ-ト・ガイザー」、直訳すると、蒸気船間欠泉です。

間欠泉が吹き上げた最高の高さは、90mにも及びます。一般的なマンションだと、およそ20~30階辺りの高さになるでしょうか?

ただ、噴出発生の間隔が一定ではなく、いつ吹き上げるか予測がつかないのが難点。相当運が良くないと見ることは出来なさそうです。

1911年から1961年まで、50年間、一切噴出がない休止期間のようなものもありました。

2000年からは年2~3回のペースで噴出していたようですが、2005年以降、大きな噴出はないようです。

というように、噴出自体がとても珍しい場合もあるこのスチームボート・ガイザーが、今年はすでに「半年間で 8回噴出している」のでした。

これは、観測が始まって以来、「一度もない」ことなのだそう。

この現象が地質学的にはともかく、「アメリカでの感覚としてはどのようなものか」ということについては、CNN が冒頭のような非常に長い特集記事を掲載するということでも何となくわかります。

今回は、この CNN の記事をご紹介しますが、オリジナルは翻訳したものより、さらに長く、なかなかのボリュームの特集記事ではあります。

もちろん、この間欠泉の異常な活動がイエローストーンのマグマ活動と関係しているわけではないとは思います。

それでも、「何らかの地質活動の変化がなければ、間欠泉の活動にこのような変化が突如起きることはない」とも思います。

大噴火とは関係がなくとも、「その地域で何らかの地質活動は起きている」と考えることは、そんなに非合理なことではないとも思うのですが。

何より、今現在これだけ世界の火山活動が活溌なのですから、そういう考えになっても不自然ではないようにも思われます。

というわけで、CNN の記事をご紹介します。


World's tallest geyser keeps erupting, and scientists aren't sure why
CNN 2018/06/07

イエローストーンの世界で最大の間欠泉が連続して噴出し続けているが、科学者たちにはその理由が分からない

イエローストーン国立公園のスチームボート・ガイザー(Steamboat Geyser)が、今年になってから8回目の噴出を起こした。

スチームボート・ガイザーが噴出するのは非常に稀なことだが、噴出した場合には、世界で最も高く噴き上がる間欠泉だ。

最大で 90メートルもの高さにまで噴出することもあるこのスチームボート・ガイザーが 6月4日に噴出を起こした。

そして、これは今年 8回目となる噴出なのだ。

この間欠泉は、今年 3月15日に噴出した後、4月には 2度の噴出、そして5月には4度(4日、13日、19日、27日)噴出している。そして、 6月4日に噴出したのである。

スチームボート・ガイザーはこのように数多くの噴出を起こすものではないが、これについて、アメリカ地質調査所(USGS)・イエローストーン火山観測所の科学者マイケル・ポーランド(Michael Poland)氏は CNN に、「スチームボート・ガイザーは壮大な間欠泉であり、一度噴出すると、一般的に非常に大きな噴出を起こすのです」と述べる。

最近の噴出は、地震活動のデータによると、過去のものよりも規模が小さくなってはいる。とはいえ、これらの最近の噴出が小さくても、オールド・フェイスフル・ガイザー(イエローストーン国立公園で最も有名な間欠泉)と比べると、ずっと印象的だとはいえる。

たとえば、今年 4月のスチームボート・ガイザーの 2度の噴出は、それぞれ約 200 ~ 400立方メートルの水を放出したが、これは、オールド・フェイスフル・ガイザーの噴出によって放出される水の約 10倍だ。

このスチームボート・ガイザーは、イエローストーンで熱を持つ地域で最も熱く変化する熱地域であることが知られるノリス・ガイザー盆地と呼ばれる公園の地域にある。

ポーランド氏は、「ほとんどの間欠泉は、オールド・フェイスフル・ガイザーとは異なり、噴出することが稀ですので、スチームボート・ガイザーが稀にしか噴出しないこと自体は不思議なことではありません。しかし、この間欠泉が世界で最も高く噴き上がる間欠泉であるということもあり、その活動の希少性は神秘的です」と言う。

今年 3月15日の噴出の前に、スチームボート・ガイザーが最後に噴出したのは 2014年9月のことだった。

イエローストーン国立公園局によれば、イエローストーンは 240億立方メートル以上のマグマの噴出が可能な火山を有していると言われている。これは 60万年以上前のイエローストーンでの大規模な噴火に関しての調査に基づく数値だ。

このイエローストーンのカルデラは現在でも活動していると考えられているが、多くの科学者たちは、イエローストーンが次の 1000年の間に噴火する可能性は低いと考えている。

スチームボート・ガイザーの連続した噴出と、超巨大火山の噴火との間には直接的な関係はないとポーランド氏は私たちに述べる。

ポーランド氏はこのように言う。

「間欠泉は、火山システムの最も浅い部分(数十メートルから、深くても数百メートル)で起きているプロセスを反映しているのに対し、火山のマグマシステムは約 5キロメートルも下にあります」

米ユタ大学の地震学の助教授で、イエローストーン火山観測所のジャミー・ファーレル(Jamie Farrell)氏は、次のように報告している。

「イエローストーンのカルデラは 2015年後半から沈静化しており、スチームボート・ガイザーが活溌に活動しているここ数カ月間にもそれは変化していない」

このイエローストーンの間欠泉の活動について、これが新しい熱擾乱に起因するものなのか、それとも間欠泉が単に頻繁な噴出の期間に入っただけなのかについては、今のところは不明だ。

しかし、いずれにしても、スチームボート・ガイザーが半年間で現在のような回数の噴出を起こしたことは過去には前例がないことであることは事実だ。

科学者たちは、近くスチームボート・ガイザーに地震計を設置する計画だ。仮に、今後も噴出が続く場合は、それが何らかの予備的な活動であったとしても、それを記録できることは良いことだと科学者たちは言う。

間欠泉の近くに地震計を設置すれば、離れた場所からでは記録することができない信号をキャッチすることができる可能性がある。

ファーレル氏は、「これらの信号により、噴出の " 蓄積" に関連するものがあるかどうかを確認できます。これらは、間欠泉がいつ噴出するかを予測する方法を提供する可能性があります」と述べている。

アメリカ地質調査所のスタッフたちは、最近のスチームボート・ガイザー噴出について、ツイッター上で「何も心配するようなものではない」と確信していると書いている。そして、活動の増加は、この夏の数カ月の間にいくつかのエキサイティングな光景を見る機会があることを意味するはずだと述べていた。


ここまでです。

なお、後半にありますアメリカ地質調査所のスタッフたちの投稿の内容の中の、

> この夏の数カ月の間に、いくつかのエキサイティングな光景を見る機会がある

という意味が今ひとつよくわからないですが、おそらくは、スチームボート・ガイザーなどの間欠泉がもっと数多く噴出するということを示しているのかだとは思いますが……。

あるいは何か他のことを意味しているのか、どうもはっきりしないのですが、そのまま訳しました。

イエローストーンに限らず、火山活動でもっとも激しくエキサイティングな光景は、カルデラ噴火でしょうが、まあそういうことではないとは思います。


<転載終了>