逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/997512694d8741f7e95677cd8f635db0
<転載開始>
2018年07月11日 | 政治
『福島の甲状腺がん集計漏れ11人』  『検査の信頼性揺らぐ』2018/7/7 共同通信社

東京電力福島第1原発事故の後、福島県が県内全ての子ども約38万人を対象に実施している甲状腺検査で、集計から漏れていた甲状腺がん患者が11人いることが7日、関係者への取材で分かった。事故当時4歳以下も1人いた。県内で多く見つかっている子どもの甲状腺がんと事故との因果関係を調べる検査の信頼性が揺らいだ格好だ。
福島市で8日に開かれる県の「県民健康調査」検討委員会の部会で報告される。
県の検査は2011年度に開始、今年5月から4巡目が始まった。これまでがんと確定したのは162人、疑いは36人に上る。

『台所で「ゴキブリが1匹見つかった」ということは・・・・』
★注、
原発4基が暴走した未曾有のフクシマのレベル7の核事故後に、小児甲状腺がんのエコー検査を行っていた福島県検討委(福島県立医大)の統計漏れが発覚。(去年の3月に外部の民間団体の統計漏れの指摘を受けていた検討委が1年4ヶ月も先送りしていたが、やっと今回その事実を認めた)
『検査の信頼性揺らぐ』(2018年7月7日)とのタイトルの共同通信社の記事は衝撃的だった。
この11人もの集計漏れですが県外など無関係な医療機関を受診していた患者ではなくて、なんと、『灯台下暗し』で県立医大付属病院内での患者なのですから、何をかいわんや。
今まで公開していた福島検討委の統計数字の根本が丸ごと疑われているのですから深刻である。

『小児・AYA世代のがん罹患』更新・確認日:2018年05月30日 [ 履歴 ] 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

1.小児・AYA世代のがんの罹患率

•2009-2011年の小児がん(0~14歳)の罹患率(粗罹患率)は12.3(人口10万人あたり)。*
•同様に、AYA世代にかけてのがん罹患率は15~19歳で14.2、20歳代で31.1、30歳代で91.1(人口10万人あたり)。*
•これらの罹患率を日本全体の人口に当てはめると、1年間にがんと診断されるがんの数は小児(0~14歳)で約2,100例、15~19歳で約900例、20歳代で約4,200例、30歳代で約16,300例と推計される。

* 小児がんは一般的に0~14歳のがんを指す。AYA世代(adolescent and young adult;思春期・若年成人)は15歳から20歳代、30歳代を指すことが多く、ここでは15~39歳)。がんは通常、悪性の腫瘍を指すが、小児など若年のがん統計では良性・良悪不詳の脳腫瘍を合わせて含むことがある。ここでの罹患率は良性・良悪不詳の脳腫瘍を含む。

2.小児・AYA世代のがん種の内訳の変化
•小児期からAYA世代にかけてがん種の内訳は大きく変わる。
•特に女性では20歳~30歳代にかけて乳がん、子宮頸がん、甲状腺がんが増え、その変化が大きい。

●罹患率が高いがん種は順に[全がんに占める割合]*
0~14歳(小児)
1位 白血病[38%] 2位脳腫瘍[16%] 3位リンパ腫[9%] 4位胚細胞腫瘍・性腺腫瘍[8%] 5位神経芽腫[7%]
15~19歳  
1位白血病[24%] 2位胚細胞腫瘍・性腺腫瘍[17%] 3位リンパ腫[13%] 4位脳腫瘍[10%] 5位骨腫瘍[9%]
20~29歳
1位胚細胞腫瘍・性腺腫瘍[16%] 2位甲状腺がん[12%] 3位白血病[11%] 4位リンパ腫[10%] 5位子宮頸がん[9%]
30~39歳
1位女性乳がん[22%] 2位子宮頸がん[13%] 3位胚細胞腫瘍・性腺腫瘍[8%] 4位甲状腺がん[8%] 5位大腸がん[8%]
元データ:小児・AYA世代のがん罹患データ

『がんとの共生ってなに??? 

にわかに国立がんセンターが言い出した「AYA世代のがん」との新しい言葉』 

7月11日(水曜日)付け毎日新聞(朝刊)『くらしの明日』で は、私の社会保障論『AYA世代のがん対策』、『相談窓口の整備急務』赤十字訪問看護ステーション総括所長・秋山正子
と題して、
一昨年12月に見直されたがん対策基本法に基づき、今年3月に「第3期がん対策推進基本計画」が策定された。その中で、今期から初めてAYA(思春期と若年成人)世代のがんが明記された。がん医療の充実とがんとの共生の項目の中で、小児がん、高齢者などのがんとともに、ライフステージに応じたがん対策が取り上げられた。
15歳から39歳までのAYA世代の患者数は、がん患者全体の4%(年間推計約2万1000人)に過ぎないが、若い世代のがんの罹患には、治療法の確立していない希少がんが多く、がんの特性に応じた対策が望まれる。この時期の治療は生殖機能にも影響を及ぼすため個別性に富んだ対応が要求されている。
と書いているが、
『一昨年12月に見直されたがん対策基本』とか、『今年3月に「第3期がん対策推進基本計画」』など誰も知らない。(マスコミが今まで報じていないのである)
なんと、『今期から初めてAYA(思春期と若年成人)世代のがんが明記された。』とあるので今までには無い新しい出来事だった。
ところが、一番驚いたのは、これらは『がんとの共生』の項目の中で、取り上げられた事実であろう。
あの禁断の近藤理論に我が日本国の国立がんセンターが丸ごと、嵌っているのである。
近藤誠医師によると、がんには治るがん(がんもどき)と治らないがん(本物の癌)があり、(放置していても治るので)『がんもどき』の外科的治療は丸々無駄だし、治らない本物のがんの外科手術では初期でもリンパ節など他に臓器に転移しているので無駄。摘出手術では逆に体力を消耗して死期を早めるだけの最悪の行為だと主張した。ところが、当たり前ですが医学界の全員が挙国一致で『近藤理論』を嘲笑、罵倒して一切頭から相手にしなかったのである。(がんと分かってもほぼ何もすることが無いので、もし近藤理論が正しいと大勢の医者が失業する)
しかし近藤誠医師の主張(近藤理論)のメイン部分とは『がんとの共生』だったのですから、今の国立がんセンターは(誰にも知られない間に、密かに)丸々が近藤理論になっていたことになる。(ただし、医学会は近藤理論が正しいとは今でも一切認めていない)

<転載終了>