気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/52483847.html
<転載開始>
 (1)3連休の空模様・・・明日、最終日の空模様


 下り坂・・・と伝えられている連休最終日、明日の空模様

GSM24日180923
(図をクリックすると拡大します)

 南西偏西風強風帯に沿ってゆっくり北上する上空の浅い気圧の谷(赤の点線:偏西風の南側への蛇行域)の影響で、西からゆっくり下り坂。

 北日本も寒冷渦の接近に伴い下り坂。

 ゆーっくりなので、降り出しのタイミングの予想がブレるかもしれません。
 できるだけ最新の予報をチェックするのがおススメです。



 (2)台風24号??・・・各国の最新データは?


 続いて台風24号の動向・・最新情報。

 進路予想の賞味期限は生もの
 最新の情報は以下のURLでチェックしていただくとして・・・

 気象庁台風情報: http://www.jma.go.jp/jp/typh/
 米軍(JTWC)台風情報: http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 例によって代表的な3つのモデル(スパコンの計算値)の最新データを比較しておきました。

台風モデル比較180923
(図をクリックすると拡大します)

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 足並みそろえて大陸への西進を予想していた昨日の予想とは一転、米国GFSモデルのみ九州方面への北上を予想し始めました。
 それだけ予想が不明確だということ。

 仮に台風が大陸に進むとしても、秋雨前線が活発化して大雨になるおそれ。
 いずれにしてもこの先の空模様に注意が必要です。

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
  (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

2、今日の空模様・・・秋雨前線 南下、虫食いの曇りや雨は?


 それでは今日の空模様

P2680267

 今日は新潟県の日本海でブログ更新。
 満点の星が消える中、オレンジの薄い朝焼けを見ることができました。

 佐渡海峡には列状の積雲。
 昨日遅くまで残っていた雨雲の名残が収束線として残っているようです。

 そんな今朝の実況。

実況180923

 秋雨前線南下。

 北海道には不安定性の雨雲がかかり続けているようですが、東シナ海北部から高圧部の晴天域が拡大中。
 秋晴れの秋分の日に?

 (2)今日の空模様・・・気象庁発表のGSMモデル


 それでは今日これからの空模様・・・

 気象庁発表のGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って詳しくチェックしておきましょう。

GSM180923
(図をクリックすると拡大します)

 上段の図は、地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置と寒気の様子。
 下段の図は、普通の天気図と同じ地上気圧と降水量、そして上空約1500mの寒気の様子。

 積極的に好天をもたらす要因はないのですが、天気を崩す原因がほとんどない・・・という理由で秋晴れ優勢。

 ただ見方を変えれば、それだけ予報が逆転されやすいということ。

 大々的に逆転されることはなさそうですけど、思ったより雲が多い、ポツリと来たかな?という場や所も「無いとは言い切れない」ので、予報の「所により」や時系列予報の「小さな傘マーク」を見逃さないようにしてください。

 もちろん、アヤシイ雲が見えたらスマホのレーダーアプリをタップです。
 (ネガティブすぎるコメントですけど・・・。海にいるからでしょうね。)


 (3)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ


 それでは以上のチェックポイントを確認しつつ・・・

 解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ180923
(スマホ版のブログではアニメが動きません。「PC版サイトを見る」に設定してご覧ください)

 紫色は下層雲。

 関東付近、気象庁の予報をザッと見たところ天気を崩す北東気流の影響はあまり考慮されていませんでしたが、万が一?予報が外れるとしたら東岸中心に下層雲が広がりシトシト雨になることがイメージできます。

 その他の地域でも・・・アウトドアを予定しているならば、そこそこネガティブに考え、想定外の空模様を減らしておくのがおススメです。

 ということで、超簡易更新、失礼しました。

九州北部、中国、近畿、東海、北陸が梅雨明け
九州北部、中国、近畿、東海、北陸が梅雨明け
九州北部、中国、近畿、東海

 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
  (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw



<転載終了>