日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52031916.html
<転載開始>
ここ数年、外国人(特に中国人)による国民健康保険の不正利用が増えているために政府が外国人を対象に調査を始めたようですが、それに噛みついたのが外国人を支援するNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(東京)の代表理事の鳥井一平氏です。
この人物、実習生など外国人の人権問題と闘い、多民族、多文化共生社会を推進しており、TIPヒーロー賞(米国務省が、 人身取引に対して 闘って世界 中の個人を表彰するもの) まで受賞しています。
移住者と連帯する全国ネットワークは反日左翼(在日)組織のようです。
これでお分かりかと思いますが、日本に巣食う在日組織は日本という国家を破壊し日本人を貶め(日本人が被害を受けている問題は完全無視、むしろそれを煽る)、大量の移民を受けいれ、ワンワールドの独裁共産主義体制のNWOを実現するイルミの末端組織ということです。米国務省のTIPヒーロー賞まで受賞したということは鳥井氏は米ディープステート、民主党、影の政府、ソロス、クリントン、オバマなどと連携して動いてきたはずです。非常に危険な人物であり団体です。
移民を優遇し移民の不正や不法移民を見逃し日本をめちゃくちゃにしようとしています。この団体は悪徳キリスト教系ですから韓国系でしょう。鳥井氏も在日かもしれません。
鳥井氏は、政府に対し、外国人の不正について調査することは外国人差別とか偏見であると叫んでいます。このような言い方は左翼のやり方そのものです。政府にモラハラをして正当な調査をさせないようにします。
こんな団体の言いなりになり政府が外国人の調査を止めてしまったら、日本はおしまいです。

http://japannews01.blog.jp/archives/50513872.html
外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長すると中止を求める声も出ている。

 「調査すること自体、外国人の不正が多発しているような印象を与える」。外国人を支援するNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」(東京)の鳥井一平代表理事は批判。「在留外国人が受診を控えることになれば、住民誰もが安心して医療を受けられる国保の趣旨にも反する」

 調査制度は、外国人による公的医療保険の不正利用で保険制度が損害を受ける恐れがあるとの医療関係者の指摘を受け始まった。対象となる在留資格偽装は問題と指摘された利用形態の一つ。調査では国保加入間もない外国人が高額医療を申し込む時、国保を運営する市区町村は、その外国人が在留資格通りの活動をしているか実態を確認する。疑わしければ入管が調査、不正と分かれば在留資格を取り消す。

 厚労省は、在留資格が「留学」なのに通学していないなどを不正の例に挙げる。法務省のまとめでは7月10日時点で5人が入管調査の対象となり、2人は不正と認められず、残る3人は調査中。

 この制度に先立ち厚労省は昨年3月、高額治療を受けた外国人のレセプト(診療報酬明細書)を調査。2015年11月~16年10月の1年間、国保加入から半年以内にC型肝炎治療薬の処方など一定の高額医療を受けた外国人は19人で「不正の可能性が残る」とされたのは2人だった。外国人の国保加入者の総数は約95万人(16年4月)。

 厚労省担当者は調査の理由について「感情的な外国人非難でなく冷静な議論のため、実態把握は必要」と説明している。

9月12日10:48
佐賀新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして・・・
 「調査すること自体、外国人の不正が多発しているような印象を与える」。「在留外国人が受診を控えることになれば、住民誰もが安心して医療を受けられる国保の趣旨にも反する」 と騒いでいる移住者と連帯する全国ネットワークの正体とは?

<NHKの金倫衣は反日テロ組織「移住連」ボランティアだった!大越の強制連行発言を誘因?不逞鮮人>
http://www.asyura2.com/13/hihyo14/msg/438.html
2014年の記事

あるサイトで、
「たとえば、日本の海上保安庁と海上自衛隊の中にも、凶暴な宗教団体の構成員たちが潜り込んでいて、彼らが、戦闘を暴発させる形で、やがて中国艦船との軍事衝突を行うだろう。それで日本も戦争に引き釣りこまれてゆく。同じく中国海軍の中にも、おかしな戦争扇動勢力が入っていて(北京の政府の統制が効かなくなる)、彼らが軍事衝突を起こす。」という主張がありましたが、NHKにも魔の手が。

西早稲田の国籍不明の反日カルト組織が日本に深く、侵食しています。



正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現から
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5518.html


https://twitter.com/ithirdeyei/status/490061198444855296
 【NHK強制連行虚偽報道】
 金倫衣氏が移住連(西早稲田2-3-18関連団体)でボランティアをしていたことが分かりました。これは大変危険なことです
18:11 - 2014年7月18日


7月17日放送NHK「ニュースウォッチ9」に登場したNHK山口の金倫衣(キム・ユニ)は、西早稲田2-3-18関連団体「移住連」でボランティアをしていたという。

そこで、私は、【移住連と金倫衣の関係】及び【移住連とは何ぞや?】などについて、調べてみた。

まずは、移住連と金倫衣の関係についてだが、「移住連 金倫衣」で検索すると、上の方に、【[PDF]移住労働者と連携する全国ネットワーク情報誌 - やさしい日…】という見出しのPDFが出てくる。

探してみたら、当該PDFの15ページに【金 倫衣(移住連ボランティア)】の記載を見つけることができた。
http://nihon5bousai.web.fc2.com/CTICMnet.pdf
移住労働者と連帯する全国ネットワーク情報誌
Migrants Network(Mネット)
M-ネット(Migrant's-ネット)は、移住連(SMJ)が年10回発行している移住労働者・移住外国人にかかわる課題、関連情報を提供する情報誌です。

8-9 特集
Aug-Sep 2011
No.142

Contents
特集 移住者と東日本大震災
(一部抜粋)
15ページ
タンドール窯がま持ち込んでの南三陸町での炊き出し
シャプラ・インターナショナル株式会社 モバーク・ホシェーン
(本文略)
聞き手:金 倫衣(移住連ボランティア)
記 録:大曲由起子(移住連)


こうして、7月17日放送NHK「ニュースウォッチ9」に登場したNHK山口の金倫衣(キム・ユニ)が「移住連ボランティア」だったことは確認できた。
NHKにはやっぱり在日記者がいることが発覚!!!!
NHKニュースウォッチ9が在日コリアン3世 変わる結婚観特集
NHK記者・金倫衣(キム・ユニ)
 


では、次に、「移住連」=「移住労働者と連帯する全国ネットワーク」とは、何ぞや?

移住連の事務局所在地は、今は「文京区小石川2丁目17番41号 富坂キリスト教センター2号館203号室」となっているが、何年も前からネット上では、【移住労働者と連帯する全国ネットワーク 新宿区西早稲田2-3-18】と掲載されている。
http://www.migrants.jp/
SMJ
移住連は、移住労働者・外国籍市民とともに、他民族・多文化共生社会の創出をめざすNGOです

移住労働者と連帯する全国ネットワークとは
めざすものは...
 移住労働者・移住外国人の権利を守り、その自立への活動を支え、多文化・多民族が共生する日本社会をつくること。

http://www.migrants.jp/v1/Japanese/content.php
移住連は、移住労働者・外国籍市民とともに、他民族・多文化共生社会の創出をめざすNGOです
2010/10~12
>> 連続講座 移住者のリアリティ
レイシズムを考える(pdf:1.1Mバイト)
主催:移住労働者と連帯する全国ネットワーク、在日韓国人問題研究所(RAIK)、在日本韓国YMCA
主催
移住労働者と連帯する全国ネットワーク
在日韓国人問題研究所(RAIK)
在日本韓国YMCA
移住者のリアリティ第3期 レイシズムを考える辛淑玉
第3期「レイシズムを考える」辛淑玉など

移住者のリアリティ第3期 レイシズムを考える
第4期「レイシズムを考える」安田浩一など
主催:移住労働者と連帯する全国ネットワーク、在日韓国人問題研究所(RAIK)、在日本韓国YMCA

「在日本韓国YMCA」は、反天連や白眞勲などの反日集会を開催するテロ組織であり、「在日韓国人問題研究所(RAIK)」も新宿区西早稲田2-3-18 日本キリスト教会館52号室に所在する反日テロ組織である。


【結論】
「移住連」は、「在日本韓国YMCA」(反天連や白眞勲などの反日集会所)や「在日韓国人問題研究所(RAIK)」(新宿区西早稲田2-3-18 日本キリスト教会館52号室)と共に、マジキチ嘘吐き反日活動家の辛淑玉や安田浩一などの「レイシズムを考える」というテーマの講座を主催する【反日(在日)テロ組織】と認定!




<転載終了>