ポニョさんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/2ba7c64d8378e36971f0b6cd01889bde
<転載開始>
 

ポニョ:読者の皆様。おはようございます。
前回、私たちを励ましてくれた、とても美しいQのメッセージをご紹介しましたが、その後、Qは十本ほど記事を連続で投稿しました。その中にはいくつか重要な情報も入っていましたので、ご紹介したいと思います。

その前に、あの腰が九十度の曲がった最高裁判事のおばあちゃんがいたででょう。覚えていますか?
カバナーさんと一緒に記念写真を撮った時に、お辞儀をしたままの女性判事です。

支配層の駒でユダヤ人なのですが、いつも支配層側に有利になるようにコメントしていますね。その為に、いつも下を向いて反省している最高裁判事のギンズバーグが、歩く時に体の重心が前の方なので、一昨日、前にひっくり返って胸を強く打ち、肋骨を三本も折って片方の肺呼吸が難しくなったそうですね。早速、裁判所から病院に担ぎ込まれていましたよ。もし彼女が最高裁判事復帰不可能となれば、トランプは、もう一人のカバナーを任命することが出来るのです。すると、最高裁は判事による多数決制ですから、五対四が、六対三になり、俄然有利になるのです。機密書類が開示され、秘密起訴状による支配層の一斉逮捕が始まった時に、それを止めれるのは、最高裁だけなのです。だから、支配層は必死になってカバナーさんの最高裁判事就任を邪魔していたのです。その時は支配層側の判事が四人で、トランプ側が四人で中間派の判事が一人だったのですが、中間派の判事が辞任したので、その後釜にトランプ側のカバナーが就任すれば、自分たちの逮捕を止めれる唯一の最高裁での判決が不利になるからなのです。しかも、もう一人トランプ側の判事が就任すれば不可能になりますよね。それに新しい判事の任命は、下院を通す事なく、トランプ側が多数を握っている上院だけの承認で任命できるので簡単です。もしその人がレイプ魔でなければ。(笑)
今、情報が入って来ました。彼女はこの怪我を目処に引退するそうですね。それと腰が曲がった方を嘲るつもりで冗談を言ったのではありません。もしお気を悪くされた方がいるのでしたら、お許し下さいね。

昨日もお知らせしましたが、冬眠状態のステルス セッションが辞任しましたね。
その後釜に、マシュー ウイッテイカーか、ウイテカーか、ウイタカー(浮いたかー)沈んだかー、名前をどう発音するのかよく分からない、政治家らしくない場違い巨漢の男が司法長官代理に任命されました。

この場違い男が本当に半端じゃないのですよ。自分もこの男の過去一年間のツイッターを調べましたが、さすがトランプが任命しただけの男ですね。やってくれるでしょう。この男なら。
きっと腕相撲世界大会でチャンピオンになれると思いますよ。二の腕は自分の三倍はありそうですね。トランプは、もっと政治家らしい奴を選べよ。まるでプロレスラーやないか。でも応援するぜ。頑張れ!ウイテカーよ、沈むなよ。と言っても、彼のツイートは、アメフトやアイスホッケーに熱を入れているツイートばかりでしたが。(笑)
しかし、彼は二年前に既に、ヒラリーの財団を起訴するのに充分な証拠があるとヒラリーを脅しているのです。彼は昔から支配層を目の敵にしている男なんです。
ワシントンに巣食っている支配層の連中は、ウイテカーが司法長官代理に任命されたニュースを聞いてパニクっていて、取り乱しているそうですね。Qも「DCパニック」と言っていましたよ。
支配層は、早速、腕相撲世界一の金井義信を日本からスカウトしてウイテカーに挑戦させるそうです。(笑)

と言うのはもちろん冗談ですが、千人規模のセッション首切り反対デモを計画しているそうですよ。
また支配層は、ウイテカーもロシアとの関係が無いのかを調査すべきだ、とかなんとか言ってゴネ始めましたね。
そのうち、カバナーさんにレイプされたと、でっち上げの証言したフォードを再び呼び戻して、どこで、いつされたか覚えていないけれど、ウイテカーにもレイプされたと証言させるんでしょうか。今回は二度目なので、一億円ではなく、五千万しか支払って貰えないかもしれませんが。(笑)
支配層は、セッションが刺客だとまだ気づいていないようですね。彼は冬眠しているように見せかけて、時が来れば秘密起訴状に載っている、今では六万人を超える犯罪者がスムースに逮捕出来るように、秘密起訴状を管理しているユタ州の司法長官のヒューバー弁護士と密かに準備をしていたのでした。
彼と、彼が任命した司法副長官のローゼンシュタインの役割はここまでで、ローゼンシュタインも、ここ数日の間に辞任するかもしれません。これからは小男のセッションではなく、体力のある巨漢、場違い男のウイテカーの出番です。

支配層は、自分の味方だと思っているセッションを、トランプによってどうして訳もなく辞任させられたかを、公聴会に呼んで証言をさすつもりでしょうが、そこでセッションがトランプ寄りの発言をしたら面白いですね。

自分のように一年近くQをフォローしている人で、YouTubeやネット、ツイッターでQ情報を解説している人でさえ、レッドウエーブが来なかったじゃないか。下院で負けたやないか。セッション達を信じろと言ってたのに、トランプはセッションを首にしたやないかとか言って、フォローをやめた人たちもいますが、Qの情報は、以前も言いましたが敵も読んでいるので、敵の目をくらます為に、偽情報もわざと流すのです。

何回か紹介しましたが、ヒラリーの資金源だったサウジの王子達を一斉逮捕する為に、その逮捕する日に、その日はヒラリーを逮捕する日だと情報を流し、人々をアメリカに目を向けさせている間に、サウジアラビアで王子達を一斉逮捕したのです。その時に活躍したのは、イスラエルのモサドの特殊部隊だったと言われていますね。世界は複雑ですよ。

今回の中間選挙でも、Qは、自分たちは不正選挙に目を光らせているから大丈夫だと約束していましたが、全米でいろんな不正選挙が行われました。Qは、そのうちの上院選挙が行われている州を中心に不正選挙に目を光らせていましたが、下院選挙の不正選挙は無視していましたね。昨日も言いましたが、下院選挙でわざと民主党に勝たせ、より多くの民主党議員達が検挙されるように謀っていたのでした。
Qは「魚釣りをするのに餌がいる」と言っていましたが、その餌とは下院での議席だったのです。それに支配層が飛びついたのでした。その後に待っているのは、秘密起訴状による一斉逮捕です。楽しみですね。

Qたちが作ったプランは、見所がいくつもあって面白いです。Qは、「僕たちが作った劇の最後のシーンは、君たちもきっと楽しめると思うよ」と言っていましたが、本当にそれが一番楽しみです。
Qは、「今まで公開を阻止されて来た機密書類が一度に公開されたらどうなる?」なんていつものように、とぼけた事を言っていましたが、開示が間近に迫っているようですね。

しかし、開示の後に続くのが一斉逮捕です。支配者層たちが今までして来た、小児性愛犯罪、幼児の臓器売買、ベンガジでの反カダフィ政権転覆陰謀とその後に続く、ベンガジからシリアのISISへの武器の不法移譲、ハイチでの大量子供誘拐、ロシア疑惑の捏造、イラン、中国への国家機密売り渡し、濃縮ウランを外国へ違法販売、巨額のドル紙幣を違法にイランへ密輸、そして核技術漏洩などの不法行為は全てNSAの盗聴システムに記録され、証拠書類として四百人の弁護士達によって準備されているのです。それの秘密起訴状を管理しているのがさっきも言ったユタ州の司法長官のヒューバー弁護士なのです。

自分がした犯罪行為によって、秘密起訴状に名前が記載してあると既に知っている支配層の連中は、ニュージーランドや南アメリカなどに逃げ込もうとアメリカを脱出し始めましたが、飛行機が飛び立ってしばらくしたら、また元の飛行場に戻ってしまっているのです。支配層の動きを全て監視しているNSAが、秘密起訴状に記載されている支配層の連中が、飛行機で海外逃亡させないように見張っているのです。彼らが飛行機で逃げ出そうとしても、飛行機会社に命令して飛行機を引き返させているのですよ。こういう情報は決してマスコミは報道しませんね。以前も支配層側が操っている、CIAの7つある監視スパイ衛星の機能を全てストップさせたぐらいですから、NSAはすごいパワーを持っているんですね。

NSAの本部です

それを知って、支配層たちは国外逃亡が出来ない事を知って諦めたようですね。とにかく、NSAの盗聴システムは半端ではなく、日本の三沢基地にもその大きな盗聴用のレーダーシステムがありますし、三万人もの職員が、年間予算一兆円も貰って運営しているのがNSAなのです。その、NSAの頂点に立ち、最高機密にアクセス出来る一連の人々がQグループなのです。
その人たちが、豊富な資金源と情報力、そしてケネディの理想に基づいて支配層と戦っているのですよ。

JFKのお墓です

Qが属している元祖イルミナティうちの何人かは、サイババさんのアシュラムにもやって来ましたよ。彼らは人々が霊的に向上するのを望んでいました。サイババさんに、インタビューに何度も呼んでもらっていましたよ。すごいでしょう。

支配層の駒、デイビッド ロックフェラーは、当初、トランプ政権の後ろにいる、Q達、人々を啓蒙して光の方に導いていこうとしている元祖イルミナティのことを見くびっていて、インターネット上で、(悪玉)イルミナティの内幕の一部を知らせるような情報が流れているけれど、どう思いますか?と聞かれた時に

「そんなことは何の心配も要らない。そうした情報を暴露する人々、そしてそれを読む人々は何も行動にはでない。
 だいたい、そうした情報を流して人々が読んでも、我々に対して反乱を起こすことと、全く結び付かないではないか。情報は、行動に直結しない限り、無益だよ。
自分は、ずっと長い間、彼等が、我々に反対して立ち上がり、反乱するのを待っていたんだ。でも彼等は何もせず座して見ているいるだけや。
我々はツインタワーについても嘘の情報をたくさん流したけれど彼等は何もしないじゃないか。それに彼らは、俺たちが仕掛けた戦争に、自分たちの子供ですら戦争に行かせているんやで。彼らは何も出来ないよ。」と言って嘯いています。

でも実際は、アヒルが水面下で忙しく足ヒレを動かしているのが見えないように、支配層の連中も、元祖イルミナティ達が静かにNSAの政府機関などに徐々に浸透していくのを見破れませんでした。最後には、自分たちが、人々を監視コントロールする為に作り出した、NSAの監視システムによって全て監視され、逆に息の根を止められそうになっているのです。

自分は、そのQが発信した暗号や略号だらけの情報を、皆様に出来るだけ分かり易くお届けしようと思っています。

ところで、今回のQが発信した情報で一番すごかったのは、戒厳令情報ですね。

支配層たちは、秘密起訴状に自分たちの名前が記載されていて、逮捕されるのは時間の問題だと知っているので、それに対抗するために必死なのです。その為に、罪がない一般人を突然軍隊などがやって来て逮捕するのは間違っているから、そういう不法な行為をしてはいけないと裁判に訴えようとしていた支配層の連中を黙らせる為に、誰であろうと戒厳令が出たら逮捕出来るんだと一番新しい投稿で言っていましたよ。Qがこのように戒厳令を出すと言った時は、その時期がとても近いのです。
四次元チェスをすると言われているトランプのように、先の先まで読み取った布石を打った投稿でした。

さて、Q達が支配層が千人規模のデモを、全国的に暴徒化させるのを利用するのか、それとも、わざとメキシコからの難民キャラバン隊を、アメリカ国内に侵入するのをしばらくの間、目をつぶって許し、彼らが暴れ始めた頃を見計らって戒厳令を発令するのか、一体Qたちがどのようなプランを立てているのか分かりませんが、11月11日が楽しみですね。日本時間だと月曜日ですね。
この一カ月ほど、世界情勢がクライマックスを向かえていますので、あまり冷静になって霊性に関する記事が掲載出来ませんが、少し落ち着いたらまた、Q情報の合間に掲載しますので、その時は宜しくお願い致します。多分、Qアノン情報は支配層の一斉逮捕が終わるまで続くと思います。
それでは、今日も最後まで読んで下さって有難うございました。

Qって誰?
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6e4f75e905e4e2b7ab0d9d8f764caeb7
復活したケネディの反撃
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169
ケネディJrからのメッセージ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/ea53a5e741fbe546e987533c2555597f
トランプの背後にいるイルミナティ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/0ea148fe44669c7dd7047c590db0dda9


<転載終了>