大摩邇(おおまに)

日常の気になる内容を転載させていただきます。 ひふみ、よいむなや、こともちろらね、しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか、うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ。一二三祝詞(ひふみのりと)

東京五輪ボランティア募集の背後にパソナ、未来投資会議の中にもパソナ 〜 安倍政権と組んで税金お手盛りの竹中平蔵氏

シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=176213
<転載開始>

東京五輪ボランティア募集の背後にパソナ、未来投資会議の中にもパソナ 〜 安倍政権と組んで税金お手盛りの竹中平蔵氏

 福島瑞穂議員のツイートがきっかけで、なんと東京五輪ボランティアは、竹中平蔵氏のパソナが担当していることがクローズアップされました。驚きとともに、道理であんな“えげつない”やり方をゴリ押しできるのかと納得です。大会組織委員会とパソナの契約金は公開できないらしく、怪しさ満点です。
 そもそも、東京五輪の国費負担は1500億円だと大見得を切っていたのに、現時点ですでに8011億円あまりも支出しているという報道がありました。最終的に五輪経費は総額3兆円になるとの予測もあり、国民の税金は好き放題奪って良いとばかり「特権階級」「ハゲタカ」「シロアリ」達が公開できない支出を貪るのでしょう。その中にちゃっかりパソナが居て、学生たち人材をダシにボロ儲けをする構図が明らかになったわけですが、同じこの時期、他でもパソナが登場しています。
 2日、あべぴょんは「安倍内閣の今後の最大のチャレンジ」として「政府の未来投資会議で、雇用制度改革の具体策の検討を始める」と発表しました。突然現れた「未来投資会議」とは、議長の安倍総理以下、大臣や民間の経営者が構成員となって労働市場の改革を検討するのだそうです。構成員の中には労働者側の人間は1人もおらず、使用者側だけの偏ったメンバーで、一体どんな雇用制度にするつもりかゾッとしますが、そこにも人材派遣会社パソナの竹下平蔵氏が加わっています。好きなだけ「利益誘導」しろと言わんばかりです。まともな見識であれば「今すぐ指名を解除すべきでしょう。」
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
東京五輪ボランティアの背後に竹中平蔵氏のパソナ!契約金額は非公表!福島瑞穂氏「パソナにはいくら払うのか。ボランティアには払わない」
転載元)
どんなにゅーす?

・東京五輪のボランティアについて批判が集まっている中で、竹中平蔵氏のパソナがボランティアの募集や研修業務、人材派遣などを担当していることが判明。ネットで驚きの怒りの声が上がっている。

社民党・福島瑞穂議員は、大会組織委員会とパソナとの契約金を質問したところ、「民間企業」であるのを理由に回答を拒否されたことを明かし、「税金を使うのだから言うべき。さて、パソナにはいくら払うのか。ボランティアには払わない」とツイート。”特権階級同士”の五輪を通じた癒着や不透明な金の流れに国民からの怒りが噴出している。


(中略)


(中略)




(中略)

安倍政権が強行採決させてしまった「残業代ゼロ制度」を含んだ「働き方改革法」推進の背後にもパソナ竹中氏が控えていることは何度も伝えてきたとおりだけど、東京五輪のボランティアまで、しっかりと食い込んでいたとは、さすがだね~。
しかも、組織委員会とパソナとの契約金額も非公開とのこと)

つい前日に、東京五輪の国費がすでに当初の予定を大幅に超過する8011億円が投じられていたことを伝える記事において、「表に出せない『闇のお金』も相当な額に上っているものと考えられる」と述べたばかりの中、早速、このような不透明な金の流れが浮かび上がってきた。

ちなみに、パソナが組織委員会と契約したという話は、(上記のように)今年(18年)の1月の時点で日経新聞が報じていたんだけど、当時はあまり取り沙汰されていなかった様子だし、ボクも福島氏のツイートで初めて知った

先の記事では、東京五輪の費用が異常なまでに膨らんでいることについて、「オリンピックに限ったことではないけど、日本特有の『特権階級支配』や『情報隠蔽文化』、『政治家とゼネコンの癒着』などが大きく作用しつつ、ここに『銭ゲバ』『シロアリ』『ハゲタカ』などがどんどん集り続けて、最後は必然的に”こういうこと”になってしまう」とも綴ったけど、まさしくこの竹中氏のパソナなどはその典型だろう
(以下略)
————————————————————————
配信元)


————————————————————————
労働者側はいない、竹中平蔵氏はいる、そんな<未来投資会議>で雇用制度改革の議論が始まったそうです。
引用元)
佐々木亮 | 弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表
(前略)
 未来投資会議とは、2016年9月に設置され、「未来投資に向けた官民対話を発展的に統合した成長戦略の司令塔」と位置付けられているものです。
(中略)
そして、なぜか学者枠として竹中平蔵氏もいます。東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授の肩書でエントリーされています。
(中略)
 しかし、竹中平蔵氏は、学者でもありますが、株式会社パソナグループの取締役会長でもあります
(中略)
 そして未来投資会議では「労働市場」に関する政策を議論するとされています。
 そうすると、モロにパソナグループの業務内容と被ります
 したがって、パソナグループの取締役会長である竹中平蔵氏を構成員とすることは、どう考えても利益誘導につながって問題だと思うのですが、肩書を学者とすることで、それをごまかしています(中略)安倍総理が竹中氏を構成員に指名したことは大問題であると思います。
 今すぐに指名を解除すべきでしょう。
(中略)
 そうです。労働者側の人間がだれもいないのです。
(中略)それに近い立場の人もいません。
 もっと言えば労働法学者さえいません
 このメンバーで雇用制度について検討することにどれほどの正当性があるのか甚だ疑問です
(以下略)



<転載終了>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

genkimaru1

記事検索
タグ絞り込み検索
情報拡散のため1回ポチッとクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
RevolverMaps
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ふるさと納税
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
[ひふみ祝詞]
天津祝詞
祓祝詞
Amazonライブリンク
楽天市場