大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

日本航空123便墜落事故は、事故などではなく、とてつもなく大きな権力が、本件を事故で終わらせようと画策してきた事件である

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=170611
<転載開始>

日本航空123便墜落事故は、事故などではなく、とてつもなく大きな権力が、本件を事故で終わらせようと画策してきた事件である

竹下雅敏氏からの情報です。
 日本航空123便墜落事故から、 33回目の8月12日とのことです。この件を追いかけている「日本の黒い霧」さんは、これは事故ではなく、“とてつもなく大きな権力が、本件を事故で終わらせようと画策してきた”事件だと言っています。この事件に関しては様々な疑惑が指摘されていますが、例えば、3つ目の動画の2分前後をご覧ください。事故調査報告書では、ボイスレコーダーのやりとりをオールエンジンと記述しているのですが、ほとんど人がこの音声を「オレンジエア」と聞き取っています。議長は海上自衛隊出身ということで、オレンジエアは誘導ミサイルや無人標的機のことだということです。
 ボイスレコーダーはすべてが開示されているわけではなく、肝心な部分が抜き取られていると考えられます。
 また、事故後、自衛隊が証拠隠滅を行っていたと思われる目撃証言もあります。日本の黒い霧さんによると、現場では日航機だけではなく、米軍機、その他の様々な機種の破片が辺りに散らばっていたということで、ブログでは、回収されたそれらの残骸を写真で公開しています。
 また、この事件を追いかけている人たちに対する様々な妨害行為があるようで、この事件の真相を知られることが困る人たちがいるようです。
 この事件には中曽根元首相が関与しているのですが、中曽根といえば原発です。民意を無視して原発を推進し続ける政府には、狂気を感じる人も多いと思います。しかし、原発推進の真意が核武装であるならば、123便墜落とオウム真理教と原発推進は一本の線で繋がります。
 現場から回収された様々な残骸や証言を考慮すると、“続きはこちらから”の田村珠芳氏の見解は、相当程度説得力があると思われます。田村氏は、“123便は「核」を積んでいた”と言っていますが、これはその通りではないかと思われます。田村氏は、米軍機の誘導ミサイルで123便の尾翼が破壊されたと考えているようです。これも、先ほどのボイスレコーダーの記録と整合すると思います。
 また、墜落現場からレンガ色の放射性物質を回収した人がいるらしく、墜落現場の近辺の放射線量も高いということから、 123便が核を運んでいたという説は、ある程度納得できます。
 最後に、“あの忌まわしい惨劇から33回目の8月12日”ということなので、ぜひとも、日本の黒い霧さんには、これまでの123便の調査結果をまとめた、拡散を目的とした記事を上げてもらいたいと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
123便事件 - 事故とすませたい心
引用元)
またこの日が訪れました。あの忌まわしい惨劇から33回目の8月12日です。
(中略)
私は、本件に関しては「事故」とか「墜落」と言う言葉をなるべく使いたくありません。何年もの調査の結果、それが事実でないことを確信しているからです。そして、何かの利害のため、とてつもなく大きな権力が、本件を事故で終わらせようと画策してきたことを肌身で感じています。

私と同じように、この件が事故でないことを凡そ理解・認識していながら、私に向かって「恐ろしくないのか?」、「命が惜しくないのか、手を引け」とアドバイスしてきた方は何人もいらっしゃいます。これらのご親切には御礼を申し上げると同時に、丁重にお断りを申し上げてきました。
(以下略)
————————————————————————
墜落機、確認直後の映像 日航事故、陸自が空撮
配信元)
————————————————————————
日航ジャンボ機 - JAL123便 墜落事故 (飛行跡略図 Ver1.2 & ボイスレコーダー)
配信元)
————————————————————————
JAL123便墜落事故 、疑惑のボイスレコーダー
配信元)
————————————————————————
最終決着 日本航空123便墜落事故の真相
(前略)
自衛隊が事件に深く関与しているのは確実で、それを前提に本当の事故原因を追っていきます。

  • 犠牲者の小川哲さんが機内で撮った写真に、謎の飛行物体が写っている
  • 機体に「ドーン」という衝撃音が発生した後、機長は原因を確かめていないにもかかわらず、僅か11秒後に緊急信号の「スコーク77」を発信しており、謎の飛行物体を認識していた可能性が高い
  • ボイスレコーダーに残された記録で、海上自衛隊出身の機長らが、緊急信号の「スコーク77」と発した後に「オレンジエア」と続けて交信しており、「オレンジエア」とは、海上自衛隊の隠語で誘導ミサイルや無人標的機のことであり、機体にミサイルが衝突した可能性がある
(以下略)

(続きはこちらから)

————————————————————————
JAL123便日航機墜落事故の真相は核兵器運搬の証拠隠滅だった!日本は既に核武装国である!自衛隊、米軍、ロシア軍が死闘の末全機撃墜される!想像を絶する軍事衝突の真実とは?
引用元)
(前略)
田村珠芳氏の書籍で全ての秘密が解き明かされています。非常に受け入れ難い内容ですが、まずは読んでみてください。

JAL123便の真実

核兵器に使うプルトニウムが、長野県にある極秘の核施設で取り出されているという話を聞いて、私にはピンとくるものがありました。それは1985年8月に起きた、JAL123便の墜落事故との関連です。この墜落事故は実は、金属疲労による事故ではなく、自衛隊と米軍による戦闘の結果でした。
(中略)
–JAL-123便が撃ち落された主な理由は、アメリカが誘導した円高に反対していた関西財界の大物4人を暗殺するためでした。(中略)… しかしこの事件には、実はほかにも理由がありました。実は、123便は「核」を積んでいたというのです。国内で製造した核を積んで大阪に運び、大阪港からどこかへ積み出す予定であったというのです。

アメリカは、日本が密かに核兵器を製造していることを疑っており(中略)… 現物を押さえるために黒い塗料で偽装した所属不明機でJAL機を付け狙いました。(中略)… 日本政府は、JAL機側には積み荷の中身を伝えておらず、ただ「貴重なものである」ということで、ベテランのパイロットの搭乗を要求しました。
(中略)
米軍によって尾翼が破壊された時点で、すでに人為的攻撃であることに気づいたようです。

すぐさま、高度1000メートル以下の超低空飛行へと切り替えました。この高度ならレーダーに捉えられないからです。(中略)… JAJ123便は、突如として現れた自衛隊機に誘導されて、長野方面に向かったようです。機長にしてみれば、「これで助かった」と思ったでしょう。ところが自衛隊機は、JAL123便を助ける気など、さらさらありませんでした。米軍にかぎつけられたことを知り、証拠品である「核」を消すために、追って来ている米軍機だけではなく、JAL123便の乗客もろとも、すべてを消し去ろうとしていたのです。

自衛隊機は逃げまどうJAL123便を誘導し、秘密基地のある高天原(たかまがはら)まで誘い込み、待ち構えていた地上部隊のレッドアイで米軍機もろとも撃墜しました。(中略)… JAL123便とそれを追っていた米軍機はもちろん、誘導した自衛隊機、それに諜報活動中であったNSA(米国家安全保障局)の偵察機、さらに異変を察知してついて来ていただけのロシア軍のスホーイまで、ことごとく撃ち落したのです。
 (以下略)



<転載終了>

 コメント一覧 (7)

    • 7. JAL123便事件は、北朝鮮による爆破テロだった
    • 2018年08月15日 10:03
    • グリコ森永ハウス事件~JAL123便事件~赤報隊事件は、全部、北朝鮮の仕業で、中曽根内閣に対する脅迫のシナリオでした。ところが、統一教会+フリーメーソンから送り込まれた官房長官の後藤田正晴と国家公安委員長の小沢一郎が、この真相を握りつぶして隠蔽した。
    • 6. レクイエム
    • 2018年08月13日 16:08
    • この事件が起こった時には外国にいて、胸を痛めながら、テレビのニュースを見ていた。テレビニュースでは、暫くの間トップニュースになっていたが、その頃はまだネット記事のようなものはなく、テレビ、ラジオを聴いたり、外国の新聞を読む程度だったが、何故か、このニュースは心深く 刻まれ衝撃を受けていた。被害者数が多すぎたのもシヨックでした。

      今日、この記事の二番目のビデオを聞いていて、涙無くして聞けなかった。

      さらに、非常事態にある 日空機に答えるのが 日本語ではなく英語の米人である。日本にいて、日本の空を自由に通行出来ないという不条理。彼らの指示でしか通行出来ないという、その当時の(現在も)驚くべき真実が更にそこにあった。

      その凄まじいシーンが、日本の異次元的現実をさらに強調して物語っていた。

      真実は必ず登ってくる。ゆっくりと階段を登ってやってくる。





    • 5. 真実はここ!!
    • 2018年08月13日 15:53
    • JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ~~

      http://rapt-neo.com/?p=28575
    • 4.  ┐( ̄ヘ ̄)┌
    • 2018年08月13日 14:11
    • 法的に覆せないなら
      事故にしておいた方がよい
      適当な嘘話で
      それで生活する連中が
      うじゃまんといるわけだ
    • 3. ??
    • 2018年08月13日 13:15
    • 無人標的機と言うと ドローンのような可能性もあるのか?
      その頃すでにドローンはあったのだろうか?

      アメリカの9/11のテロで、ツインタワーには、飛行機が撃墜したことになっているが、偽の映像の背後に、 爆弾が搭載された円板状のドローンだったと言う記事も出ている。



    • 2. どこからのガセネタ?
    • 2018年08月13日 12:23
    • 生存者を火炎放射器で次々と焼き殺して行ったのは、ださい玉県警ではなく、日本人の顔をした、しかし日本人では無い自衛隊の特殊部隊だろ。日本人だと情が移るので、そうではない自衛隊の朝鮮人部隊の仕業だろ。

      ↓  ↓   ↓   ↓    ↓
    • 1. アッキードF19で小沢一郎を撃退希望
    • 2018年08月13日 08:10
    • 日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では、
      昭和天皇もご搭乗されているJAL123便が不時着し、全員 問題なく生存していたので救助を待っていたところ、日本の埼玉県警の警察官らを中心とした一団が襲いかかり、乗客乗員天皇陛下を虐殺した点が遺憾な状況と言えます。
      木にくくりつけて焼き殺すなど、埼玉県警察らしい残忍な犯行で、大変いたましい事態が おすたか にて発生したのでした。

      日航ジャンボ123を御巣鷹に不時着させるとともに日本人を中心とした乗客乗員天皇陛下の救援に最大限の尽力を行ったのは米国のみであります

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場