タマちゃんの暇つぶしさんのサイトより
http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-16255.html
<転載開始>
16歳クソガキが小型原子炉を考案:10万世帯発電量( シリーズ:新核時代:7 ) < newsNueq-1311 >を転載します。
貼り付け開始

 てっきり( シリーズ:新核時代:3 )辺りで配信したものと
  思ってたら送ってなかった件については2度ばかり書いたかと
  思うが < 1-311 > 記念号と云うことでお送りします。

  ブログ並みに長い文章になりましたが、
  極めて重要なことをまとめてありますので、
  最後までじっくり読んでください。

  拡散希望!


   
 AFP
 米18歳少年が小型原子炉を考案、発電量は「10万世帯分」
 --------------------------------------------------------
 http://www.afpbb.com/articles/-/2931696
 2013年3月1日  16:03


 < 抜粋 >

 古い核兵器から取り出した廃棄物を使い、家庭や工場、
 そして宇宙居住施設まで、何にでも電気を供給できるようになる可能性を秘めた
 小型の原子炉を、米国のテイラー・ウィルソン(Taylor Wilson)君(18)が考案した。

 4年前、家族と一緒に住む自宅のガレージに設置する
 核融合炉を設計したことで有名となったウィルソン君は、
 28日に開催されたTEDで、新たな構想を披露した。
  TED
  Yup, I built a nuclear fusion reactor | Taylor Wilson
  --------------------------------------------------------
  https://youtu.be/9B0PaSznWJE
  
  3'32" 2012/03/22

  TEDxUniversityofNevada
  The Future of Energy | Taylor Wilson |
  --------------------------------------------------------
  https://youtu.be/bB93E-C7OPo
  
  16'28" 2016/02/11

 それは、最大10万世帯の家庭に電気を供給できる、
 5万~10万キロワットの発電量を持った小型原子炉だ。
 組立ライン方式で製造が可能で、核兵器から取り出した
 溶融状態の放射性物質を使い発電するという。
 比較的小型で、30年間の発電に必要な燃料を炉内に密封した状態で出荷が可能だ。

 この原子炉のタービンは、蒸気ではなくガスで回るように設計されている。
 よって、通常の原子炉よりも温度は低く抑えられ、
 炉が破損しても中の物質は噴き出ることがない。

 ウィルソン君によると、燃料は溶融塩の形をとっており、原子炉は加圧する必要がない。
 また「事故が起きたときには、炉心(の燃料)を原子炉の下の
 中性子吸収材が入ったタンクに排出すれば、核反応は止まる」という。

 昨年5月に高校を卒業したウィルソン君は現在、大学進学を先延ばしして、
 「モジュール型核融合炉」を製作するために設立した会社の事業に集中している。


 TED
 テイラー・ウィルソン
 うん、核融合炉を作ったよ

 -----------------------------------------------------------------------
 https://www.ted.com/talks/taylor_wilson_yup_i_built_a_nuclear_fusion_reactor?language=ja
 at TED2012

 3'26"( 日本語字幕 )

 TED
 Taylor Wilson: My radical plan for small nuclear fission reactors
 https://youtu.be/5HL1BEC024g
 12'53"( 日本語字幕 )

 2013/04/30


 GIZMODO
 史上最年少!
 13歳の少年、核融合が可能な原子炉を作る
 --------------------------------------------------
 https://www.gizmodo.jp/2014/03/13_11.html
 2014.03.06 21:00

 イギリスに住むジェイミー・エドワーズ(Jamie Edwards)君。
 学校の先生に熱心なプレゼンを行って3400ドル(約35万円)の資金を集め、
 ファーンズワース=ハーシュ(通称フューザー)として知られる原子炉を作りあげた。
 

 英国の少年13歳が核融合装置作りに成功の快挙
 -----------------------------------------------------------
 http://alchemist-jp.at.webry.info/201403/article_8.html
 2014/03/08 00:02

 < 抜粋 >

 英国の少年:ジェイミー・エドワーズ(Jamie Edwards)君が
 自力で核融合装置を作り上げたとのニュースが世界に向けて発信された。

 この核融合は、重水素を高電圧下にヘリウムに変えるものである。

 ※ ヘリウム3と中性子が生成される。

 フィロ・ファーンズワースによって発明された核融合装置。
 従来の核融合装置は、磁場によってプラズマを封じ込めて緩やかに加熱、
 ファーンズワース式は、反応容器内で瞬間的に高温状態を作り出す
 慣性静電場閉じ込め式。

 スポット溶接された電極とステンレス鋼製の輪を
 右のアングルに繋ぐ、フューザーの電極は厳密に配置しなくても良い。
 外部電極はビーチボール大にする。
 内部は卓球の球から野球の球の大きさにする。
 ネオンサインやX線装置に使用される高圧トランスと高圧増幅器を使用する。
 自動車のスパークプラグ用電線で電気を送る。
 スパークプラグ若しくは似た碍子で真空容器と電線を絶縁する。


 Make:
 Learn How to Build a Nuclear Fusor
 --------------------------------------------------------------
 https://makezine.com/projects/make-36-boards/nuclear-fusor/
 November 1, 2013, 10:25 am PDT

 < 動画&設計概念図あり >


 温故知新
 米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ
 東芝、ビル・ゲイツ氏と次世代原子炉開発を検討

 -------------------------------------------------
 http://www.1-em.net/sampo/energy/2atom.htm

  REUTRRS
  米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ
  -----------------------------------------------------------------------
  https://jp.reuters.com/article/lockheed-fusion-idJPKCN0I509K20141016
  2014年10月16日 / 13:28



未来地球デザイン塾等で何度もお話ししてるように、
「 核融合 」はこの世( 宇宙 )に存在しません。

熱核融合( トマカク型、レーザー型 )は、70年もかけて未だに実現できないでいます。
常温核融合は「 錯覚 」に過ぎませんでした。
実験に用いるプラチナとパラジウムの電極が
核崩壊( 核融合の逆 )してるだけのことであることを発見したのが、
日本の常温核融合の第一人者:北大の水野さんその人。
この辺りは、2007年だったかにナチュラル・スピリットから
創刊された「 スペースシップ 」にペンネームで書いた通りで、
ご存知の方も多いかと。。。

「 水爆: NueClear Bomb = 核融合爆弾 」も存在しないことは
何度もセミナーでお話しした通り!

なんせ、水素爆弾と核融合発電のモデルとされる
太陽自体が核融合などしてないです。
一体、いつまでこんなアホな詐欺を続けてんだか。。。。。

DeepPurpleの賞味期限はとっくの昔に切れてるが、
核融合の賞味期限などそのまたとっくの昔に切れてDeepPurpleどころか、真っ暗闇だ!

  Rock Band「 Deep Purple 」の意味、ご存知でしょうか?
   第1期 DeepPurpleは、まさに、Deep Purpleのサウンドだった♪


さて、以前にすでに2〜3度書いたが、
テイラー・ウィルソンって云うこの糞ガキ、
まさに、ビル・ゲイツ2世って感じのパクリ屋詐欺ガキだ!

ビル・ゲイツ( 本名:ウィリアム・アレキサンダー・ゲイツ4世 )
13歳の時、当時有名だったDOS( Dynamic Operation System )を
パックってMS-DOSとして発表。
一世を風靡して、一躍、時代の寵児となり、真似黒ソフト帝国を築き上げた。

ビル・ゲイツは自分の才能で時代の寵児になったわけではない。
親父が息子を時代の大スターに育て上げたのだ。
親父は弁護士。おそらく特許関係に詳しいビジネス系弁護士なんだろう。

親父の手口は、優秀なソフトを息子( や、おそらくはスタッフ )に
パクらせ、プログラムの一部を改変して、
オリジナルの開発者を法的に追い込んで、
その権利・名誉をすべて息子に剥奪してきた。

そして息子とそのチームは、自分たちがパクってギョーカイNo.1になったので
同じ手口で自分たち自身がパクられて潰されないようにする為に
回りくどくて混線気味のプログラムにした。

しかも美的センスを120%欠いてる為、
GUI( Graphical User Interface )があまりに汚く、
バランス感覚も欠如した見てるだけで吐き気を催すようなデザインに仕上がった。

プログラムは回りくどくてトロい上におかしな動きをするし、
GUIは目を背けたくなるわで、
mac2やSEから始めた僕には使いもんにならないシロモノだった。

にもかかわらず日本中・世界中のアホどもが満足してこれを使ってる。
この光景は到底僕には理解不能だった。

よくまぁ、こんなガラクタを文句一つも言わないで使ってられるもんだ!
と。。。。

MS-WORDなど愚の骨頂で、あんなトロくて不便で汚いソフト、
よくまぁ、使ってられるもんだ!
僕はみんなにいつも言ったもんだ。
MS-WORDで送ってくるんじゃねぇッ!!!!!

PDFか、PageMakerか、QuakeExpressか、
でなければ、プレーン・テキストで送ってこい!
と。

真似黒ソフトで例外的に唯一素晴らしいソフトがある。
Excelだ。
なぜなら、これだけはパクリ( つまりパクって作り直した )のではなく、
乗っ取ったのだ。
乗っ取って、開発者本人を例のごとく潰した。
あのクソガキの手が全く入ってないプログラムだから
素晴らしい出来に仕上がっている。

だから僕は、この13歳でデビューしたパクリ屋のクソガキのソフトでは
Excelしか使わない。


テイラー・ウィルソンの説明をする為に初代パクリ屋クソガキの
経歴を簡単にご披露した。
ってことで、2代目パクリ屋クソガキの話題にやっと移れる。


上記に示したように、この糞ガキが最初に発表した「 核融合 」は、
イギリス少年が最初だ
まさに、ビル13歳の時のDOSパクリをそのまま踏襲してると言っていいだろう。

で、この「 核融合 」は本物か?
僕のコメントの冒頭で書いたように核融合はこの世( 宇宙 )には存在しない。
では、ジェイミーくんは何を勘違いしてるのか?

実験装置にはデュートリウム( 重水素 )が充満されている。
デュートリウムは、陽子1個・中性子1個・電子1個からなる放射性物質。
( Wikiには「 放射性でない 」と書いてるが、何を馬鹿なことを! )
Wikiの記述の3割はデタラメであることに留意されたし … 中には95%デタラメも

ここに高圧光電流を流すと多大なエネルギーが重水素ガスに供給され、
デュートリウムのつがい( つがいの状態では安定=非放射性 … 多くはこの状態で観測される )
は勃起、じゃなかった励起して( 同じようなものだが。。。。(^o^)ゞ )
奥さん( 中性子 )が家出してしまう。

すると、デュートリウムのつがい( 2個セット )は、

 P2+N1+e2
 N1

に分離(励起)する。
( P=positron 陽子、N=neutron 中性子、e=electron 電子 )

これがファーンズワース( ジェイミーくん )の実験の実態だ。
パクリの糞ガキがTEDで

 入出力エネルギーの収支では入力がはるかに大きいが
 誕生する物質に利用価値がある。

と喋ってるが、これは重水タンク内で行われる常温核融合実験の際の
白金・パラジウムからそれ以下の原子番号重金属が核崩壊によって
誕生するのと同じ現象だ。
投入エネルギー&コスト面から云うとまるでお話にならないシロモンだ。


次にパクリの糞ガキの「 超小型原子炉 」の件。

これは以前にも書いたが、広島・長崎原爆を開発したロス・アラモス研究所で
1950年に考えられたもの。

これを人間の死肉を貪るハイエナのようなゲス野郎の服部禎男(はっとりさだお)がまたしても掘り出してきた。
人類に対して悪魔のような所業を成すゴミ漁りに長けたハイエナ野郎だ。
僕のブログでは、「 放射線ホルミシス 」に関連して何度も取り上げてきた。

日本人に被曝を強要した原発三巨悪

 田中俊一( 原子力研究所 )
 勝俣恒久( 盗電会長 )
 服部禎男( 電中研:ホルミシス、小型原発 )


は処断されなければならない。
 

この「 のんびり反応小型原子炉 」の基本形をハイエナ野郎が、
ロスチャイルドから送り込まれて倒産の危機に陥れた西田厚聰の東芝に持ち込み、
同社は数年前にこの技術の実用化に成功した。
昨年からの東芝倒産騒ぎの原因とされているウェスティングハウスの負債負担は
実は表向きの言い訳に過ぎず、実際には根底にこの問題があるのではないかと、僕は睨んでいる。

で、西田が東芝に抱きかかえさせたウィエスティング・ハウス( + GE原子炉部門 )は、
バミューダに本社を置くカナダのブルックフィールド・ビジネス・パートナーズに
売却された。
Brookfield Business Partners( 産業投資、オペレーション )の兄弟会社には

 Brookfield Asset Management( 資産管理、投資 )
 Brookfield Property Partners( 不動産 )
 Brookfield Infrastructure Partners ( インフラ、データ )
 Brookfield Renewable Partners( 発電 )

がある。
カナダには、ヒラリーゲート事件の核心「 ウラニウム・ワン 」社がある。
ロシアが買収したUSAのウラン資源25%を所有する会社だ。


そして東芝の小型原子炉が完成間近になって、ビル・ゲイツがこれに参加( 出資 )。

今年2月になると、ビル・ゲイツは東芝で完成したこの技術をほぼそのまま中国に持って行って、
中国でこの原子炉を作ることが決まった。

 < newsNueq-905:ビル・ゲイツ原発、中国で巨大プロジェクト( シリーズ:新核時代:3 ) >

おそらくはブルックフィールドのウェスティング・ハウスが技術を提供することになるはずだ。


13歳のTEDの糞ガキの設計図はこれと全く同じものだ。
つまり、ゲイツは自分の時と同じ13歳のパクリ屋の糞ガキの売り出しに関して
自分の名は一切出してないが、その裏にいると見てほぼ間違いないだろう。


そして日本では、

 日本ネイチャーセル株式会社
 http://www.japannaturecell.jp/
 https://goo.gl/maps/5zvJCUXgpow
 代表取締役:柳瀬正男
 設立:2010年10月

が設立され、ハイエナ野郎の発明者名で小型原子炉の特許が申請されている。

 「 特許小型原子力発電システム」日本ネイチャーセル株式会社
 http://urltokyo.com/j1/kurashi/a1/s2013094196.htm
 https://astamuse.com/ja/published/JP/No/2017044703

上記HPも他のPDFもリンクが切れている。
どうやら2015〜6年頃までは活動してたようだが、
これまで書いてきたように、ゲイツ・東芝問題と絡んで活動を停止したのか?


東芝が完成させたこのロス・アラモス開発の
小型原子炉「 Super Nature Cell-10 金属燃料バッテリー 」は、

 ・ φ90cm・H4mの超小型原発。
 ・ 30年かけてゆっくりと核燃料を燃やすので安全。
 ・ 超スリム設計なので万一炉心温度が上昇しても核分裂反応は継続できない。
 ・ 運転中、使用済み核燃料棒問題が発生しない。
 ・ どこにでも置ける( 地下埋設も可能 )。
 ・ 長距離送電線が不要。
 ・ 低価格。

  概念図
  http://agora-web.jp/cms/wp-content/uploads/livedoor/imgs/5/3/53d3b1cd.jpg
http://agora-web.jp/cms/wp-content/uploads/livedoor/imgs/5/3/53d3b1cd.jpg
と、いうもの。

一見素晴らしい技術のように見える。
これが、「 放射線ホルミシス 」同様、被曝殺人を天命とするハイエナ野郎の
ペテン解説テクニックだ。

使われる燃料はウラン235とか238が主体だ。
核崩壊( 核分裂 )とは、1個の元素が基本的には2個に分裂して
合体エネルギーをX線とかγ線とかの放射線や、
時にヘリウム元素核( α線 )や電子・陽電子を放つ現象のこと。
そう、2個に割れるのだ。
どんな風に2個に割れるかの確率は

  被曝を可視化する
  ------------------------------------
  https://nueq.exblog.jp/24283936/
  2015年 03月 25日

の下の方にあるグラフを参考にされたし。
確率的に多く誕生するのが311で有名になった

 セシウム・ストロンチウム・ヨウ素だ。
核崩壊カスケードによって、ざっと200〜300種類の放射性物質が誕生する。
b0221143_102086.png
ウラン・プルトの核分裂時に生成される放射性生成物の生成確率グラフ

b0221143_1012362.jpg
              核分裂生成物リスト

さて、問題は30年間燃やし( 崩壊し )続けるリアクターの中だ。
ウラン235もカリウム40も実は元素のサイズにさほどの差はない。
ものによっては、小さい元素の方が重い元素よりサイズが大きいことすらある。
詳しくは、

  ピーター アトキンス
  「 元素の王国 」

  草思社 (1996/10/1) を参照されたし。

では、ウラン235がカリウム40になるまで何回の核崩壊が行われるか?
そしてカリウム40は更に分裂してから安定元素となる。
U235からK40までは、2〜3回なので、合計3〜4回。
このケースはカスケードが少ないケースかもしれない。
でもまぁ、平均して4回の核分裂とすると、
ざっと体積は、「 2^4 」= 16倍となる。
この16倍に増えた体積をスリムな超小型リアクターの中に収めておくことは不可能だ。

つまり、311で有名になった「 ベント(排出) 」が行われる。
200〜300種の放射性物質がノンフィルターで大気中に放出される。

銀座や道頓堀の街中、大分銀座、ロンドンのトラファルガー広場、
嵐山天竜寺境内、足摺半島南端の松尾漁村、フィリピン・パラワン島エルニド村などに
これが置かれるのである。


増田俊男氏は、1990年代より、

 北朝鮮は時が来るまでアンタッチャブルな国として放置される。
 北朝鮮には、全世界のウランの埋蔵量を上回る量がある。

としてきたが、いよいよこのパンドラの箱が開けられようとしている。


200〜300種の核物質で被曝して病死したり、奇形が生まれたり、
メス化して種が滅びゆくのは何も人間に限らない。

カラスもパンダも羊もゴキブリも稲もパパイヤも納豆もバイ菌も
地球上のあらゆる生命種が内部被曝する。
しかも人間には街中:すぐそばにこれが造られようとしているのである。

人間が滅びるのは自業自得としても、地球生命体の揺り籠、
全地球生命体重量の8割を占める地球生命体の王者バイ菌様も同様の絶滅にさらされる。

よく、バイ菌( バクテリア )は、放射性物質を食べるのがいるから大丈夫。
って論を聞くが、あれは食べてるのであって、分解・無害化してるわけではない。

バイ菌の寿命は3時間〜3日。
対してセシウムの半減期は30年。
放射性物質は、核分裂前にそのエネルーギーを「 漏電 」してる件は
ソマチッドセミナーを中心に、ブログでも newsNueq でも何度か書いたかと。
漏電エネルギーはバイ菌にとって労せずしてエネルギーをもらえるとても貴重な存在だ。
なんせ、< 3時間 vs 30年 > と云う割の良いロシアン・ルーレットだからだ。
運悪く、飲み込んでる時に核崩壊を起こせば、バイ菌は爆裂する。

バイ菌が絶滅の危機にさらさると40億年の生命進化が全てパーになってしまう。


死肉を漁るハイエナ服部野郎がやろうとしてることは、そういうことだ。  

それに金にしか目のないウィリアム・アレキサンダー・ゲイツ4世閣下と
そのコピー糞ガキがチンドン屋を務めている。

そしてその露払いが、既存原子炉解体ビジネスのチンドン屋にご指名された
稀代の売国奴:小泉純一郎だ。
原発は、造るより壊す方が金がかかる。


 
関連情報

  < newsNueq-464:ビル・ゲイツの超小型原子炉 >
  < newsNueq-516:小泉の反原発は原発解体利権 その後に来るものは? >
  < newsNueq-784:拡散希望 ★ 小泉「 原発ゼロ法案 」は原発解体利権 >
  < newsNueq-811:日本の欧州原燃会社買収( シリーズ:新核時代:1 ) >
  < newsNueq-817:ビル・ゲイツの新型小型原子炉( シリーズ:新核時代:2 )>
  < newsNueq-905:ビル・ゲイツ原発、中国で巨大プロジェクト( シリーズ:新核時代:3 )>
  < newsNueq-906:東芝:西田元会長の死と三井住友から送り込まれた新会長( シリーズ:新核時代:4  >
  < newsNueq-1101:日本、新型 小型原発 研究開発へ( シリーズ:新核時代:5 )>
  < newsNueq-1101:追記 : 日本、新型 小型原発 研究開発へ >
  < newsNueq-1153:北鮮核放棄の見返りは200兆円( シリーズ:新核時代:6 ) >
  < newsNueq-1290:スチュワーデスは乳癌・皮膚癌の罹患率高い >



                                  nueq

貼り付け終わり、 ニュークさん解説。太字、マーカー等は勝手に付けました。



*小型原子炉が津々浦もれなく設置されて、もれなく被曝者となりますってかーw

・個々人はソマチッド⇒入手し易い「ケイ素(水溶性)」の利用で自己防衛に努めましょう!

・日月土さん、福田さんの地下原発説より小型の様ですねー!

<転載終了>