日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52028834.html
<転載開始>
複数記事の内容を簡単にお伝えします。
これまでにアメリカでは40000人以上の人々が極秘起訴されたそうです。彼らが関与してきた犯罪は小児性愛犯罪、性的暴行、人身売買、殺害、その他が含まれますが、実際に捜査が進んでいたことに驚きました。
極秘起訴された被告人らは(軍事)裁判にかけられ実刑判決が下されると言われています。
主要メディアが一切報道しないため、このことを知る人は多くないでしょう。

http://beforeitsnews.com/prophecy/2018/07/q-anon-media-black-out-think-resignations-msm-vs-q-video-2499154.html 
(概要)
7月2日付け

ジョーダン・サシャー氏曰く

これまでに40483人もの人々が極秘起訴されました。この数は例年の起訴状提出件数の5倍にも及びます。何か重大なことが起きているのは確かです。
ジョン・ハバー(ユタ裁判区の)連邦検事は昨年11月から470人の捜査官と共に捜査活動を行っており、全米を対象に極秘起訴を行っています。しかし主要メディアはこのことを一切報道しません。

以下はQアノンの投稿メッセージ#1660です。


「ハバー検事はアメリカの50州で起訴状を提出できるかを自問してください。
これが普通に起きていることだと思いますか。
考えてみてください。
多くの企業のCEOが辞任しているのです。
多くの上院議員が辞任しているのです。
多くの下院議員が辞任しているのです。
多くのFBI高官が解任されました。しているのです。
多くの司法省高官が解任されました。
しかしメディアは一切報道しません。


8ヵ月前から始被疑者ら(特に小児性愛犯罪、性的虐待、性奴隷、人身売買、虐殺、他)の大規模捜査と極秘起訴は、メディアが毎日のように報道すべき重大事なのです。
これは実際に起きているのです。歴史書にはイルミナティ・カバラ配下のメディアがこの事実を隠し通したと記載されることになるでしょう。


こちらがQアノンが記した極秘起訴に関する時系列です。

2017年10月28日: Qアノンによる初投稿
2017年10月30日:最初の極秘起訴
2017年11月13日:ハバー検事と470人の捜査官が捜査活動を開始。

皆さんが今目撃していることは数ヵ月、数年、数十年前から計画されてきたことです。
トランプ大統領とアライアンスが全てを統制しています。

http://beforeitsnews.com/spies-and-intelligence/2018/06/q-anon-3100-illuminati-sealed-indictments-just-released-download-complete-docs-video-2452938.html
(概要)
6月30日付け

Qアノン: イルミナティ関係者に対する極秘起訴の一部(3100件分)がネット上で公開されました。

danbanrock1


Qアノンの最新の投稿メッセージによると、イルミナティの関係者(被疑者)約40000人の極秘起訴のうちの3100人の詳細がこのほど公開されました。


詳細はこちら↑のビデオから:
(2:18~)こちらの表は3100件の極秘起訴の詳細を記しています。
表には、辞任日、業種、企業名・組織名、国名、地位、個人名、辞任理由、うさわ・コメントの順に記載されています。
(このビデオでは3100人分の情報をじっくり閲覧することはできませんが、辞任理由のところには辞任、解任、定年退職などとしか書かれていませんが、辞任理由は極秘起訴ということです。職業は様々です。企業のCEO、政府高官、軍、政治家、スポーツ関連、他です。

彼らの国籍は、アメリカ、イギリスが最も多く、あとはスイス、インド、ニュージーランド、中国、ノルウェー、マレーシア、ジンバブエ、ドイツ、フィリピン、フィンランド、ベトナム、南アフリカ、サウジアラビア、スウェーデン、カナダ、イスラエル、オーストラリア、ウクライナ、コロンビア、フランス、チュニジア、ロシア、メキシコ、アフガニスタン、イラク、セネガル、ベルギー、アイルランド、オランダ。。。。そして日本人も一人いました。自衛隊?関係者のようです。今回の情報は極秘起訴のうちの1割以下に関するデータですので、今後も次々と情報が公開されるのではないかと思います。どこからこの情報をダウンロードすればよいのかは分かりません。)

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/07/american-revolution-exposed-think-resignations-of-senators-congress-senior-fbi-senior-doj-and-the-deafening-silence-of-the-media-blackout-3622195.html
(要点のみ)
7月2日付け
アメリカの上院議員、下院議員、司法省の高官、FBI高官、他が大量に辞任しました。メディアは一切報道しません。

殆ど全ての主要国のリーダーは、NWOの側についているダブルスパイの裏切り者なのです。
今、ロシア、アメリカ、他の国々によって結成されたアライアンスが世界中の政府を倒しています。
6月の記事によると、ヨルダン、ジョージア、アルメニア、スロバキア、マダガスカル、スペイン、イタリア、エジプトの首相が突然辞任しました。今後、ウクライナ、イスラエル、マレーシアの首相が辞任するでしょう。



NWO側のリーダーを追放する動きが続きます。悪魔崇拝者らは世界を完全支配する日を夢見ていましった。しかし世界は彼らに支配されることを拒んでいます。


<転載終了>