気象予報士Kasayanのお天気放談さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/kasayan77/archives/52526295.html
<転載開始>

1、3連休の空模様・・・台風25号の影響最新データ!


 今日も台風25号の影響が予想される三連休の空模様から。

 例によってこのブログのお約束・・・
 賞味期限が短い台風進路予想は以下のURLで最新のデータを確認していただくとして・・・

 気象庁台風情報: http://www.jma.go.jp/jp/typh/
 米軍(JTWC)台風情報: http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 今日も最初は、気象庁が普通の天気予報(短期予報・週間予報)の作成に用いているGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、気になる三連休中の台風の影響をチェックしておきましょう。

台風25号3コマ181004
(図をクリックすると拡大します)

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/

 今日は台風が日本海を通過する06日(土)09時から07日(日)09時の空模様をまとめてあります。

 コースや上空の太平洋高気圧の張り出し、偏西風の位置は昨日の計算値とほぼ同じ
 ただ、日本海を北東進する速度については若干早まっているようです。
 ですから予想される影響は昨日の記事とほぼ同様。
 連休初日と二日目は、九州西岸や日本海沿岸中心に大荒れ。
 太平洋側でも春一番のように南寄りの風が強まり大気の状態が不安定になることが予想されるわけでけど、そのタイミングが若干早まったと考えればOK。

 昨日の晴天を利用して早めに対策をしたのであればそのままで大丈夫ということになります。
 (Kasayanも昨日台風対策を終えました)

 また、脊梁山脈越えの南風の影響でフェーン現象が発生し、日本海側中心に高温が予想される点についても昨日と同様

週間気温グラフ181004

 向こう一週間の気温の傾向(平年差)も昨日のデータとほぼ同じです。

 それでも念のため米国の気象機関(NOAA)発表のGFSモデルもチェック。

台風25号GFSモデル3コマ181004
(図をクリックすると拡大します)

 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/

 台風の進路から通過のタイミング、発達の程度、上空の気圧配置や偏西風発達の様子まで、気象庁発表のGSMモデルと全く同じといって良いでしょう。

 ということで、「現時点」予想は非常に安定している状態。
 それでも気になる方は、以下のURLでヨーロッパ中期予報センターのデータもご確認ください。

 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue


 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
  (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

2、今日の空模様・・・台風は沖縄へ。秋雨前線西から北上!


 それでは今日の空模様


 (1)今朝の実況・・・予報のスタートライン


 今朝も新潟県境 信濃町野尻湖畔からのブログ更新。

野尻湖畔181004

 昨日同様、木々の間から見える空は「やや暗めの白い空」(灰色までは・・・)。
 最寄の信濃町アメダス(標高は100mほど下)の最低気温は11.4℃(05時48分)で平年より若干高め

 高めの気温が下り坂の空模様を臭わせますけど・・・
 そんな今朝の実況

実況181004

 日本付近・・・秋の移動性高気圧が目立ちますけど、中心の位置が若干北偏
 昨日は沖縄~伊豆諸島の南まで南下していた秋雨前線が西日本の南岸まで北上しています。

 また、台風25号が沖縄の南東海上まで北上。
 いよいよ台風本体の円形の雨雲がレーダーに映り始めました。

全国レーダー07時まで12時間181004
(スマホ版のブログではアニメが動きません。「PC版サイトを見る」に設定してご覧ください)

 これは昨日19時から今日07時までのレーダー画像

 台風の北上に伴い秋雨前線の雨雲が西~東日本の沿岸にかかり始めていることがわかります。
 いよいよ(秋雨前線とセットになった)台風モードのスタート・・・ですね。


 (2)今日の空模様・・・気象庁発表のGSMモデル


 それでは今日これからの空模様・・・

 気象庁発表のGSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って詳しくチェックしておきましょう。

GSM181004
(図をクリックすると拡大します)

 まずは上段の図・・・地上の空模様の骨格にあたる上空の気圧配置ですが・・・天気図上、日本付近で目立つのは上空の太平洋高気圧と、好天パワー(地上の高気圧や晴天域を強めるチカラ)を持った上空の気圧の尾根(水色の点線:偏西風の北側への蛇行域)。

 上空の太平洋高気圧が西~東日本に張り出し、上空の気圧の尾根が北日本へと東進し、これだけ見れば空模様の骨格は好天バリバリに見えますけど・・・
 
 両者のに挟まれた偏西風強風帯(水色の矢印)が秋雨前線帯に対応。
 秋雨前線東日本で弱まっているものの、悪天パワー(地上の低気圧や雨雲を活発にするチカラ)を持った上空の浅い気圧の谷が断続的に九州の東海上を北東進し・・上空の太平洋高気圧縁辺から暖かく湿った南風が流れ込むことによって、今夜にかけても西日本中心に活発・・・そして北上し続けることが予想されます。

 で・・・このような空模様の骨格に対応して地上では・・・下段の図・・・台風25号は上空の太平洋高気圧の縁に沿って先島諸島方面へ
 沖縄方面は明日にかけて暴風雨・猛烈なシケが続く模様。

 台風の北上に伴って、九州南岸にかけても次第に大荒れの空模様になると考えておいたほうが良さそうです。

 また、台風が離れていても、西~東日本の太平洋岸では暖かく湿った南東風が強まる模様(等圧線が混雑)。
 大気の状態が不安定になって、山岳南東斜面風の収束線等、上昇気流が強まる場所を中心に局地的な強い雨、そして激しい現象が発生すると思われます。

 一方、上空の気圧の尾根が接近する北日本移動性高気圧に覆われ、秋晴れの一日になるようです。

相当温位181004
(図をクリックすると拡大します)

 これは気温に水蒸気の様子を加味した相当温位図という特殊な天気図。

 強い暖湿気が秋雨前線まで流入する点は昨日と同様。
 ただ、秋雨前線に吹き込む南東風が強まって、前線は西から北上
 前線付近で発達した雨雲の北への広がりも拡大すると思われます。

 また、昨日に続いて関東甲信北部から北陸にかけて潜在的な前線帯が停滞。
 昨日、新潟県沿岸では比較的よく晴れていたものの、潜在的な前線帯が予想されていた脊梁山脈付近にはべったりと厚い層積雲がかかり続けていました。

 そしてレーダーや推計気象分布には弱い降水域も解析されていましたけど・・・今日はどうなりますやら?


 (3)気象庁MSMモデルで空模様を具体的にイメージ


 それでは以上のチェックポイントを確認しつつ・・・

 解像度の高いMSMモデル(スーパーコンピューターによるシミュレーション)を使って、今日~明朝の空模様を具体的にイメージしておきましょう。

全国流線アニメ181004
(スマホ版のブログではアニメが動きません。「PC版サイトを見る」に設定してご覧ください)

 紫色は下層雲。

 明日朝までに台風が沖縄付近を通過
 南西諸島の西側を北上開始

 これに伴い秋雨前線が活発化しながら北上
 明朝には朝鮮半島から日本海南西部で活発化し、台風接近前の大雨が始まります

 また、太平洋岸では山岳風上斜面中心に降水が活発化して台風が去るまで大気の状態が不安定に。
 落雷や短時間強雨だけでなく・・・
 収穫間近の農作物を台無しにしてしまう降雹や竜巻などの突風の発生も心配されます。

 いよいよ3連休前半に向けた台風モードがスタート
 台風ができるだけ西に大回りして、影響が最小限で済むことを祈ります。

九州北部、中国、近畿、東海、北陸が梅雨明け
九州北部、中国、近畿、東海、北陸が梅雨明け
九州北部、中国、近畿、東海

 府県天気予報(更新5時・11時・17時): http://www.imocwx.com/yohoud.htm
 府県天気予報(マークの予報 天気分布をチェック: http://www.jma.go.jp/jp/yoho/
 気象庁時系列予報: http://www.jma.go.jp/jp/jikei/
  (マークの予報は府県天気予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm
 府県週間天気予報(マークの予報): http://www.jma.go.jp/jp/week/     
  (マークの予報は府県週間予報の括弧内(テロップ番号)をマーク表示したもの)

 気象庁発表GSM・MSMモデル 無料サイト: http://weather-gpv.info/
 アメリカ気象機関(NOAA)GFSモデル: http://mag.ncep.noaa.gov/
 アメリカ海軍 HP GFSモデル: https://www.fnmoc.navy.mil/wxmap_cgi/index.html?tab=global#global
 ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF): http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/catalogue

 専門の天気図は以下のURLで、無料で入手可能です。
          http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fxfe502&cat=e2
        http://www.hbc.co.jp/weather/pro-weather.html


KasayanのYouTubeチャンネル(タイムラプス映像集)https://www.youtube.com/user/kasayangw


<転載終了>