大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

ぴょんぴょんの「インプラントがアンテナに?」

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=168267
<転載開始>

ぴょんぴょんの「インプラントがアンテナに?」

 昔から歯が弱くて、「60過ぎたら総入れ歯になる。」とおどされてきました。
 さいわい、上手な歯医者さんのおかげで、まだ総入れ歯にはなっていません。
 欠損した歯はありますが、部分入れ歯がきらいなのでそのままです。
 インプラント? まったく考えたこともありません。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「インプラントがアンテナに?」


800万円もかけたインプラント


金持ちってやつはなあ〜。

いきなり、なに?

いや、知人から聞いた話だが、
ある金持ちが、全部の歯をインプラントに取り替えたとたん、認知症になったって。

pixabay[CC0]


へ?!

800万円もかけたそうだ。

800万円かけて、認知症になった・・・。
全部インプラントするって決めた時点から、すでにボケ始めてたんじゃないの?

いや、それまでは、ふつうに仕事できてたそうだ。

まさか、インプラントが原因?

そこだよなあ〜、どう見ても疑わしいよなあ〜。

このごろ、どこの歯医者に行っても、インプラントを勧められるよね。
インプラントってどんなことするの?


「ワンピース型」と「ツーピース型」、どちらを選ぶ?


歯を抜いたあとに、
①元の歯の根本にあたる、顎骨にチタン製・人工歯根(フィクスチャー)を埋め込む。
人工歯根に連結部(アバットメント)を載せる。
③最後にセラミックの人工歯をかぶせる。


3つのパーツがあるのかあ。

パーツの数で、インプラントの方法が2つに分かれる。
①と②が、一つのパーツになっている「ワンピース型」。
①と②が、別のパーツになっている「ツーピース型」。

へえ〜、どう違うんだろ?

手術の時間と、手間と、値段が違う。
「ワンピース型」はオペが一回で終わるし、治療期間も短い。
費用も1本10万円台からあり、「早い、安い、簡単」。

どっかの牛丼チェーンみたいだね。

(続きはこちらから)

「ツーピース型」は、①と②が別れてるから、オペは2回になる。
つまり、3~6か月かかる。当然、費用も1本30万円以上になる。
「遅い、高い、面倒くさい」。

だんぜん、「ワンピース型」がお勧めだね。

と、思うだろ?
ところがばってん、「ワンピース型」はクッションがないので、過大な力に弱いんだ。
「ツーピース型」は、②の連結部がワンクッションになるから、歯を強く食いしばっても歯根や骨までの影響が少ない。

でも庶民なら、「早い、安い、簡単」を選ぶよね。

それが昨今、インプラントはけっこう問題になってて、訴訟も跡を絶たない。

技術が未熟なのかなあ。

コンビニよりも増え続ける歯科。
お客さんの取り合いで、経営の厳しいとこが増えてるそうだ。

pixabay[CC0]


そんな中、自由診療のインプラントはいい収入源になるってことか。

インプラントを(患者に)やっていただかないと、私のところは経営が成り立たないんですよ。」「インプラントは、歯科医師の救世主だと思います。打てば打つほど、歯科医院はうるおいます。
(クローズアップ現代+)

これが、歯医者さんの本音なんだ。

たった5時間の講習会受けただけで、いきなり本番って人もいるみたいだから。

こわ〜、それじゃまるで実験台だね。

そうやって、ネコも杓子もインプラントを埋めたせいで、介護施設ではエライことになっている。

インプラントの老人が、増えてるんだね。

昔は、入れ歯を洗っておしまいだったが、インプラントしてたら誰が手入れするんだ?


年とともに、毎日ものを噛むごとに、人工歯根は骨に食い込んでいくんだぜ。
しかも、かぶせてるセラミックはいつか老朽化して、割れてしまう。
しかも、そいつが「ワンピース型」だったりしたら

土台の金属が、歯ぐきの上にモロ出しになるよね。

舌で触るだけでも、怪我しそうな金属が口の中で出っ張ってんだぞ。

Author:Hanabishi[Public Domain]


痛そう〜。

そいつが凶器になって、歯ぐきに突き刺さり、血だらけになるケースもあるそうだ。

はやく、歯根を抜かないと。

ところが、いったん骨に埋め込んだ人工歯根は骨に同化してしまうから、
ネジを抜くようには簡単にいかねえ。
人工歯根を骨からドリルで削り出す、大手術になるんだ。(NEWS ポストセブン)

やっかいだねえ〜。
それに老人が、そんな大手術に耐えられるの?

「ツーピース型」では、そういうことはない。
飛び出している連結部をネジで外せるようになってるから。

インプラント入れるときは、そんな先のこと考えないから、安くて早い方を選ぶよねえ。


電磁波を集める口の中のアンテナ


ところで、インプラント後に認知症になった話にもどるが。

やっぱ、関係あるのかな?

インプラントの金属は、歯根も結合部も、チタンまたはチタン合金だ。

チタンは、安定してて、経年変化を起こしにい金属だと言われてるよね。
人工関節に、使われてるくらいだし。

ところで、覚えてるか? 昔の携帯、アンテナ立ってただろ? 
あれ、チタン合金だったんだ
って。

pixabay[CC0]

へえ?

つまり、アンテナに使うくらいだから、チタンは電磁波を集めるんだよ。

へえ? そりゃ、ヤバくない?

「チタン合金が電磁波を集めやすい性質を利用して」、チタン合金製のiphoneのケースがあるくらいだ。(人生バックドロップ歯科医の裏健康の館)

ほんとだあ〜!

インプラントは、口の中にアンテナを立ててるようなものなんだと。
しかも、「取り外したり、たたんで仕舞うことも出来ないアンテナです!
それも影響を受けやすい脳にひじょうに近いところに埋まってます。
(人生バックドロップ歯科医の裏健康の館)

ひえ〜、どんなに携帯の電波塔を避けても、自分の口の中にアンテナが立ってる?!

インプラント=歩く、携帯電波塔だな!

pixabay[CC0]


じゃさあ〜、チタン合金を30本もインプラントしちゃった人はどーなるの?

携帯の電磁波が、インプラントに集まるとどうなるか?!
脳血流が減少する(脳活動抑制)
平衡感覚の障害
筋力の低下
関節可動域の減少
が、「ほぼ確実に起こります。」(人生バックドロップ歯科医の裏健康の館)

脳血流が減少したら、認知症になるんじゃない?

その通り。
認知症の原因は、脳の神経細胞の変性や脱落が原因とされている。(相談e-65.net)
血流減少は、神経細胞の変性・脱落を起こし得るだろう。

800万のお金持ちも、これで認知症になったのかなあ?

それ以外にも電磁波は、平衡感覚の異常や筋力の低下を起こすことがある。
藤井佳朗という、電磁波と歯の関係を研究している歯科医がいる。
彼の「インプラントで体がふらふら。」という動画を見れば、実際にふらふらになることがわかる。

インプラントをしてる女性がパソコンに近づくと、体がゆらゆら揺れてるよ。

pixabay[CC0]


パソコンをアルミホイルで覆って、電磁波を遮蔽するとまっすぐ立てるが、ホイルをはがすとまた揺れる。

ところが、インプラントを取り外した後、パソコンに近づいても揺れなくなってる!

しかし、取り外したインプラントを、彼女の足元に置くと再びふらついている。

明らかに、インプラントが集めた電磁波によって、ふらつきが起こることがわかるね。

こんなに電磁波のことがわかってる藤井先生、テレビ出演したとき、テレビ局からこう言われたそうだ。
「電磁波の話は出すな。出したら放送しない。」(電磁波問題市民研究会)


ほお、やっぱそうなってるのかあ〜。
携帯会社が、スポンサー下りるって言われたら困るもんね。

また先生は、こうも話している。
「マスメディアからの取材は時々受けますが、電磁波とアマルガムの話はせんといてくれと言われ、タブー視されています。」(電磁波問題市民研究会)

フッ素の話もするなって言われてるんだろなあ、歯みがき会社が困るから。

ところで、インプラント以外に歯の詰物でも、体の異常が起きることがある。
夜寝ている時だけ息苦しい、と訴える女性がいた。
息苦しいのは日中ではなくて、夜だけ。

よく聞いてみると、日中は遠ざけている携帯を、夜は枕元に置いているという。


携帯が原因だ〜!

その通り!
彼女は、金銀パラジウム合金を歯に詰めていたのだが、
それがアンテナになり、電磁波を集め、そのために呼吸筋か呼吸中枢に異常をきたし、呼吸困難を起こしたらしい。
(人生バックドロップ歯科医の裏健康の館)

どれだけの人が、インプラントや歯の詰物で不定愁訴を起こしているんだろう。

もしも、歯が原因だとわからなかったら、一生このままなんじゃねえか?

検査をしても、薬を飲んでも症状は取れないしね。
内科や耳鼻科には相手にされず、心療内科とか精神科に行ってるかもしれないね。

おそらくほとんど、難病・奇病扱いされてるんだろうな。

おそるべし、インプラント。
おそるべし、歯の詰物。
おそるべし、電磁波。


ぴょんぴょん


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声



<転載終了>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場